2018年01月28日

アフリカは光! ワールドサミット、感動の余韻をどうぞ 《感想、み言など》



180128 20180124_41.jpg


PeaceTV最新号は、アフリカサミットを
総合した内容でした。
祝勝会でのお母様のみ言をまず紹介します。



真の父母様のみ言


アフリカ、古代アフリカの語源から出た言葉は
「Mother of land」
アフリカには、光という意味があるんですね。

そうだとすれば、アフリカは天の摂理において
準備された母と一つになったアフリカ。

私がアフリカ大陸のなかでこのセネガルを選んだ理由は、
昨日も話しましたが、天が準備した義人に出会えたし、
このアフリカに心痛い過去を解怨して、
彼らが霊肉界を通じて天の摂理に責任を果たす
ことのできる立場に立ててあげたかったからです。

世の中でもお母さんは子供の幸福のために
できないことがありません。
私は天宙の真の母です。

今回、セネガルで4泊5日の歴史的な大会をしました。
これで終わってただ通り過ぎることはできません。

今回、畑を耕したので、
種子を蒔いて根付かせなければなりません。

私はアフリカ大陸で
すべての中心的役割が果たすことのできる本部を、
ここセネガルに置くように決心しました。



アフリカサミットに参加された方のインタビューと、
帰国午餐会でも紹介されていた
真のお母様への手紙(書信)の一部を紹介します。


シプリエン・アウドゥ・エムバヤ カメルーン国会財務官

 真の父母様は、神様が送られた方であることは間違いありません。
 全生涯を平和のために貢献された方です。


イッサ・マルド チャド共和国国会議員

 平和のために全てを捧げているUPFに、大きな賛辞を送ります。
 この運動に同参しこれから共に働くでしょう。


ウンダンガ大司教 書信

 今回のワールドサミット・アフリカは、神アフリカ、
 輝く世界の灯火、アフリカの新時代が開かれました。
 今回のワールドサミットを通して、真のお母様が立てて下さった基盤を
 必ずやアフリカ全域に拡散することを決意し、約束します。
 また、ジンバブエの国家の復帰だけではなく、
 アフリカ大陸復帰に総力を尽くすことをお母様に誓います。


シェイク・マンスール 首長 書信

 真のお母様がセネガルに下さった驚くべき愛の光が、
 アフリカ大陸をとても明るく照らしています。
 国全体が真の父母様の訪問により、喜び賛美しています。
 特に真のお母様がセネガルにおいて決定された内容に対して、
 国民全体が喜んでいます。
 真のお母様の驚くべき知恵と洞察力、リーダーシップが
 天宙平和連合を通じてより拡散していっています。



ここに紹介されたのは、手紙の一部だけで、
午餐会で読まれていたものは、
「愛するお母様!」
そんな文章もあったと思いますが、
それでもお母様に対して、尊敬と敬意、
そして、決意を表す思いが伝わってきます。

今回の大会には、アフリカ各国の大統領も多く来る予定でしたが、
キャンセルなどがあったそうです。
しかし、大臣や議長クラスのVIPが代わりに参加されていました。

真のお母様はセネガルを通して、アフリカを動かし、
世界を動かす決意をしておられます。
そして、具体的に希望的な展望を示され、
実現していかれています。

そのような貴い時代にいるということ、
その奇跡の中にいることに感謝しつつ、
私自身に与えられた使命を果たそうと思うのです。

*先日記事として紹介した
ゴレ島でのお母様の祈祷ですが
週刊ブリーフィングに
翻訳が紹介されていましたので、
差し替えることにします。
参照ください
http://uc-itsumokamisama.seesaa.net/article/456442646.html






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

どんなことも乗り越えるパワーを得てください! 善進様の「栄光の冠・瞑想」



180127 20171103-6_1.jpg


昨年、清平大役事において、
文善進世界会長が、瞑想について語られています。

とても長いみ言なので、
今回は、最初の部分と最後の部分のみを紹介したいと思います。


私は天一国式の「栄光の冠・ヨガと瞑想のプログラム」を、
皆さんとやってみたかったのです。

質問の中に、私がどうやってバランスをとり、
自分の生活を整理する時間を見つけ、
健康でいられるのか、というのがありました。

私はヨガと瞑想に出会ったおかげで、地に足をつけ、
心と体のバランスを得られるようになりました。


お父様が聖和された後、お母様が私に助力を求めてこられました。

ご承知のように当時の私は、内的にも外的にも霊的にも、
その任に堪えませんでした。
「お母様!それはできません!私はその任に値しません!」
と申し上げました。

しかし、お母様は
「私が貴女を必要なのよ!家族が貴女を必要としているのよ!」
と言われました。

さらに「何もできない、などと言わないでね!
できるわよ、あなたを信頼しているから!」と仰いました。

そこまで言われたので、
「仰る通りに致します!」と返事を致しました。
しかし内心では、途方もなく
不可能なミッションだと痛感していました。

私は祝福が難しいものだ、と思いましたが、
お父様とお母様は今、はるかに大きな課題を私に願われました。


想像してみてください、私はどうしていいのか。
深刻に祈らざるを得ませんでした。

父母様の願いを受けたものの、
「お父様!私はどうしたらいいのでしょうか?」
と毎晩、涙ながらに祈りました。

お父様が聖和されたばかりで、統一家には様々な問題がありました。

ですから毎晩お父様に、「道を示してください!
お母様はお一人なので、
お助けしなければなりませんが、どうしたらいいでしょう?」
と、懇切に祈らざるを得ませんでした。


翌日、一通の電子メールを開いたところ、
それはヨガの二週間・二百時間の講習会への案内でした。

「二週間」という期間は、お母様がハワイにお出でになる前に、
私が自由にできる時間でした。

「これは真のお父様からのメッセージだ!」と直感し、
ヨガ指導員の講習会に申し込んだのです。
これで自分の土台を作ろう、道を探そう、と思ったのです。

指導員講習会はまるで教会のように朝五時から始まり、
夜は八時まで、一日中続きました。

講習中は菜食生活で、瞑想もしなければなりません。
世俗の欲や、こだわりを捨て、心と体の完全な一体化に励み、
その調和を探さなければなりません。

それ以来、ヨガは私の生活の錨の役割を果たしています。
訓読会で学んでいるような、
心と体と霊の本格的な一体化のための基礎になりました。
その能力は徐々に深まり、仕事に対する自信も強まってきました。


ここに持ってきたのは、お父様の「栄光の冠」の詩を拝読した後で書いた、
「栄光の冠・瞑想」です。

皆さんが何か迫られているときや、信仰が弱いとか精神が低調な状態でも、
心と体と霊を中心に愛や喜び、調和を見出す方法です。

自分は本当に誰なのか、それを知るパワーを得られます。
真の愛を実践する道を見つけるのです。

人生の困難なときでも、この方法は
縦的に真の父母や天の父母に連結できる道です。
どんな事態でも、この瞑想を実践しているおかげで
平常心をもって取り組めるのです。

ですから私と一緒にヨガを学び、貴方が何をしていても、
どんな状態にあっても乗り越えていけるパワーを得てください。


(瞑想実践後)
そっと目を開けてください!

神と真の父母の無条件の愛が貴方を満たし、
無限の平和が与えられていることを感じて下さい。

皆さん、ここで隣の人に向かい、
素敵な抱擁を交わしましょう。

そして「感謝します!愛しています!」と言い合いましょう。


これで終わりです!

どうですか?
どんな憎しみや障害をも乗り越えられそうですか。

これが天と真の父母様が教えて下さっている真の愛の力です。
真の愛だけ使えれば、世界を復帰して、天の父母にお返しできるでしょう。

これを毎日の訓読の際に実践することを期待します。


天の父母様と真の父母様に、皆様が生涯を通じて
愛と奉仕、献身と精誠の努力を続けてこられたことに、
心から感謝を申し上げます。

天の父母様と真の父母様が、皆さんすべてと、それぞれの家庭に、
永遠の祝福を与えてくださいますように!


この内容は、本部総務局の澤田副局長が、
総務部長あてに
「健康な教会は、健康な総務部長から」ということで、
健康に関する記事を送ってくださっているのですが、
その中の一つです。

澤田副局長、いつもありがとうございます。



お母様も心情の基台を求めて、
善進様に相対に立つことを願われました。

善進様も様々な葛藤を越えて、
お母様に侍る決意をされたのですが、
大きな心のよりどころになっているのが、
この瞑想なのだと知りました。

今も実践されているだろうし、
また、私たちにも薦めておられる、ということは、
大きな力を得ておられるのだと思います。

その場にいた立場ではありませんが、
実際の「栄光の冠・瞑想」を相続すれば、
私たちも恩恵を受けることができると思います。

その内容は、後日掲載しますね。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:58 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月26日

真の母、ゴレ島(奴隷の家)で涙の祈祷、現地人も感激!! アフリカの恨を解放! 



180126 20180119_11.jpg


ワールドサミットアフリカ勝利帰国午餐会の時、
司会のユン ヨンホ世界本部長が、
ゴレ島でのお母様の祝祷を拝読されました。

その時も、お母様は祝祷を聞きながら
何度も涙をハンカチで拭っておられました。
翻訳文を紹介します。


敬愛してやまない天の父母様。

長く遠い日々をあなたの息子娘を探してくるご苦労と、
恨の多い路程が、無知な人間たちによって
何度も天を苦しめてきた歴史を私たちは知っています。

天の父母様、しかしあなたは
最後まで私たちを捨てられません。

そして、あれほど望まれた、この地に
勝利された真の父母を探し出されました。

世界万民が真の父母によって生まれ変わるとき、
天の父母様が「私の息子だ、娘だ」と抱かれる
その喜びと歓喜の一日を記憶します。

天の父母様、今、今日、ここに
真の父母、真の母が独り娘としてきました。

あなたの深いみ旨とイエス様の本質を知らない
キリスト教文化圏は、今日
このアフリカのゴレ島の悲痛な歴史を残しました。

私の隣人を私の体のように愛しなさいという
イエス様のみ言はどこに行き、
キリスト教の文化圏からここアフリカに来た宣教師たちは
彼らの本質を忘れ、皮膚の色が違うといって
人間として対することができなかった
歴史的なその恨み多い歳月を、500数年間耐えて、
待ってきたこのアフリカの民を
記憶してくださるようにお願いいたします。

愛する天の父母様。

今日真の父母の名前で、今まで恨がしみわたった
このゴレ島の霊たちを解怨成就して、
天の父母様が主管される天上の修練を通じて、
善霊として復活して地上の子孫たちに臨み、
天の父母様を中心とした人類一家族の夢を
成すことのできるアフリカとなり、
世界の前に光となり灯となりうる、
これ以上の葛藤と苦痛と戦争のない
天の父母様を中心とした完全に一つになった
和合と統一の世界を成し遂げるにおいて、
積極的に協助することを
真の父母の名によって解怨成就します。

アーヂュ。

2018.1.19



180126 20180124.jpg
ワールドサミットアフリカ勝利帰国午餐会1.24

最初の翻訳と
差し替えました


通訳が今一つ聞き取れなかったのですが、
ヨーロッパのSTFメンバー(二世たち)が21日間、
セネガルにおいて、またこのゴレ島でも精誠を捧げました。

その一人の姉妹が霊的になったのですが、
お母様が島に到着するや否や、
正気に戻ったということでした。

また、現地のVIPはお母様の祝祷を聞いて、
韓国語は全く分からないけれど、
その懇切なる心情に触れ、
本当に感激したということです。

すべての恨みは真の愛によってしか解放されません。
お母様の真の愛の祈りは、どれだけ
アフリカゴレ島で多くの苦痛を受け霊界にいる奴隷たちに
多くの癒しを与えたものだったでしょうか。

お母様、本当にありがとうございました。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする