2017年11月06日

(証し)真の母以前の真のお母様は?! 御聖婚前から侍って 《鄭中和先生》



1476653_261581443992261_1218146589_n.jpg


今回は、「真のお母様にお仕えして」と題した
金榮輝(キム ヨンヒ)先生の奥様、鄭中和*(チョン ヂュンファ)先生(三家庭)による、
お母様のお若き頃の証しを紹介します。



ご聖婚前の真のお母様

1990年代以降の真のお母様について知っている人はたくさんいますが、
60年代の真のお母様について知っている人は、多くないでしょう。
きょうは、その当時のことについて、お話ししたいと思います。

私が梨大(梨花女子大学)の家政学科に通っている時、
1955年5月11日に、いわゆる梨大での退学事件が起こりました。
それで、私は淑大(淑明女子大学)に移ったのです。

そのとき、真のお父様は、
「どのようなことをしてでも編入して、卒業証書を取りなさい。
勉強をしなさい」と、おっしゃいました。
それで、私は淑大に行き、家政科に通って、栄養学を専攻したのです。


やがて、お父様は、
「米国に行く」ということを言われるようになりました。

そのころは、まだ私たちの信仰が幼いころでしたので、
私たちは、『お父様が、いつまでも韓国で、
私たちと一緒に、このように暮らされるのだろう』とばかり思っていたのです。

ところが、米国に行かれるというので、私は、
『ああ、私は、だれのために、このように家政学科で栄養学を学んだのか?』
と考え、何も分からず、経験もありませんでしたが、
お父様が米国に行かれる前に、お父様にお仕えしたいと思い、
その旨をお父様に申し上げました。

そして、卒業した後、私は自発的に、真のお父様にお仕えするために、
台所に入って、侍りました。
それは、1959年ころでしたので、まだ、真のお母様はいらっしゃらず、
真のお父様がお独りでいらっしゃった時でした。

お父様は、大変に喜ばれました。
それで私は、真のお母様が来られる前から、
真のお父様に侍るようになったのです。
侍る分野は、本当にたくさんありましたが、
主に食事を担当させていただきました。


そのような中、真のお母様にお目にかかったのです。
私が、初めて真のお母様にお目にかかったのは、
お母様は、今は覚えていらっしゃらないかもしれませんが、
お母様が女学生でいらっしゃったときでした。

その当時は、真のお母様のお母様でいらっしゃる大母様のことを
「洪順愛勧士」と、そのようにお呼びしていましたが、
そのおかたも、前本部教会のあった青坡洞で奉仕していらっしゃいました。

ところで、そのころ、真のお母様が、
前本部教会での礼拝を受けに来られていました。


その当時は、教会の礼拝堂が狭かったので、礼拝を受ける時には、
居間も畳の部屋も、すべて襖を取り払わなければなりませんでした。

前本部教会には、正式な門とは別に、台所に入って行く門があるのですが、
台所を通り、居間を通って、礼拝堂に至るまで、すべて襖を取り払うのです。

お父様のお部屋2階にあったのですが、お父様は、主にその居間で過ごされました。
畳8畳ほどの広さの部屋です。
そこは、お父様が、お食事をされたり、食口たちに対されたりする場所でした。

ですから、礼拝の時には、お父様のお食事を準備する、
その台所を通って礼拝堂まで行くというような、そのような時代でした。


その当時、真のお母様は、高等学校に通っていらっしゃり、お下げ髪をされていました。
口数も少なくていらっしゃったので、私は、全く気づきませんでした。
短いチマチョゴリを召されて、礼拝に参加していらっしゃいました。

私は、そのおかたが、どなたでいらっしゃるかも分からないまま、
洪順愛勧士と一緒に礼拝を受けていました。

そうしているうちに、後に、そのおかたが、
真のお母様として選定されたではありませんか。
選定された後、内々に約婚式がありました。

その後、目立って成長していらっしゃいました。
背も高くなられ、胸も大きくなられ、脚も長くなられ、
なぜか、私の目に、そのお姿が大きく見えるのです。

そのようにして、お母様に初めてお目にかかったというわけです。
前本部教会では、真のご父母様のご聖婚式が行われました。

式は最初、西洋式で行われ、それから韓国服を召されて、
伝統的な式で行われました。
1960年、陰暦の3月16日のことです。



お母様は、まったく目立たない存在だった。。。
今では考えることが出来ないような、貴重な証です。
写真を見ても、そんなお母様だったんだな、と思わされます。

また、初期の教会の様子もうかがい知ることができますね。
本当に、一つの教会の教会長さんのような姿のお父様。。。
その当時にいた人たちがうらやましいような気もします。

いや、今の私たちも未来永劫を考えると、
奇跡的な立場なのかもしれません。

いずれにしても、真の父母様に侍ることができるというのは、
どれほど感謝なことか。。。
そんな思いを持ちながら、読ませていただきました。

続きます。



*鄭中和(チョン ヂュンファ)先生は、
お父様からお名前を頂き
中和(チュンファ)と改名されています。
最初 大和と記載していましたが
訂正します。



にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:16 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする