2017年12月13日

もう統一教会じゃない?! 教会から家庭へ、宗教から超宗教へ?! 《阿部局長》1



302810_475538855830858_1035962837_n.jpg


統一教会から家庭連合となり、
宗教時代から家庭時代となったと言われますが、
実際、どういうことなのでしょうか?

真のお母様のみ言も交え、
阿部美樹 家庭教育局長が
分かりやすくまとめてくださっています。

「家庭理想の実現・《生活信仰》を通して神様の似姿に」
と題した内容です。



孝情をもって父母なる神様に侍る

2015年8月26日、日本において
「統一教会」から「家庭連合」への名称変更がなされました。

このことは、「教会を中心とした宗教時代」から
「家庭を中心とした超宗教時代」に入ったことを意味します。
それは、私たちの信仰生活においても大きな転換点となりました。


真のお母様は
「文鮮明 天地人真の父母 天宙聖和4周年 聖和祝祭」(2016/8/19)で、
「天に対する孝情 世の光として」をテーマに掲げ、
「天地人真の父母様聖誕記念式・天一国基元節4周年記念式」(2017年2/2・2/9)
では、「孝情の光 全世界へ」を掲げられました。

ここに、私たちのもつべき姿勢が示されています。
神様は「天の父母」であり、人間は神様の「子女」です。
私たちは今、「天に対する孝情」を中心に生きることが願われているのです。


宗教時代は、天を信じる「信仰」が強調されました。

旧約聖書に「主なる神」と表現されているように、
これまでは僕の立場で神様(主人)に忠実に仕える姿勢が
重視されてきたのではないでしょうか。
それは、主人に捧げる「忠情(忠の心情)」が願われていたということです。

しかし家庭時代は、父母なる神様に、
親子として「孝情」から侍ることが求められているのです。



家庭が集う心情共同体を通して摂理を進展

またお母様は、

「心情文化芸術革命を成しましょう」
「心情文化共同体をつくりましょう」


などと語り、
「心情文化」の必要性を強調しておられます。

私たちが家庭や教会、社会の中で、
「ために生きる」愛の文化、心情文化を築いていくことが、
天の版図を拡大する鍵なのです。


このように「信仰を中心とした宗教時代」を経て、
「心情を中心とした家庭時代」となりました。

それは、信仰を土台とした生活(信仰生活)を送ってきた私たちが、
生活に根ざした信仰(生活信仰)を本格的に確立する時を迎えたということです。

人間始祖アダムとエバの堕落によって、
夫婦の理想、父母の理想、家庭の理想が失われてしまいました。
そのため、失った家庭の代わりとなる共同体がつくられました。
それが教会です。

これまでは、神様を中心とした個人が教会に集って天の摂理を進めてきました。
今後は、神様と真の父母を中心に、各自が教会での役割を担うとともに、
その家庭が連合して心情共同体をつくり、天の摂理を進めていくのです。



家庭連合に名称変更して、文化庁からは、
「1年間は(旧:統一教会)と付け加えるように」
そのような指示がありました。

何か問題があれば、いつでも元に戻るような
そういった立場であったかもしれませんが、
改善の努力が認められたのか、
今は、『家庭連合』のみでOKです。

そのような時を迎えているということ。
私自身が過去の思いを引きずることなく、
まさに、生活信仰の姿をもって、
日々の生活を送るべきなのだと思うのです。

具体的な生活姿勢に関しては、明日に...





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:55 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする