2017年12月19日

神とサタンの奪い合い! しかし、すべてが御意(みこころ)?! 《金元弼先生》2



171219.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
続編です。



神とサタンの奪い合い

神を中心とする善の霊、サタンを中心とする悪の霊と、
二つの存在があるわけです。

そういうわけで、神の人であるならば、
サタンは讒訴することができないけれど、
神の祭物ではなく、サタンのものであるという条件が成り立った場合には、
サタンは神の前に讒訴します。

サタンが「これはあなたのものではありません、私のものです」
と言った場合に、神はその人をサタンに渡さなければなりません。


人間はサタン側の最前に立っていますが、
その人がサタンに反対し、神を求める条件を立てるとするなら、
その時、神が「その人を出しなさい」と言うことができます。

そう言われれば、サタンはその人を出さなければなりません。
サタンと神と、お互いの中にそういう約束があるのです。

もともと人間は、堕落することを通して、
二人の主人ができたということです。
ですから、神側に帰るか、サタン側に帰るかは、人間次第なのです。


中間の立場に立っている人間に対して、
神は「これは私のものだ」と言うこともできないし、
またサタンも「自分のものだ」と主張することができないのです。

それで神とサタンとの間には、
人間が神に従うならば神のものにしよう、
サタンに従うならばサタンのものにしよう、という約束ができ上がったのです。


ですから、良いことが起こるにしても、悪いことが起こるにしても、
その背後にあるものは神であるということを忘れてはいけません。

私たちは良い結果だけを望み、
善なる神は良い結果のみをもたらすと考えます。
それで、善の反対の結果をもたらすのは神ではない、と考えるかもしれません。

私たちは、良い結果に対して、
その原因が神からのものだとして受け止められますが、
悪い結果に対しては、
それが神からのものだとは、なかなか受け取りにくいのです。


ところが、神は良い結果をもたらしたいけれど、
私たちは、ある蕩減の条件を払わなければならないのです。

神は、私たちが蕩減の条件を支払った後に
良い結果をもたらしたいと願われるから、
蕩減の内容を私たちに与えられるのです。

ですから良い結果にしても、悪い結果にしても、
その原因は神にあると考えなさいというのです。


先生が語られたように、神が私たちを
困難の道へと押し出されるのは、それを通して、
もっと大きな祝福を私たちに与えるためなのです。

ですから悪い結果に対しても、それを勝利することを通して、
神が私たちにもっと大きな祝福を与えるためである
ということを理解していただきたいのです。


思いがけなく良くない結果があるとしても、
背後にそれを勝利させようとする神の配慮があると考えると、
その結果に対して、私たちが不満をもつのではなく、
それをいかに勝利するかと考えていかなければなりません。

「背後にある神の心情」
1986年7月9日 
ドイツ・フランクフルト本部教会



すべてを神の配慮である、そのように受け止めれば、
サタンは逃げざるを得ないのではないか、と思います。

真の父母様が歩まれた路程もそうでした。
真の子女様を通じても、そんな試練がありました。

興進様の聖和の時もそうだったでしょう。
私たちの不足のゆえに、供え物にならない立場。。。

お父様とお母様を引き離すような、
そういう状況にも関わらず、
お父様はお母様に「泣いてはいけない」と語られ、
そして、「霊界の全権大使として、私が送る」

そのような立場で、霊界に旅立たれた興進様でした。
興進様の犠牲があったからこそ、清平の道が開かれることになったのでしょう。

与えられた環境、出来事に対して、
どのように受け止めるか。
特に願わない状況を「神の配慮」と見つめていくのは、
簡単な道ではないと思います。

しかし、むしろそのような状況を通過することが、
真の父母様に通じる道である。。。
そのように捉えていくことで、
より、神様・父母様と一つになっていくのだと思います。

続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:53 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月18日

なぜ出会ったのか、なぜ不幸になるのか?! 背後の神とサタン 《金元弼先生》1



171218.jpg


久しぶりに金元弼先生のみ言です。
1986年にドイツで語られた講話を
シリーズで紹介します。


きょう、伝道に全員出ていましたか?
どういう人に会いましたか?

(女性の教会員が、「近くに住んでいるユダヤ人の青年に出会いました。
彼はこれから一カ月間スペインで休暇を過ごした後、
訪ねたいと言いました」と話す)。

そういう場合、一カ月後、必ず自分の所に電話があるだろうと
心待ちにするものです。
あなたは一カ月間、条件を立てて、一日に三回、
あるいは一回でもいいですから祈ってみてください。



目に見えない背後の原因
   
あなた方が出会えたのは、お互いに会いたいと思って出会ったのではなく、
他の原因によって出会ったと考えてみましょう。

なぜならば、自分が願って何かをして結果が出たならば、
その原因は私にあります。
ところが漠然とだれかに会おうとした場合、
会う人を決めていたわけではありませんから、
私がその人に会う原因にはならないのです。


だれも幸せを願わない人はいません。
でもその一日の中で、幸せでないことが起こります。
また、反対に自分が思いもかけない良いことが起こることもあります。
その原因は何かということです。

仕事をする中にも、上の人との関係、兄弟姉妹との関係など、
私たちは良い関係をもとうと苦労しますが、
なかなか良い関係をもてないことがあります。

そうした時、なぜこういうことが起こるのだろうと疑問になるわけです。


そうなった場合、その原因は私にあるわけではありません。
なぜなら私が願ったことではないからです。

そういうことが、一日の生活の中でいっぱいあるわけです。
それで私が原因でないとするならば、
背後にある見えないものが原因になるわけです。


ところが、私たちには皆さんと私しか見えないのです。
だから私たちはこの中から原因を見いだそうとします。

良くないことを私も願わないし、また相手の人も願わないのに、
良くないことが起こったとするならば、その原因は私でもなく、
相手でもないし、どこを探しても見当たらないのです。

では、その原因はどこにあるのでしょうか?
目には見えませんが、背後にその原因を見いださざるを得ないのです。


ですから、すべてを目に見えるものの中で解決するのではなく、
同時に、見えない世界の中に原因を見いだしていかなければなりません。

私たちは見えないものの背後に神とサタンの存在を考えざるを得ないのです。

「背後にある神の心情」
1986年7月9日 
ドイツ・フランクフルト本部教会



私たちの様々な人との出会いの背後に
目に見えない世界の影響がある。。。
特に伝道においては、その影響が強いのだと思います。

もちろん他力本願ではなく、
どのようにとらえるかが問題になると思いますが。。。

その辺のところは、明日以降に。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:17 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月17日

「神・韓国」家庭連合の出発! 「機会を失ってはいけません!」 《お母様のみ言》



171217 20171215.jpg


おととい、天正宮において、
韓国の責任者に語られた真のお母様のみ言です。



私が皆さんにお願いしたい言葉は、道が決まり、
目的地が決まったのですから、
機会を失ってはならないというのです。

今この時をおいて天が願われることは、
私と共にいらっしゃるというのです。

この国を天が探したてるまで多くのご苦労をされ、
この韓民族を見ても受難の歴史でした。
そのようなこの国を天は祝福なさいました。

真の父母が誕生され、真の父母によって新たな血統、
祝福家庭がたくさん誕生しました。
それなりに祝福家庭は努力をしてきました。
世界的に出て行って国家メシヤの責任を果たすために
多くの苦労をしました。

しかし、問題は、天が願われる環境圏を
つくって差し上げることはできませんでした。



今日のキリスト教が行く道は塞がってしまいました。
崖先に立っています。

彼らにとって救世主は独り娘、私なのです。
長い間天を信じ、精誠を捧げ従ってきた純粋で純潔な
指導者は、すぐに私(が誰であるか)に気付きます。

ですから、結論は、天の前に面目を立てる
この国となるべきであり、世界の前に
神様の祖国であるという名を受けたこの国が、中心に
立つためには責任を果たさなければなりません。
世界の前に見せることができなくてはなりません。



そのような点で、現在の体制ではいけないというのです。
ですから、私が(韓国)協会の構造を
調整しようと思います。

韓国協会ではありません。
神韓国家庭連合です。
新しい「新」ではありません。
神様に、天の父母様に侍る家庭連合です。

神様の祖国を探したてるためには、
変わらなければなりません。



それで、韓国、この国を大陸として見て、
五つの地区に分けようと思います。
その地区は国家の資格です。
韓国という大陸の中において国家になるのです。

ですから、私が旧(韓国)協会本部は孝情天苑の中に
入って来なさいと言いましたね。
皆さんが入ってくる場所を
私がすべて準備しておきました。

そして、地区が一国の概念であるため、
教会と全ての摂理機関が復活しなければなりません。

そして、現在の摂理機関長たちは、
この天苑団地家庭連合本部にみな入るようにします。
全ての機関がそのように統合し、5つの地区で
どこがより国家の復帰に向けて
高地を奪還できるかを私が見るでしょう。

これからは横に目をそらしてはいけません。
直進です!
目標に向かって最短距離で
突き進んで行かなければなりません。
分かりましたか。


神韓国のための天地人真の父母様主管
天一国指導者特別集会
天一国5年天暦10月28日(陽12.15)
天正宮博物館


以下、Peace TVのコメント文です。


天地人真の父母様の摂理の経綸が孝情天苑を中心として展開されている今日。
このような基盤の上で、真の父母様は、天一国6年を準備されながら、
ビジョン2020を勝利することができる神韓国・家庭連合を作るために、
天一国指導者特別集会を主管してくださいました。

韓国教会の発展のために苦労している公職者約600名が参加する中、
鄭元周(チョンウォンジュ)総裁秘書室長は、真の父母様のみ言を訓読し、
この日の集会の意味と歓迎の挨拶を伝えました。

その後、趙誠一(チョウ ソンイル)対外協力室長による真の父母様の位相と絶対信仰、
そして統一家の和合のための特別報告の時間が続き、
尹^鎬(ユン・ヨンホ)事務総長は、
最近、真の父母様が先頭で導いておられる世界摂理の動向を共有しました。

すべての報告が終わった後、ご登壇された真の父母様は、
今後、神韓国・家庭連合が進むべきビジョンを提示してくださいながら、
組織を再編成し、新たに出発することができるみ言をくださいました。



韓国も「神・韓国」と祝福してくださったお母様。
その出発として、組織を編成してくださるとのことです。
また、何よりも韓国本部を清平にして、
摂理機関も含めて、清平を中心にしていく。。。
そのような中で再出発していきます。

清平は、霊的に天宙の中心地ですので、
より霊界の協助も大きく導いていくと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする