2018年01月26日

真の母、ゴレ島(奴隷の家)で涙の祈祷、現地人も感激!! アフリカの恨を解放! 



180126 20180119_11.jpg


ワールドサミットアフリカ勝利帰国午餐会の時、
司会のユン ヨンホ世界本部長が、
ゴレ島でのお母様の祝祷を拝読されました。

その時も、お母様は祝祷を聞きながら
何度も涙をハンカチで拭っておられました。
翻訳文を紹介します。


敬愛してやまない天の父母様。

長く遠い日々をあなたの息子娘を探してくるご苦労と、
恨の多い路程が、無知な人間たちによって
何度も天を苦しめてきた歴史を私たちは知っています。

天の父母様、しかしあなたは
最後まで私たちを捨てられません。

そして、あれほど望まれた、この地に
勝利された真の父母を探し出されました。

世界万民が真の父母によって生まれ変わるとき、
天の父母様が「私の息子だ、娘だ」と抱かれる
その喜びと歓喜の一日を記憶します。

天の父母様、今、今日、ここに
真の父母、真の母が独り娘としてきました。

あなたの深いみ旨とイエス様の本質を知らない
キリスト教文化圏は、今日
このアフリカのゴレ島の悲痛な歴史を残しました。

私の隣人を私の体のように愛しなさいという
イエス様のみ言はどこに行き、
キリスト教の文化圏からここアフリカに来た宣教師たちは
彼らの本質を忘れ、皮膚の色が違うといって
人間として対することができなかった
歴史的なその恨み多い歳月を、500数年間耐えて、
待ってきたこのアフリカの民を
記憶してくださるようにお願いいたします。

愛する天の父母様。

今日真の父母の名前で、今まで恨がしみわたった
このゴレ島の霊たちを解怨成就して、
天の父母様が主管される天上の修練を通じて、
善霊として復活して地上の子孫たちに臨み、
天の父母様を中心とした人類一家族の夢を
成すことのできるアフリカとなり、
世界の前に光となり灯となりうる、
これ以上の葛藤と苦痛と戦争のない
天の父母様を中心とした完全に一つになった
和合と統一の世界を成し遂げるにおいて、
積極的に協助することを
真の父母の名によって解怨成就します。

アーヂュ。

2018.1.19



180126 20180124.jpg
ワールドサミットアフリカ勝利帰国午餐会1.24

最初の翻訳と
差し替えました


通訳が今一つ聞き取れなかったのですが、
ヨーロッパのSTFメンバー(二世たち)が21日間、
セネガルにおいて、またこのゴレ島でも精誠を捧げました。

その一人の姉妹が霊的になったのですが、
お母様が島に到着するや否や、
正気に戻ったということでした。

また、現地のVIPはお母様の祝祷を聞いて、
韓国語は全く分からないけれど、
その懇切なる心情に触れ、
本当に感激したということです。

すべての恨みは真の愛によってしか解放されません。
お母様の真の愛の祈りは、どれだけ
アフリカゴレ島で多くの苦痛を受け霊界にいる奴隷たちに
多くの癒しを与えたものだったでしょうか。

お母様、本当にありがとうございました。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:44 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする