2017年12月23日

「神 韓国」家庭連合となるために! 変わらなければなりません!! 《真のお母様のみ言》



171223 20171215_10.jpg


12月15日に行われた、
神韓国のための天一国指導者特別集会のみ言
前半部分のみ紹介します。


今日、朝早くから来るのにお疲れ様でした。
私がなぜ呼んだのか、気になるでしょう?

私たちが行かなければならない道は一つの道。
私たちの目的地も一つ。

私が1943年に生まれて、1945年に解放されました。
南北が分かれました。民主と共産、
しかし、私が神様の娘に生まれるようにならざるを得なかった環境が
以北を中心としてありました。

しかし、以北の体制は共産体制。
神様がいないという、6千年ぶりに天が探された独生女が、
そこでは健康に成長することができないので、
神様は私を南下するしかない道に導かれたのです。


その時、記憶がはっきりとしていますが、私が6歳のときです。
以北の共産党は南下できないように、田畑を一回耕したのです。

ですから、道がでこぼこで、一方の橋が上がれば、
一方が降りていき、地面をそのようにしておいたのです。

そして、3組の母と娘が無事に故郷を出発して降りていき、
38線があるその地域に道が見えました。

その時、私が風邪をひいたので、農家によって
水を飲むようになりました。

その時、一緒に降りてきた人で、一人で降りてきた人は
目的地に向かって走っていきました。
38度線を越えました。

しかし、私は幼くて、結局捕まりました。
捕まえられてからは、女性たちだけなので、
子供がいるので、どこに行くのか?
故郷に帰れ!

それで、放してくれました。
そして、真夜中に案内者を通して、38度線を越えました。
その日、38線度は警備が厳重でした。

しかし、私が幼いので、ぶつぶつ言って、
軍人が銃をかまえていましたが、
子供の声が聞こえるので、銃を撃たなかったのです。
それで、無事に38度線を越えました。(拍手)


私が、皆さんにお願いしたいことは、道が決められて、
目的地が決められたのに、機会を失うなということです。

先ほど、ユン事務総長の世界報告を聞いて、
よくわかると思いますが、今、このひと時をおいて、
天が願われることは、私と一緒にされるということなのです。
わかりますか?


イエス様が十字架に亡くなられて、再び来ると言い、再び来て、
子羊の婚宴をされるといいました。

キリスト教の2千年の歴史は聖霊によって出発しました。
聖霊の役事を通して、使徒たちによって、聖書が作られて、
その聖書が特定の人、ヘブライ語で書かれているので
少数の人たちだけ見て知って来たのが、
17世紀にイギリスの王、キングジェイムズが
いろいろな言語に翻訳しながら、
平信徒たちが聖書に触れるようになりました。

2千年のキリスト教の歴史は多くの過ちを犯しました。
どうして、キリスト圏内から、共産主義が出てくるのでしょう?
キリスト教圏からお互いに道が違う宗教が出てくるのでしょう?
道は一つの道なので、なぜこのように多くの道になったのでしょうか?
一言で中心がなかったのです。


神様は必ず、創造目的、創造原則によるご自身の夢を
なされなければならないのです。
そうにもかかわらず、不幸にも
人間の協助を通さなければならないのです。
ご自身がそのように創造原則を立てたので…。

ですから、この堕落した人類を訪ねてこられた
蕩減復帰の救援摂理歴史がどれだけ凄惨で大変だったのか?
ということは私たちが原理を通しても知っていますが、
歴史を通して私たちは見ています。


霊眼が開けた人は私が誰かをわかります。
私が、50年を待って、私が独生女だと宣布しました。
人類は独生女誕生と共に、真の父母に出会わなければ
天の前に出て行くことができません。

今は、すべてのことを皆教えてあげました。
世界のすべての義人たちが志がある人たちが、
1年にもならない何ヶ月しか経ってない人たちが
このように決心して立ち上がっています。

しかし、摂理の祖国というこの国、さらに50年以上を
真の父母様を信じて従ってきた、
今生存している祝福家庭たちがいるこの国、
2020に国家復帰する自身がありますか?
「はい」
どのように?

11月にサンアン競技場に8万名を集めたといいましたか?
韓国の人口が何名ですか?
それだけでできるでしょうか?


日本は、11個の地区に分けられていて、一つの地区で
人数が多くて5千名、中心食口がそうです。
しかし、私が、1万名以上集めれば行くと言ったので、
彼らは私を信じて迎えるために、すべての精誠と努力を尽くしました。

それで、1万名大会を盛大に、
特に韓国から来た平和大使たちが1万名大会の様子を見て、
本当に驚いたのです。

その堂々と自信を持っている国会議員たちが
最後まで席を立たず座って私のみ言を聞きました。
1万名集まった人たちが、微動だにしませんでした。


しかし、韓国でのすべての大会は数字に執着したのです。
彼らが、なぜ集まり、何を習わなければならないのか、
教育をすべて受けることができませんでした。

韓国で、私が多くの講演をしましたが、騒がしいのです。
しかし、日本は違います。

皆さんたちは、変わらなければなりません。
これから、次元高く成長する姿をみせなければなりません。
いつも、幼稚園、小学生の水準の大会になってはいけないのです。
わかりますか?


この国を、天が探して立てるまで多くの苦労をされ、
この韓民族だけでも、受難の歴史でした。
一日も平和なときがありませんでした。
そのようなこの国を天が祝福されました。

真の父母が誕生し、真の父母によって、新しい血統の
祝福家庭たちが多く誕生しました。

それなりに祝福家庭たちは努力をしました。
世界的に出て行って、
国家メシアの責任を果たそうと苦労を多くしました。


しかし、問題は天が願われる環境圏を
作って差し上げることができませんでした。

今日、キリスト教としては行き詰った道です。
崖っぷちに来ています。
彼らにとって救世主は独生女である私です。
長い間、天を信じて精誠を捧げて、従ってきた
純粋で純潔な指導者はすぐに私をわかるのです。

私が言わなくても、胸に響く感じを皆受けるのです。
皆さんはどうですか?皆さんはそのような感じがありますか?(はい)
訊いてこそ答えるではないですか!


それで、結論は天の前に面目の立つ国にならなければならないし、
世界の前に神様の祖国だという名前を受けたこの国が
中心に立つことができるということは
責任を果たさなければなりません。

世界の前に見せてあげなければなりません。
そのような点で、現体制ではいけないというのです。
今、目的地に向かって走っていけばいいのに、
何の事情、何の事情で回っていくことができない現実だという話です。


それで、私は今日、皆さんたちにもう一度決心を聞きたいのです。
国家復帰しますか?

私が、始め、皆さんたちに注文をしました。
私たち家庭連合は神霊と真理で教会が24時間、灯が消えない、
食口はもちろんであり、すべての人たちがその灯を見るようになれば、
入りたがり、行きたくなる、そのようなところになるように、
皆さんが精誠を尽くさなければならないと注文しました。

そのような教会がいくつになりましたか?
いくつになりましたか?


この5千万を、すべて天一国の民に作らなければ、
この国が神様の祖国だということができないじゃないですか。
皆さんの教会が、何百名の水準じゃないですか?

それを持って、国家復帰になりますか?
答えだけしてもいけません。
実績が現れなければいけません。

一ヶ月の内に5千名が1万名以上をしたのです。
そのような奇跡を作ることができますか?
答えることができないのを見れば、
2020年に国家復帰をすることができますか?
できませんか?


1ヶ月以内に5千の数が1万名を作ることができない
自信がないそのような人々が、
2年以内にどのように国家復帰しますか?

変わらなければなりません。
責任者、中心者から変わらなければなりません。
構造を調整しないといけないという話です。

神霊と真理で行こうと言ったのに、
皆さん韓国牧会者たちは清平をどれだけ愛しましたか?

皆さんたちは、3時代を一つに合わせることができる中心の位置にいます。
責任を果たさなければいけない位置にいます。

皆さんの後孫たちが蕩減のない世界で生きることができるように
作ってあげなければならない責任があります。


神霊と真理です。
皆さんの先祖を解怨、祝福させなければなりません。

皆さんがどれだけ霊界を実感しているのかわかりませんが、
驚くべき奇跡のような役事がおきています。

このように霊肉共に、皆さんに機会を与えました。
指導者という人たち!気を引き締めなければいけません。
わかりますか?(はい)


今日もそのくらい、明日もそれくらい、このような方法ではありません。
言葉だけ言ってはいけません。
死生決断、全力投球、この単語だけ口で言ってはいけません。

皆さんたちは祝福を受けた位置にいるのは間違いありません。
未来に、世界人類は75億です。
75億の人類が、責任を果たさなければ、
皆さんたちを讒訴するでしょう。
そうなれば、自動的に皆さんの後孫も大変です。


気を引き締めなければなりません。(はい)

それで、私が協会の構造を調節します。
韓国協会ではありません。
神 韓国 家庭連合です。

新しい「新」の字ではありません。
神様に侍る、天の父母様に侍る家庭連合です。

侍らなければならないですが、神様が居ることができる、
真の父母様が居ることができる最小単位が国です。
国家です。


私が瞬間、息の詰まる思いをしました。
天の前に申し訳なく、畏れ多い心を持ちました。

天がこの一時をおいて、どれだけ待ち、耐えて来られ、
勝利の一日を願っておられるのに、
あまりにも、小さく弱いのです。あまりにも…。

いつも天の前に心配の対象になっている位置に
とどまっていてはいけません。(はい)

神韓国のための天地人真の父母様主管
天一国指導者特別集会
(2017.12.15 11:00)



お母様が38度線を越えて、
南下された証しは聞いたことがありますが、
今回はより具体的な内容だと思います。

神様がお母様を守って
導いてきてくださったのだと感じます。

韓国の責任者の前でこのように語られ、
お母様は人事発令をされました。

「神霊と真理」ということで、
韓国の会長を清平の苑長が
兼務されることになりました。

また、5つの地区に分けられましたが、
そのうちの一つを、
日本の地区長が受け持つことになりました。

日本を相続するように、
そのような願いもあるのかもしれません。

今回の内容は、韓国の責任者に語られたみ言であっても、
「私」に語られたのだ。。。。
そのように受け止めていかないといけないと思うのです。。。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:59 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする