2018年01月13日

神・新大陸へ! 米史上最大のヒーロー?! 誰が病んだ大国を救ったか! 《お母様》



180113 20171222_11.jpg


病めるアメリカの医師として
火を止める消防士として来た、
と言われた真のお父様。

40余年を経て、真のお母様は、神・アメリカとして
新たに生みかえようとしてくださっています。

韓国・日本・米国の3国に
真の救いのメスを入れられましたが──
昨年米国で語られたみ言、詳細版です。


お会いできてうれしいです。
皆さんの顔を見ることで、
「私はここに来て良かった」と感じました。

……キリスト教2000年の歴史に
終止符を打つべきこの国!
神様が祝福した国であることは間違いありません。

しかし、祝福を受けた人々には責任が伴います。
責任です。
ましてやアメリカは、真の父母様が
世界の摂理のために40余年間
血と汗と涙を流された場所です。



17世紀にキング・ジェームスによって
ヘブライ語(とギリシャ語)から英語に翻訳されて
出てきた聖書を通して、
一般信徒たちが摂理を知るようになります。

……一般信徒たちが聖書に接するようになり
「自由に私の家庭で神様に侍ろう」という動きが
起こるようになりました。

しかしヨーロッパでは、その制度下においては、
思い通りに信仰生活を送ることができないので、
新しい大陸に目を向け、このアメリカという大陸に
移民して来た人々です。
清教徒たちです。

この大陸には主人がいました。
インディアンがいました。
しかし天は清教徒たちの側に立たれたのです。

なぜでしょうか。
「また来る」と言われた再臨のメシヤを
受け入れることのできるその環境を
天は考えられたのです。



それで200年という短い期間内に
民主主義国家として世界を動かすことのできる位置に
至るまでには「犠牲が伴った」ということを
皆さんは知らなければなりません。

そのようなアメリカが自国の利益だけを考えるように
なれば、天はただ見ているだけではいられませんでした。

そして利己主義、個人主義、さらには
家庭破綻、青少年問題、麻薬問題により、
このアメリカが病にかかっている時、
誰が来て救ってくれましたか。
真の父母です。



……皆さんは知らなければなりません。
天が立てたイスラエル民族の前に4000年という
期間を経て、
独り子イエス・キリストを送って下さいました。

しかし、(イスラエル民族は)イエス様が来られた目的、
本質を知りませんでした。

一つの世界、平和の世界を迎えたいというその思いは、
その時代においても、今日の皆さんにおいても同じです。
ところが、どのようになったでしょうか。

イエス様は来られた目的も果たすことができず、
十字架で亡くなられるしかなかったではありませんか。
……イエス様は、はっきりと「また来る」と言いました。
再び来て「小羊の婚宴」を開くというのです。

その言葉(の意味)は何でしょうか。
イエス様が家庭を持たれるということです。
人類の真の父母になるということです。

しかし今日の既成キリスト教の世代は、
はっきりとは(そのことを)知りません。
……しかし、はっきりとイエス様は「また来る」と言い、
再び来て「小羊の婚宴をする」というので、
そこにフォーカスを合わせて
探さなければならないのです。



……真の父母が来られる時になったため、
その環境圏をつくって差し上げるため、
このアメリカという民主主義の国を天が祝福され、
2000年を経て「また来る」とされた
その再臨のメシヤを迎えるための中心は、
独り娘が誕生しなければならないのです。

独り娘の誕生なくしてメシヤ(真の父母)は
来ることができません。

統一教会の50年歴史は
キリスト教の環境圏が支えとなれなかったため、
明確にこの面を教育することができませんでした。

それで私が、歴史の真実を明かすため、
ヨーロッパ宣教50周年、
その時に行って私が宣布しました。

「私が独り娘である」と、
ヨーロッパの国連(施設)に行って言いました。



「神様を信じるのではなく、
神様に侍る運動をしなければならない」と、
このようにはっきりと教えてあげたのにもかかわらず、
実感できずにいる人類の前に、
先に立った者、先に知った者、
先に祝福を受けた者として、どのようにすべきですか。
責任を果たさなければならないでしょう。

……時は私たちを待ってはくれません。
2020という私たちの目標があります。
変わらなければなりません。

ですから私は、世界摂理において
中心的な役割をすべき
韓国、日本、アメリカが新たに生まれ変わった体制で、
「必ず高地奪還する可能性がある!」と
言うことができるよう、
皆さんをせき立てようと思います。



……お母様と一つになれば、私と一つになれば、
天が役事されます。
皆さんは実感しなければなりません。

……いつまで夕の時代に留まるのですか。
朝を迎えなければなりません。
光を見るべきでしょう。

そのためには、皆さんは目覚めなければなりません。
体も心も忙しく動かなければなりません。



ですからここに来る前に、私は韓国(の家庭連合)を
新たに組織しました。
……韓国という(一つの)大陸として見ました。
それで5つの地区に分けました。
地区がその大陸の中における一つの国です。

一人の責任者として、範囲が広すぎる時には、
分けなければなりませんね。
それで責任者を皆立てました。



そして、私がお願いしたいことは、
私が5年前にも話しましたが、私たち家庭連合は、
「神霊と真理」で進んで行かなければならない
と言いました。「神霊と真理」です。

そのような点で実感できずにいたことも事実です。
しかし、これ以上、私は待つことはできません。

そうしてそのように組織を編成して、
日本の大阪大会のときこのように言いました。

「今や、私たちが、人類が、多くの宗教界の人々が、
神様を信じるだけに留まらず、神様に侍る位置にまで
皆さんは進んで行かなければなりません。

そのためには氏族メシヤの責任を果たすべきであり、
私の隣人、氏族、国、世界で神様に侍るようになる時、
人類が願う平和で幸福な世界、
地上天国が実現されるというのです」



皆さんが知るべきことは、真の父母、独り娘、私が
地上にいる間に、その責任を果たしてこそ、
皆さんの子孫たちの前に、
「私たちの先祖は孝子であった。孝女であった。
忠臣であった」という称号を受けるようになり、
皆さんは尊敬される人物になることができるのです。

「孝子」という言葉は、
父母が生きている時にある言葉です。
父母が亡くなった後にいくら親孝行しようとしても
誰も知ってはくれません。

……二度と再び蕩減のない、祝福された地上天国の生を
生きることのできる、皆さんの子孫の道を
開いてあげなければならないということです。



ですが、このアメリカは余りにも大きいのです。
50州となっていますね。
一人の能力では限界があります。

それで、このアメリカも5つの地区に分けて
100%、120%の効果を達成することができる
体制としてつくってあげようと思います。

ですから、現在の協会の体制は終わりにして、
「神アメリカ家庭連合!」とします。

そうして、ニューヨークを中心とする地区を一地区とし、
そしてワシントンを中心とする地域を二地区とし、
三地区、四地区、五地区に分け、いかにすれば
このアメリカ大陸が2020までに
国家の復帰を果たすことができるか。

それをなすことができる運動を行うために、
このような組織(編成)を断行します。

……50州の全ての地域に家庭教会や、
氏族教会などを必ずつくり、そうして、
この国の民が祝福されたこの一時を切実に感じ、
感謝の心で真の父母様、天の父母様に侍る
「神アメリカ家庭連合」に
なるようにしなければなりません。



171226 20171222_ph1.jpg


「神アメリカのための天地人真の父母様主管
アメリカ指導者特別集会」での真の父母様のみ言
天一国5年天暦11月4日(陽暦2017.12.21)
イーストガーデン



天の摂理は、『日韓米の一体化』
ここにすべての勝利の秘訣があるのだと思います。

ですから、真のお母様も
神様と真のお父様の願いを悟り、
韓国・アメリカ・日本を5つの地域に分けて、
5大陸を象徴するような立場で、
全世界が一つになることを願っておられるのです。

実際に、日本が年頭において、このように分けられるのは、
本部のスタッフの方も「青天の霹靂」だったそうです。
しかし、それだけ、お母様は焦っておられるというか、
神様、お父様のプッシュも強かったのだろうと想像します。

いずれにしろ、今の時にふさわしい体制なので、
私たちもそこに意識と心情を合わせていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:57 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする