2017年08月06日

選ばれた者への試練、一度得た栄光を捨てられるか?! 洗礼ヨハネ、ヨブ 私 《李ヨハネ先生》



1013242_10202147365059596_792512188_n.jpg



李ヨハネ先生のみ言。
今日は、「『自分』をもう一度否定する」です。


それでは次に、主の苦痛をどのように信従するのか、
主の苦痛をどのように信じて従うのかということを考えてみましょう。

堕落性を見抜いて自己を主管し、本性を主体とし、
新しい土台の上で苦痛にぶつかってみなければなりません。
私欲を捨てて、本然の欲望に転換されなければなりません。これが苦痛です。


苦痛をうまく扱って越えれば、新しい生命を体験するようになります。
これが第一段階の復活です。

信じて従順に従えば、自分の堕落性がよく聖別され、
み言の生命を体験するようになります。
苦痛の中で復活した自分を生むのです。

復活した自分を復活したそのままで保っていてはいけません。
復活した私を、また殺しなさいと言いました。
天によって復活した私を、また否定しなさいと言いました。
驚くべきことです。


堕落した私を否定することは、それでも易しいのですが、
復活した私を否定するのは難しいのです。
では、また否定しなさいというこの言葉の意味は何でしょう。

イエス様は罪なき方ですが、
その罪のないイエス様もご自身を否定されました。
イエス様が十字架につけられませんでしたか? 
これは本当に次元の高い苦痛です。


洗礼ヨハネも、聖霊によって神のみ旨のために
特別に選ばれた預言者でしたが、イエス様に出会ったのちに、
もう一度自分自身を捨てなければなりませんでした。

洗礼ヨハネは自分をもう一度否定して、
イエス様に侍らなければならない立場にいたのです。
彼は「生まれ変わった者」でしたが、もう一度、
イエス様の前に自分を否定して越えなければならない段階が残っていたのです。


今日、私たちも、み旨の前に自分を否定して入ってきましたが、
もう一度否定しなければならない時があります。

祝福を受ければ、自分をまた否定しなければなりません。
祝福を受けると、父の名によって子女圏内で個人が復活したと思ったのに、
天使長の位置にもう一度下りていかなければならないのです。


ヨブも父の名によって祝福したのに、神は再び財産を奪い、
生命を打ったというのは難しいことではありませんか。
ヨブに何か罪があってそうしたのですか。
罪がないのに、神とサタンの前に祭物になりました。

イサク献祭、イエス様の十字架、このような出来事はみな、
「死なんとする者は生きる」というみ言のように、
新しい恵みの契機になるということをよく実証してくれました。


信仰の道はいつも自分を否定する道です。
いつも天のお父様を絶対的に主体視する道です。

私に何の罪があるというのか、
私は父のために生きているのではないのか、
私が少しでも自分の利益のために生きたならいざ知らず、
私は父のために生きている、と自負するようになれば、
また再び神を不信するようになります。


ペテロは妻を捨て、舟を捨て、職を捨てて主に従いました。
「私がどうして主を裏切りましょうか」こう言いました。

しかし、「あなたが私を知らないと言う時がある」とイエス様が語りました。
ペテロは、自分は妻も捨て、すべて捨てたのだから、
今や主のために死ぬようなことがあろうとも、
共に死ねる自分であると思いました。

しかし、結局、主を捨てることになったのは自分の主張があったからです。


洗礼ヨハネもそうではありませんでしたか? 
自分は荒野でいなごを食べながら、
み旨のために完全に命をささげたと思ったけれど、
イエス様の前に立った時、「自分」という思いがあったのです。

洗礼ヨハネは恵みを受けた自分、使命的な自分、証し人としての自分、
私は父を証すために父のみ旨に貢献した「自分」を肯定した時、
イエス様の前に「自分」を否定するのが
難しかったという事実を知ることができます。


アブラハムの場合を見てみましょう。
イサクは神が与えてくださった一人息子でした。
神が下さった息子を「祭壇にささげよ」と言われたのは、
神が祝福してから再び奪っていくことです。

ヨブにも神が財産を祝福してくださってから、再び奪っていきました。
ヨブは神を「与えることもでき、持ち去ることもでき、
祝福することもでき、収めることもでき、生命を与えることもでき、
死を与えることもできる方」と思いました。

ヨブは神に本当に従順で、よく信じ、よく従ってきました。
「自分」が少しもありませんでした。


人々は与えてから奪えば「自分」を考えるようになり反発します。
「再び出せ」という時、「これを見ろ、いつかはくれたくせに……」
と言って、「自分」が生じます。

再び出せと言う時、「はい」と応じることができてこそ
「自分」がないのです。
命も出せと言う時、「はい」と応じられなければなりません。

私たちの命は神が創造したので、神のものではありませんか。
堕落性にだけ苦痛があるのではなく、神が取ろうとする時に、
ためらわずに従順に従うことはさらに苦痛なのです。
このように、ためらいなく従順になってこそ十字架を正しく負うのです。



もう一度、否定される・・・・
ヨハネ先生のみ言を読めば、なるほどな、と思わされます。

私自身がたどった道のりを振り返れば、
やはり、み言を受けて本当に復活し、
学生部を経て、献身の道にいったにも関わらず、
拉致監禁という憂き目にあいました。
二度経験したので、二度否定されたのかもしれませんが。。。

ただ、乗り越えるにあたって、
ヨハネ先生がご指摘されるように、

主とともに乗り越えなければ、
戻ることができなかったと思います。
やはり、私の苦痛は天との関係を深めるものである、
そのことを改めて実感させていただくものですね。。。

続きます。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 07:59 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする