2017年11月04日

真のお母様のみ言、3つのポイント?! *神奈川1万人大会の恩恵 《徳野会長》2



20171015_01.jpg


徳野会長のビデオメッセージ、続編です。



神奈川1万人大会のみ言の3つのポイント

2番目は、お母様が大会で語られたみ言のポイントです。
3つ挙げてみます。

第1に、お母様は


「人類が抱える多くの難問題を解決するためには、
天の父母様(神様)を知らなければならない」



と語られました。

真のお父様の「神に帰れ。そこにこそ希望がある」のみ言のごとく、
天の父母様のもとに帰ってこそ、人類の幸福の道が開かれます。


第2に、お母様は


「日本は過去の過ちを認めなければなりません。
歴史の真実を知ってください」



と語り、過去の蕩減のためにも、
日本が自国の国益だけを考えるのではなく、
世界のために生きることを願われました。

さらに母の国・日本が真の母の道を行くことを願われ、


「母親は子供の成功と幸福のために、
あらゆる精誠を尽くします。
母親の使命は、無条件に与えることです」



と語られたのです。


第3に、大西洋文明圏時代が終焉し、
神太平洋文明圏時代が訪れていることに触れ、


「父の国・韓国、母の国・日本、長子の国・アメリカが
神様の摂理の中心に立ち、
天に対する孝情によって、
全世界200以上の国と地域とともに、
真の世界平和、天の父母様のもとの
人類一家族の夢を成し遂げることを願います」



と語り、神太平洋文明圏時代の主役である、
日韓米の一体化の重要性を訴えられました。



徳野会長、お母様のみ言を端的に
わかりやすくまとめてくださり、ありがとうございます。

日韓米の一体化、
天でも願われ、地においても
具体的な動きがありますね。

今回、アメリカ大統領が東アジアを歴訪されますが、
最初に訪れるのが、日本であり、
一番長い期間、滞在されますね。

また、先日、ユネスコにおいて、
「朝鮮通信使に関する記録」が
世界記憶遺産に登録され、
「従軍慰安婦」の登録は見送られました。

嫌韓、反日、まだそういう思想を持つ方がいますけれど、
天の方向性はそうではないことを示しているのでは、と感じます。

もう一回続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

posted by ten1ko2 at 11:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする