2017年12月17日

「神・韓国」家庭連合の出発! 「機会を失ってはいけません!」 《お母様のみ言》



171217 20171215.jpg


おととい、天正宮において、
韓国の責任者に語られた真のお母様のみ言です。



私が皆さんにお願いしたい言葉は、道が決まり、
目的地が決まったのですから、
機会を失ってはならないというのです。

今この時をおいて天が願われることは、
私と共にいらっしゃるというのです。

この国を天が探したてるまで多くのご苦労をされ、
この韓民族を見ても受難の歴史でした。
そのようなこの国を天は祝福なさいました。

真の父母が誕生され、真の父母によって新たな血統、
祝福家庭がたくさん誕生しました。
それなりに祝福家庭は努力をしてきました。
世界的に出て行って国家メシヤの責任を果たすために
多くの苦労をしました。

しかし、問題は、天が願われる環境圏を
つくって差し上げることはできませんでした。



今日のキリスト教が行く道は塞がってしまいました。
崖先に立っています。

彼らにとって救世主は独り娘、私なのです。
長い間天を信じ、精誠を捧げ従ってきた純粋で純潔な
指導者は、すぐに私(が誰であるか)に気付きます。

ですから、結論は、天の前に面目を立てる
この国となるべきであり、世界の前に
神様の祖国であるという名を受けたこの国が、中心に
立つためには責任を果たさなければなりません。
世界の前に見せることができなくてはなりません。



そのような点で、現在の体制ではいけないというのです。
ですから、私が(韓国)協会の構造を
調整しようと思います。

韓国協会ではありません。
神韓国家庭連合です。
新しい「新」ではありません。
神様に、天の父母様に侍る家庭連合です。

神様の祖国を探したてるためには、
変わらなければなりません。



それで、韓国、この国を大陸として見て、
五つの地区に分けようと思います。
その地区は国家の資格です。
韓国という大陸の中において国家になるのです。

ですから、私が旧(韓国)協会本部は孝情天苑の中に
入って来なさいと言いましたね。
皆さんが入ってくる場所を
私がすべて準備しておきました。

そして、地区が一国の概念であるため、
教会と全ての摂理機関が復活しなければなりません。

そして、現在の摂理機関長たちは、
この天苑団地家庭連合本部にみな入るようにします。
全ての機関がそのように統合し、5つの地区で
どこがより国家の復帰に向けて
高地を奪還できるかを私が見るでしょう。

これからは横に目をそらしてはいけません。
直進です!
目標に向かって最短距離で
突き進んで行かなければなりません。
分かりましたか。


神韓国のための天地人真の父母様主管
天一国指導者特別集会
天一国5年天暦10月28日(陽12.15)
天正宮博物館


以下、Peace TVのコメント文です。


天地人真の父母様の摂理の経綸が孝情天苑を中心として展開されている今日。
このような基盤の上で、真の父母様は、天一国6年を準備されながら、
ビジョン2020を勝利することができる神韓国・家庭連合を作るために、
天一国指導者特別集会を主管してくださいました。

韓国教会の発展のために苦労している公職者約600名が参加する中、
鄭元周(チョンウォンジュ)総裁秘書室長は、真の父母様のみ言を訓読し、
この日の集会の意味と歓迎の挨拶を伝えました。

その後、趙誠一(チョウ ソンイル)対外協力室長による真の父母様の位相と絶対信仰、
そして統一家の和合のための特別報告の時間が続き、
尹^鎬(ユン・ヨンホ)事務総長は、
最近、真の父母様が先頭で導いておられる世界摂理の動向を共有しました。

すべての報告が終わった後、ご登壇された真の父母様は、
今後、神韓国・家庭連合が進むべきビジョンを提示してくださいながら、
組織を再編成し、新たに出発することができるみ言をくださいました。



韓国も「神・韓国」と祝福してくださったお母様。
その出発として、組織を編成してくださるとのことです。
また、何よりも韓国本部を清平にして、
摂理機関も含めて、清平を中心にしていく。。。
そのような中で再出発していきます。

清平は、霊的に天宙の中心地ですので、
より霊界の協助も大きく導いていくと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:58 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする