2017年12月22日

伝道の約束、ただ待つのではなく、神と同じように待つ?! 《金元弼先生》4



171222.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言、
最終回です。


    
人間を待つ神の心情

この復帰摂理の路程にあり、神はサタンの世界から、
神が願うチャンピオンをいろいろなかたちで、苦労を通して選んで、
摂理されたことがたくさんありました。

神は聖人、義人たちを選び、神の摂理を進めようとしました。
そのような中心人物がいて、神はその中心人物と約束をし、
その人が約束を果たすようにと助け、待ちます。

しかし、その人が神の願う方向へ進んでいけないとき、
神はその人を待つ期間があるのです。


親のような心持ちで、その中心人物がそのとおりに
成し遂げることができるように待ち望む、神の心情があるのです。

ところがその結果、中心人物が成し遂げて帰ってきたときの神の喜び、
それができなくて帰ってきたときの神の寂しさ、
そして寂しさはあるけれど、
また次の者を選び出して摂理を成就していこうとされる
神の心情というものを考えてみるのです。


(前述の、今日伝道で出会った人が、休暇後の1ヵ月先に
会うという約束をしたことについて)

ですからこの一カ月間、彼がサタンの誘惑に打ち勝って帰ってくることを願い、
そういう神の心情を考えながら条件を立てて待つということは、
ただ待つこととは次元が違います。

一カ月も待たないうちに彼の心が変わって、
一週間後に帰ってくるようなことが起こり得るということなのです。


それを先生の世界から受け取ってみましょう。

先生は開拓の初期のころ、一日三回、教会員のために祈られたのです。
ろう屋の中に入っておられても同じでした。

先生がろう屋に入っておられた時、教会員たちが
背を向けて離れていったことをご存じであるにもかかわらず、
ろう屋から出て再会するまで、その教会員たちのためにずっと祈られたのです。

そうした時、ある女性教会員に何が起こったかというならば、
その女性は朝、市場へ買物に向かったはずなのに、
市場ではなく先生の所に、
自分も知らない力に引かれてたどり着いていたというのです。


私たちは、伝道ばかりでなく、いろいろな生活の中に
神の心情、真の父母の心情を考えてみながら、
それに倣っていくようにすることが大切です。

ですから一カ月間、他のことをしながらも、それを中心にして試してみなさい。
その結果、どのようなことが起こるでしょうか。

ただ種を蒔いて、何もしないのではなく、心を尽くしてあげるのです。
種を蒔いて何もしなかったら、何か出てくると期待するものもないでしょう?
しかし心を尽くしてあげれば、一カ月後がとても待ち遠しくなります。


一人だけでなく、何人かの人と約束したなら、
その人が受け入れなかったとしても、次の人によって実る場合があるのです。
その人で実らなくとも、尽くしたものが他の人に実るということなのです。

ところが全部実らなかった場合、神がこたえてくれないと考えるかもしれませんが、
そうなった場合、予期しない、
もっと素晴らしい人が実ってくるということを忘れないでください。

「背後にある神の心情」
1986年7月9日 
ドイツ・フランクフルト本部教会



お父様って凄いですね。
自分に目を背けた人のためにも、
毎日3回も祈りを捧げたなんて。。

愛の投入をすることを通して、それが、
その人に帰ってこなかったとしても、
必ず別の形で実を実らせていくのだ。。。
そのことを感じます。

お父様は、神様がそうされたからこそ、
祈りを捧げ、愛の投入をしていかれました。
私たちも相続しなければ、と思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:29 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

私たちは神の「天使」! 伝道の相手は約束を守ってくれるか?! 《金元弼先生》3



171221 hitach.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言の続き。
具体的な伝道の例をあげながら
話してくださっていて、とても参考になります。



果たすべき責任分担

きょう、姉妹がユダヤ人の青年に出会ったことに対しても(1を参照→ こちら
自分が会ったというのではなく、
神が出会わせてくださったというように考えてみましょう。

その青年に出会わせた神の目的は何でしょうか。
二人を会わせることを通して、お互いに良い結果を与えたいというのが神の目的です。

その神の願いのために、私たちは何をすれば良いのでしょうか。

ユダヤ人に会った姉妹はきっと、この青年が旅行を中止し、
み言を聞いてくれれば良いのに、と願ったことでしょう。
けれども彼女の期待とは別に、一カ月という期間があります。
その期間にどうすれば良いのでしょうか。


聖書の中に、自分が気づかないうちに、
神から送られた天使に出会えるという話があります。

今、このユダヤ人の青年について考えてみると、
彼は自分も知らないうちに、神から送られた天使に出会うことができたわけです。

彼は彼女といろいろ話して、「この次にまた会いましょう」
と約束したのですから、彼の心の中に、
真の愛を、真の神を求めた世界があったはずです。

神は、彼の多くの願いにこたえて彼女を送られたのです。
そして、彼自身も、彼女から聞いた内容を良く受け入れて、
この一カ月間に心を決めて帰らなければならないという宿題があるのです。


ところが彼には、神の側にある彼女の所に行かせまいとする
サタンの力が働いてきますから、彼がそのサタンの力を退けて約束を守り、
一カ月後に来るというのが彼の責任分担です。

神は、その責任分担を果たして、彼に彼女を会わせたのですから、
今度は彼も責任分担を果たさなければなりません。

彼は霊界へ行って、神に「何も知らせてくれなかったので、
神に仕えることができませんでした」と言うことはできません。
神は、「一人の姉妹をあなたに遣わした」と言うことができるのです。
神が教えてくれなかったという弁明ができないわけです。


では、私たちの責任分担について話しましょう。

神は私たちの願いにこたえて、愛すべき人を送られました。
しかし、私たちはただ一カ月後の電話を待つという
条件では足らないのです。

私たちはこの期間、神の心情を考えながら、
神の心情を受け継ぐという心情で待つ、という
責任分担を果たさなければなりません。

「背後にある神の心情」
1986年7月9日 
ドイツ・フランクフルト本部教会



伝道される側のその人(ゲスト・伝道対象者)にとって、
私たち伝道師は、
「神様が送ってくださった天使」だったんですね。

そして、その人にも、責任分担があるのだといいます。

その人が、約束したことを守り、
み言に繋がるかどうかということも
もし教会に来なかったのなら、霊の親も「私が問題だ・・・」と、
もちろん悔い改めないといけない部分があるでしょうが、
その人にも責任分担があるということを知っていたらいいと思います。

ただ、相手の責任分担だけ考えていたなら、
「責任転嫁」になりかねません。
伝道で出会った相手は、
神様が与えてくださった「愛すべき人」であるということ。

金元弼先生は、「神の心情を考えながら、
神の心情を受け継ぐという心情で待つ」
それが私たちの責任分担なのだと語られています。

具体的なことは、明日のお楽しみです。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:13 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

統一教会時代の先駆者にあやかろう?! 「家庭連合時代」の勝利を誓う! 《合同追慕礼拝》



171220 20171213.jpg


先日、12月13日、松濤本部で「2017年合同追慕礼拝」が行われました。

久保木修己・初代会長をはじめとする12人の先輩を偲びました。
宋総会長の記念説教の要約をお伝えします。



宋龍天総会長の記念説教(要旨)

神日本℃梠繧ノおいて家庭連合が追求すべき
核心的内容は、祝福式です。

いまだ多くの人々が天の父母様と真の父母様を知らずに生きています。
縦的、横的真の父母によって復活し、
重生の儀式である祝福式を通過してこそ、
天国に行くことができるという事実を、
彼らに知らせ、悟らせなければなりません。

それが神氏族メシヤの使命です。


きょう追慕する先輩家庭は、天の父母様の6000年に及ぶ復帰摂理において、
旧約前時代、旧約時代、新約時代を基台とした「統一教会時代」を勝利し、
私たちに「家庭連合時代」のバトンを渡されました。

先輩たちの血と汗と涙が刻まれたバトンを受けた私たちは、
次の4つの覚悟と決意で新しく出発しなければなりません。


@ 絶対、唯一、不変、永遠であられる真の父母様と完全に一つになって出発する。

A 真の父母様に対する絶対信仰、絶対愛、絶対服従の基準を明確にする。

B 天の父母様と真の父母様に地上で侍って生活する祝福家庭の標準となる。

C「絶対精誠」を尽くし、神氏族メシヤの道を必ず勝利する。


この覚悟と決意を抱いていけば、
ここにいらっしゃる全ての先輩家庭が地上に再臨協助し、
私たちと共に総進軍して道を開いてくださいます。

霊界の大先輩たちと地上の私たちが一つになり、真の父母様のご在世時に、
天の父母様の夢、真の父母様の夢、私たち祝福家庭の夢、全人類の夢である
「神様のもとの人類一家族」を、必ず実現してまいりましょう。



真の父母様の価値を日本の全国民に伝えよう

1981年5月1日、真の父母様が韓国CARPの指導者をソウルのホテルに招待し、
晩餐会を開いてくださいました。

その場で真のお父様が、
「久保木会長、この若い指導者たちの前で証してみなさい」
とおっしゃったのです。
私はその証を聴いて復活し、血が騒ぎました。

花で飾られた歩きやすい道を行くことなく、
真の父母様に従って絶対信仰の道を歩んで来られた久保木会長でした。
私もそのような生涯を歩もうと、夢を抱いて信仰の道を出発したのです。


また、私がヨーロッパの大陸会長を務めていたとき、
重要行事で韓国を訪れるたびに、闘病中の梶栗会長が、
車いすに乗って参席される姿を拝見しました。

天の父母様と真の父母様の願いに絶対に一つになり、
最後の生が尽きるまで使命的な責任を果たそうとされた梶栗会長でした。


私たちの尊敬する先輩家庭の絶対信仰を相続し、
日本の全食口が一つになれば成せないことはありません。

日本の国難を克服し、真の父母様の価値を日本の全国民に伝え、導いていきましょう。
「天が願う、母の国・日本の使命は必ず成し遂げることができる」
という確信をもって、先輩家庭と共に決意して出発いたしましょう。



ちなみにこの日追慕された12名は、
久保木修己・初代会長、櫻井設雄・第5代会長、
石井光治・第6代会長、梶栗玄太郎・第12代会長、
三役事の松本道子さん、林信子さん、金成治子さん、
43双の大山高誉・方美さん夫妻、松山滋子さん、野村健二さん、周藤董代さんで
それぞれの写真が祭壇に飾られたとのこと。

今、久保木会長を始め、歴代の会長たちは、
お父様の下で、日本の救国救世基盤造成のため、
霊界から激しい協助をしてくださっていることと思います。

今年、4つの都市にお母様をお迎えし、
1万名のみならず、有識者の方たちも多数来られました。
地上の力だけではない、天の導き、
霊界の働きを感じざるを得ません。

しかし、霊界の方たちも、実体の私たちが歩まなければ、
協助することもできません。
だからこそ、神氏族メシヤの自覚をもって、
動いていくことの重要性を感じるのです。。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:38 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする