2018年01月22日

お母様がセネガルを選ばれた理由?! アフリカの恨、ゴレ島 《祝勝会のみ言》



180122 20180119gore.jpg


セネガルはアフリカの中でも
どちらかというと、小国であり、後進国です。

それにも関わらず今回のアフリカサミットにおいて、
お母様がセネガルを選定されたのはなぜでしょうか。。。

一昨日に行われた祝勝会において、
ユンヨンホ世界本部長が二つ理由を挙げていました。


アフリカサミットは、南アフリカやナイジェリア
そのような(基盤のある)国でやったほうがいいのではないか、
お母様にも進言したのですけれど、
お母様はセネガルでやると、おっしゃいました。

その理由ですが、
一つ目が、セネガルはイスラム教の国だけれど、
お母様を母として受け入れる基盤を作らないといけない。

もう一つは、ゴレ島があるということ。
アフリカの恨の歴史がここにあるので、
ここを解放せずして、アフリカの解放はない、
だから、ここでアフリカサミットをやるのだ、
そのような観点でセネガルが選ばれたのです。


ゴレ島というのは、セネガル近郊のとても小さい島ですが、
世界遺産にも登録されている有名な島です。

何で有名なのかというと、『奴隷の家』という施設があるように
アフリカの人たちをヨーロッパに奴隷として送った
奴隷貿易の拠点でありました。

お母様はその島を大会の翌日に訪問されました。

以下祝勝会でのお母様のみ言です。



キリストの名によって
ヨーロッパからこのアフリカに宣教で来た人たちが
本質を失い、自己中心的になってしまいました。

500年以上もアフリカを植民地として教育もしないで、
天がくださった天然資源を奪いながら、
皮膚の色が違うと言って、奴隷として
人間的な待遇もしなかったのです。

それをキリストの名で、したということが、
真の母の立場から、本当に心が痛いです。

だから私は、疲れていてもゴレ島を訪問して、
そこを通過していったアフリカの若者たちの
恨を解いてあげなければいけないという、
その思いで行ってきたんですよ(拍手)。


(文責:ten1ko2)



お母様がどんな思いで、この地を訪問されたのか、
それを考えると胸が張り裂ける思いです。

そして、多くの霊人たちは、
お母様が来られたことをどれほど喜ばれ、
感激に満ちあふれているだろうか、とも思います。

今回、お母様が訪問されたことを記念に
プレートがつけられましたが、
韓国語で「真の母」と
刻銘されているのが素晴らしいですね。

また、お母様はゴレ島のために
緊急医療ボートを献納されました。

すべての恨は、真の愛によって解かれます。
そういう意味で、真のお母様がセネガルに行かれ、
特に恨の多い、ゴレ島に訪問されたということは
アフリカ全体を解放されたと同じなのだと感じるのです。



Collage_Fotor.jpg





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます




※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:48 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月21日

「全ての本部をセネガルに移します!」 大統領と会談!! 《記者会見と開会式のみ言》



180121 20180119_pl04.jpg


昨夜午後6時(現地時間午前9時)から行われた祝勝会をもって、
今回のアフリカ訪問を成功裏に終えられた真のお母様。

ワールドサミット・アフリカが行われる前日、
お母様は、セネガル共和国大統領宮殿を訪問されました。

大統領との談話の後、セネガルの主要メディアが集まった席で
記者会見を受けられた真の父母様のみ言です。



私はアフリカを愛しています。
アフリカ大陸が天の父母様に侍る
神アフリカ大陸になることを祝願しました。

そしてマッキー・サル大統領の
開かれた心を見ました。

それで、私は可能な限り、
アフリカをよりいっそう愛そうと思います。




ワールドサミット・アフリカ2018開会式で語られた、
真のお母様のみ言を要約して紹介します。



真の父母、真の母の心情で
このアフリカの痛ましい過去を清算され、
新たな歴史を出発するアフリカ大陸となるために、
私がこのセネガルを選んだ理由は、私は見ました。

天がこの一時のために、
育ててこられた義人を見ました。
天が共に臨まれることを皆さんも実感して下さい。

そして私は、アフリカを中心に新時代、
太平洋文明圏時代を開き、孝情の心情文化革命で、
全世界人類が天の父母様を中心に侍る
幸福な地上天国をつくるために、アフリカ大陸が
私と共に進んで行くことを祝願します。

また、実質的に、アフリカ最南端の喜望峰から
アフリカ大陸を経て、ヨーロッパ大陸、ユーラシア、
アジアを経て韓国に通ずる平和高速道路を提唱します。

そして人類が互いに疎通し、戦争が必要ない、
高低のない、自由、平等、平和、統一の
幸福な地上天国をつくるうえで、
今日の人間の無知により荒廃したこの地球は、
未来の人類の希望となることはできません。

ですから私は、アフリカを神様が創造された本然で
健康なアフリカとしてつくっていきたいです。
各国から来られた議員の皆様、同意されますか?

私たちは共に私と手をとり合い、
全ての国々が神様の前に兄弟姉妹として、
人類一家族の夢を実現するその日に向かって
総進軍することをお願いし、祝願します。




お母様はアフリカの様々な組織すべての本部を
セネガルに移すと発表されました。

セネガルは西アフリカなので、韓国から見ると
はるかかなたな国。
お母様もアメリカを経由して、セネガルに行かれました。

しかし、そんな国ではありますが、
大統領はじめ、多くの指導者たち、
さらには、イスラムの首長が
アフリカサミット開催のために
多くの尽力を注ぎました。

そんな精誠がアフリカの中心国として、
また、何よりも神セネガルが本当に実現する
そのことを願っておられるのだと思います。

これからが出発です。
私たちもその運勢に乗って、歩んでいきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:23 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月20日

私たちを救ってくれるのは、神様、先祖?! ──お父様の答えは! 《史吉子先生》



180120 IMG_3224.jpg


史吉子(サ キルジャ)先生の「原理に関するみ言の証」
復活論の部分より、
ピックアップして紹介します。



個人の救いに直接関係している先祖

私はある日、お父様に先祖についてお尋ねしてみました。

「お父様、お父様のみ言によると、
先祖の協助が私たちに大きな影響を与えているようですが、
では私たちを救ってくれる方は神様ですか?
先祖ですか?
神様と先祖のどちらが
私たちに協助してくれますか?」

「うーん、全体的に救ってくださる方は神様で、
個人の救いに対して直接関わる方は先祖だよ」


お父様のこのみ言を見ると、
私たちには善い先祖がいるべきであり、
私たち自身も子孫たちに善い先祖に
ならなければならないことがわかります。

先祖の功労が多ければ、その功労は
神様も奪っていくことができないし、
サタンも手をつけることができないのです。

お父様はこのように、先祖の功労に関してのみ言を
たくさん語られました。


私たちは父親、母親に似ているし、
祖父、祖母にも似ていますが、
ただ外見だけ似ているのではなく、
先祖の細胞までも受け継いでいるのです。

統一教会に入教して原理を聞いてみると、
はっきりと私たちと先祖の関係を知るようになります。
現在、自分の人生が少し辛くても、
原理がわかれば恨むことはできません。



私の人生は、自分ではどうすることもできない、
すなわち先祖の影響が大きく関わっている・・・
そのことを知らなければならないと思います。

また、私自身が神様と真の父母様に出会ったこと、
これ以上の恩恵はないと言えるので、
それは先祖の功労以外の何物でもありません。
先祖の皆様方に心から感謝いたします。

そして、史吉子先生の語られる通り、
私もいずれは霊界に行き、『先祖』になるわけです。
「善い先祖」になるか、それか「悪い先祖」になるか、
神様と真の父母様と正しく出会った者として、
孝情で歩んでいきたいと思うのです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 13:10 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする