2018年01月14日

韓日米、3ヵ国が一つとなって2018の出発!! 真のお母様中心の食卓で 《1.6》





1月6日に行われた、
「天地人真の父母様招請 韓日米指導者朝餐会」
その時の様子が、PeaceTVにアップされています。


新年特別集会を通じて、新しい時代の創造を締めくくられた真の父母様は、
翌朝、指導者たちと共に朝餐の時間を共に過ごされました。

韓日米の各地区を三位基台として結び、一つとなる
「和合の時代」を開いてくださった真の父母様!

私たちの道は一つ!
私たちの目的地も一つ!
互いに向き合い、熱い決意を共有した時間!
地区長たちは、真の父母様に感謝と決意の心情を捧げました。

ビジョン2020勝利に向けた「戊戌(つちのえ・いぬ)の年」の祝福が、
真の父母様の新たな創造と共に、
全世界の希望として輝いた新しい朝!

天地人真の父母様と一つとなり、
国家の復帰の高地に向かって総進軍することを誓った
天一国指導者たちの力強い決意が、
ビジョン2020勝利を引き寄せることでしょう。

「天地人真の父母様招請 韓日米指導者朝餐会」


参加した責任者たちの感想です。

ラリー・クリスネック 神アメリカ家庭連合5地区地区長
 指導者たちが先に神氏族メシヤ活動の先頭に立ち、
 食口たちを激励すれば、私たちは、国を変化させることができ、
 真の天一国をなすことができると信じます。

朱鎭台(チュ・ジンテ) 神韓国家庭連合副会長・1地区地区長
 三位基台を形成して下さり、互いに精誠を捧げ、互いが共感して、
 互い疎通しながら共に進んで行けば、
 「世界の復帰がなされる。」というそのみ言を胸に深く刻み、
 天地人真の父母様を中心に侍り、互いに良いことを学び、
 実践しながら、必ず神韓国として生まれ変わることができるよう、
 聖霊と真理で武装して一生懸命がんばります。

小藤田 喜文 神日本家庭連合3地区地区長
 一つの国を任された、そのようなつもりで、
 決意をもって、必ず、Vision2020を勝利する、
 そのような決意で頑張ってまいります。

パク・ヨンベ 神韓国家庭連合副会長・5地区地区長
 実体聖霊の役事の中で、ビジョン2020に背水の陣を敷き、
 真の父母様のみ言のとおり、中断なき前進を通して、
 私たち5地区が先頭地区となって、天のみ旨の前に忠誠を果たす地区となります。

ジョン・ジャクソン 神アメリカ家庭連合4地区地区長
 2017年には、私たちには奇跡が起き、
 また起き、ずっと起き続けました。
 今年一年がどのように繰り広げられるか期待しています。
 あらゆることが可能であると信じています。

金滿辰(キム・マンジン) 神日本家庭連合4地区地区長
 お母様と一つになっていけば、間違いなく奇跡が起こるという、
 その信仰を持って新しい任地で必ず勝利することを決意します。
 真のお母様!
 もう一度決意し、集中していきます。
 ありがとうございました!



昨日もお伝えしたように、韓国、アメリカ、日本は、
大きく体制が変わりました。
今回の朝食会は、三つの国の責任者たちが
初めて集った場でした。

韓国、日本、アメリカ、とそれぞれの国が分かれて座っていたのですが、、
お母様をお迎えして、アメリカの方が、代表祈祷をしようとした瞬間、
お母様が突然、「席を変えなさい」

それで、国ごとではなく3ヵ国が一つのテーブルで
1地区(韓国・日本・アメリカ)の責任者、
2地区の責任者・・・
そのように席替えしてから、始まったのだそうです。

また、会食が始まったのですが、みな気づまりな感じで、
シーンとしていると、お母様が一言。
「あなたたちは、兄弟なのに、なんで静かにしているの?」

そのあと、お互いの自己紹介などを話しながら、
とても和気あいあいとした雰囲気になったといいます。

この時に参加されていた第一地区の田中地区長は、
本当にお母様は、韓国・日本・アメリカを
一つとして見ておられるんだ・・・
そのように感想を述べておられました。

こちらのブログでも、参加していた責任者からの
報告が紹介されています。(お食事の写真も)
天正宮の食事会がお母様の一言で・・・?
Peace Starts with Me から

徳野会長は、今、一番意識すべきことは何か、
それは、妍娥ニムが話されていたことだけれども、
お母様の心情と事情と願いと一つになることだ、
そのように話されていました。

お母様の心情と事情と願いを求めつつ、
この時を逃さないように歩んでいきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする