2017年11月18日

(証し)お父様の初来日、三日目に実感したこと?! ≪小山田先生≫1



171118 19650131.jpg


今日は、第58回 真の子女の日ですね。
おめでとうございます!

真の父母様を通して、
神様の子女として、生まれ変わる道を与えられたこと、
心から感謝いたします。

昨日は松本ママの名前が出ましたが、
草創期の先輩方が、
真の父母様との出会いを証ししてくださっています。

今回は、小山田先生の証し、
「私の父親」をシリーズで紹介します。


──真のお父様との出会いについて
初めてお会いしたのはいつですか?


1965年1月、千葉の市川で開拓伝道をしている時ですね。
その時、お父様が40か国、120か所の聖地を決定するということで、
日本に来られましたよね。
その時に初めてお父様にお会いしました。


私はもともとクリスチャンですので、
イエス・キリストがどんな方であるのか、
イエス様を通して、神様を知るというのは、
キリスト教の伝統だったわけなんです。

私は長老派出身でして、
神学校に行こうと決意していたんですね。
ところがその1週間前に原理に出会ったもんですから、
教会から大反対にあったわけなんです。

そんな形で、導かれ、お父様に出会うわけですが、
日本に来られ、そして南平台(統一教会の本部があったところ)に
お父様が来られました。


そこで、最初に日本で語られたみ言は何かというと、
「中心を求めて一つになろう」でした。

お父様の祈りを聞いた時に、私は体が震えました。
天宙を抱いて泣かれるお父様の姿を通して、
「この方についていけば、キリストに会えるな」
それが第一番目の印象でした。

二日目に「天宙に立つイエス様」
このみ言を聞いた時、
「この人こそ、イエス様の再臨だ」
そう思いました。

そして、三日目のみ言を聞いて、
「この人は、イエス様に勝る方だ」
これがお父様に対する印象です。

(文責:ten1ko2)



小山田先生は、東北大学の学生時代に導かれました。
霊の親は星野一夫先生ですが、
その前に、ロニヨン(旧姓:春日)千鶴子さんとの出会いがありました。
ロニヨンさんの証しです。


路傍伝道は、仙台市内の繁華街の東一番町ですることにしました。
「終末時代」の垂れ幕を張って、マイクを握って叫んでいる私の姿を見て人々は、
不思議な宗教だなと思って見物していたのかもしれません。

そんな中に、今日の日本統一教会を代表する一人の兄弟がいました。
小山田秀生さん(日本統一教会元会長)です。

小山田さんはその当時、東北大学の学生でありクリスチャンでした。
たまたま東一番町を歩いていて私が路傍伝道をしている姿を見ていた彼は、
自分の教会の日曜学校の生徒に
「あの教会にだけは、行かないように」と言ったそうです。

しかし天の導きは不思議なもので、後に彼もその日曜学校の生徒も、
統一教会に入教し食口になりました。



お父様とお会いするたびに、
お父様に対する印象が3段階で変わっていき、
3日目には「イエス様に勝る方」であると理解された小山田先生。
やはり、天が召された方だなと感じます。

今後も、小山田先生を通して、
お父様の深い心情世界をお伝えしていきます。
不定期に続きますので、お楽しみに。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 09:54 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月17日

名古屋の一番熱い日!! 大勝利した、愛知1万名大会で、思わず感動したこと?! 



171117 20171116nagoya.jpg


昨日、「2017家族のチカラ 孝情文化フェスティバル
愛知大会 in NAGOYA」
が無事に終了しました。

満員の盛況の中、
お母様は30分くらいみ言を語ってくださいました。

み言は、後日紹介したいと思いますが、
今回、中継を見させていただく中で
心に残ったところを紹介したいと思います。


東京・神奈川に続き、今回も
二世・青年たちがエンターテイメントを始め、
スタッフが活躍し、また、
平日にもかかわらず、たくさん参加していました。

そして、今回のエンターテイメントですが、
最初に行われたのが何かというと、
「天父報恩鼓」の演舞でした。

その瞬間、あることが結びついて、
思わず胸が熱くなりました。

今から3年前の10月、御嶽山噴火があり、
愛知の食口4人(2世2人を含む祝福家庭)が犠牲になったのです。


そのうち、祝福2世の伊藤琴美さんと長山照利さんは、
天父報恩鼓の一員でした。

今回のエンターテイメントが、
天父報恩鼓から始まったのは、
何か、特別な意味があると感じたのでした。

おそらく、あの場で踊っていたメンバーの中には、
伊藤さん・長山さんと共に活動していた仲間もいたのではないでしょうか。

みんな笑顔で、元気良く踊っていましたが、
「伊藤さん・長山さんもきっとここにいるに違いない・・・」
そんな思いをもって、見つめていたら、
胸が熱くなってきたのでした。。。


しかも、当日の会場近くの写真が
知人から送られてきたのですが、
何と、虹が出ていたのです。

虹は吉兆を表わすもので、
「霊界への架け橋」だと聞いたことがあるような。。。
間違いなく天が喜んでいたことでしょう。

天父報恩鼓が天の御旗を大きく振り、時を知らせる
先駆け隊となり、歓迎の調べと踊り、それに合わせ
絶対善霊たちが、喜んで入場して来られていたのかもしれません。

大会でも言っていましたが、
愛知、名古屋というのは、草創期に松本ママが開拓され
大先輩たちが苦労して基盤を作った、大切な忘れられない地です。
おそらく、松本ママもその場に来られていたのだと思います。

そして、4人の食口たちが、
霊界から見守っているような、
そんなことを感じる素晴らしい大会でした。


23519389_1470890359674565_4458989217668684822_n[1].jpg


21日は、大阪大会です。

東京・神奈川・愛知・大阪・・・
これらは、日本の中でも特に大きな4つの都府県ですね。
その人口は合わせて約4000万人です。

日本に天運をもたらす、最も最高の地域に、
真のお母様が来て下さっているのだと思います。
大阪大会の成功を心よりお祈り申し上げます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

真の父母は、初恋をしている恋人同士のように生活される?! 《鄭中和先生》最終回



alps.jpg


鄭中和先生の証し、
今回で最終回になります。


私が、いつも私の証しの最後にお話しすることがあります。

それは、私が、直接に真のご父母様のお近くで侍りながら
感じたことなのですが、真のご父母様の生活とは、
どのようなものであるのか、また、どのような生活を
していらっしゃるのか、ということについてです。

そのような問いに対して、単刀直入に一言で答えるとするならば、
「真のお父様と真のお母様は、初恋をしている恋人のような
生活をなさっている」と、答えます。

真のご父母様は、いつもそのように新鮮です。
日ごとに新鮮なのです。
数多くの心配事と、数多くの成し遂げるべき摂理があるにもかかわらず、
そのように愛し合われ、愛の模範を見せてくださっているのです。


真のお父様は、真のお母様のことを「オンマ」と、呼ばれます。
そのように「オンマ」と呼ばれるだけでも、情があふれ流れ、
それが、私たちにまで流れて来るのです。

真のお母様が、大勢の真のご子女様がたを育てられながら、
一瞬たりといえども、どうして、ご子女様がたのことを
お忘れになることができるでしょうか?
また、ご子女さまがたよりも多くのお孫様たちまでいらっしゃるのです。

しかし、真のお母様は、そのようにされながらも、
お父様に内的、外的に侍られ、また侍るというよりも、
お父様のなされることに同参されなければならないのです。
それは、どれほど難しいことでしょうか?


真のお父様が、健康で長寿でいらっしゃらなければなりませんので、
真のお母様は、本当に細心の配慮をしていらっしゃいます。

台所でも、奉仕をしている人たちに対して、
「お父様の食事は自然食にしなさい」、
「お年寄り向けの食事にしなさい」と、おっしゃるのです。
そのように、非常に細心の配慮をしていらっしゃるのです。

ですから、真のお母様は、ご自分のことに気を遣われるいとまがありません。
ですから、真のご父母様は、完全に一体です。

本当に、「お父様のここが痛めば、お母様もここが痛む」というほどです。
お父様のお体の調子の悪いところにすぐに関心を持たれて、
快復するようにしてさしあげているのです。



真のご父母様を愛する

私たちにとって、み言も重要であり、すべてのことが重要ですが、
何よりも重要なのは、真のご父母様を愛するということです。
老若男女を問わず、最も重要なことは、真のご父母様を愛する心です。

私たちは、『真の父母は、「我々」の父母ではなく、「私」の父母である』と、
思わなければなりません。『「私」の父母である』と、
そのように近く感じながら生活しなければならないのです。

今は、時代が、「私」と「私の家庭」において、神様と真のご父母様に
侍ることができる時代になったので、そのように侍らなければなりません。

そのようにしながら、私たちは真のご父母様に似て、
私たちの家庭も、真のご父母様のように感謝し、喜んで、
楽しく暮らさなければなりません。


真のご父母様を愛し、思慕するその基本的感情がなければ、
私たちが、この道を最後まで行くことは難しいでしょう。

イエス様も、
「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。
わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。」

(『新共同訳聖書』マタイによる福音書第十章37節)
と、おっしゃいました。正にそれです。

私たちも、まさしく、そのように真のご父母様を愛さなければならないのです。
私は、食口の皆さんに、そのことをお願いしたいのです。



鄭中和先生、貴いみ言をありがとうございました。
今回のお話もまさにその通りだと思います。

今は、お父様は地上におられませんが、
真の父母様のお姿を拝見するたびに、
私たちも心が温まり、癒されました。

今回載せた、御父母様のお写真、
こんな場面をたくさん見ながら、
本来の夫婦のあり方を教えていただきました。

そして、真の父母様を思うと、
心が正され、み旨に対する意欲を持つことができました。

今は、地上には真のお母様だけですが、
今日もお父様が共におられて、
名古屋の地において、愛知大会の勝利の為に、
絶対善霊を総動員しながら、
見守ってくださっているに違いないし、
お母様もお父様に思いをはせて、
歩んでいかれると思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:11 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする