2017年11月30日

(証し)み言の人、小山田先生!! 「私の生涯はこのためにあった!」 《小山田先生》4



E59BB31-6eda1-thumbnail2.png


小山田先生の証し、続編です。


私は母から聖書をもらって、
中学2年生の時から読んでいました。
その時から、毎年1回は通読していました。

朝起きて、枕元に置いてある新約聖書を読み、
印象に残っているところは、赤線を引いておきます。
それで昼ご飯の時に、「何だったかな」

そして、寝る前になると、少し時間がありますから、
旧約聖書を読むわけです。
それで印象に残ったところに赤線引いて、祈ってみると、
次の朝に何かが引っかかってくるんです。

そのような生活を中学・高校・大学、
そして、統一教会に入っても、そういう生活をしていました。

だから、「み言」というものは、
私の人生において、とても重要だったんです。

ですから、先ほどもお話ししたように、
祝福、そして、原理、これは、絶対でした。


それで、お父様に関してですが、
お父様はどういう方でしょうか。

私が考えたこと、全部見抜かれるんです。
それ以上に考えそうなことまで見抜かれるですね。

お父様はこう言われました。
「親というのはだな、子供の事情を聴かずして、
わからなければ、親とは言えないんだ」

そう考えると、私たちは子供が何を考えているか、
わからないから親とは言えないですね。

お父様もそうですし、お母様もそうなんです。
ですから、人であって人でない。
姿形は人だけれど、目に見えて現れている神様だなぁ。
そういう実感がしますね。

わが生涯は、お父様と出会うためにあった、
それ以外の何物でもありません。



実は、今日の記事に貼り付けた写真に
くぎ付けになってしまいました。

(小山田先生には、失礼ですが)
顔はあんまり似ていませんが、
二人の雰囲気が、本当の親子みたいで、
この気持ちが心に飛び込んできてしまったのです。

お父様が慕わしくて仕方がない。。。
そして、お父様も小山田先生が可愛くて仕方がない。。。
そんな雰囲気を感じます。

そして私たちも真の親を目指して、
子供たちを見つめていかないといけないと思います。








にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:26 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする