2018年01月27日

どんなことも乗り越えるパワーを得てください! 善進様の「栄光の冠・瞑想」



180127 20171103-6_1.jpg


昨年、清平大役事において、
文善進世界会長が、瞑想について語られています。

とても長いみ言なので、
今回は、最初の部分と最後の部分のみを紹介したいと思います。


私は天一国式の「栄光の冠・ヨガと瞑想のプログラム」を、
皆さんとやってみたかったのです。

質問の中に、私がどうやってバランスをとり、
自分の生活を整理する時間を見つけ、
健康でいられるのか、というのがありました。

私はヨガと瞑想に出会ったおかげで、地に足をつけ、
心と体のバランスを得られるようになりました。


お父様が聖和された後、お母様が私に助力を求めてこられました。

ご承知のように当時の私は、内的にも外的にも霊的にも、
その任に堪えませんでした。
「お母様!それはできません!私はその任に値しません!」
と申し上げました。

しかし、お母様は
「私が貴女を必要なのよ!家族が貴女を必要としているのよ!」
と言われました。

さらに「何もできない、などと言わないでね!
できるわよ、あなたを信頼しているから!」と仰いました。

そこまで言われたので、
「仰る通りに致します!」と返事を致しました。
しかし内心では、途方もなく
不可能なミッションだと痛感していました。

私は祝福が難しいものだ、と思いましたが、
お父様とお母様は今、はるかに大きな課題を私に願われました。


想像してみてください、私はどうしていいのか。
深刻に祈らざるを得ませんでした。

父母様の願いを受けたものの、
「お父様!私はどうしたらいいのでしょうか?」
と毎晩、涙ながらに祈りました。

お父様が聖和されたばかりで、統一家には様々な問題がありました。

ですから毎晩お父様に、「道を示してください!
お母様はお一人なので、
お助けしなければなりませんが、どうしたらいいでしょう?」
と、懇切に祈らざるを得ませんでした。


翌日、一通の電子メールを開いたところ、
それはヨガの二週間・二百時間の講習会への案内でした。

「二週間」という期間は、お母様がハワイにお出でになる前に、
私が自由にできる時間でした。

「これは真のお父様からのメッセージだ!」と直感し、
ヨガ指導員の講習会に申し込んだのです。
これで自分の土台を作ろう、道を探そう、と思ったのです。

指導員講習会はまるで教会のように朝五時から始まり、
夜は八時まで、一日中続きました。

講習中は菜食生活で、瞑想もしなければなりません。
世俗の欲や、こだわりを捨て、心と体の完全な一体化に励み、
その調和を探さなければなりません。

それ以来、ヨガは私の生活の錨の役割を果たしています。
訓読会で学んでいるような、
心と体と霊の本格的な一体化のための基礎になりました。
その能力は徐々に深まり、仕事に対する自信も強まってきました。


ここに持ってきたのは、お父様の「栄光の冠」の詩を拝読した後で書いた、
「栄光の冠・瞑想」です。

皆さんが何か迫られているときや、信仰が弱いとか精神が低調な状態でも、
心と体と霊を中心に愛や喜び、調和を見出す方法です。

自分は本当に誰なのか、それを知るパワーを得られます。
真の愛を実践する道を見つけるのです。

人生の困難なときでも、この方法は
縦的に真の父母や天の父母に連結できる道です。
どんな事態でも、この瞑想を実践しているおかげで
平常心をもって取り組めるのです。

ですから私と一緒にヨガを学び、貴方が何をしていても、
どんな状態にあっても乗り越えていけるパワーを得てください。


(瞑想実践後)
そっと目を開けてください!

神と真の父母の無条件の愛が貴方を満たし、
無限の平和が与えられていることを感じて下さい。

皆さん、ここで隣の人に向かい、
素敵な抱擁を交わしましょう。

そして「感謝します!愛しています!」と言い合いましょう。


これで終わりです!

どうですか?
どんな憎しみや障害をも乗り越えられそうですか。

これが天と真の父母様が教えて下さっている真の愛の力です。
真の愛だけ使えれば、世界を復帰して、天の父母にお返しできるでしょう。

これを毎日の訓読の際に実践することを期待します。


天の父母様と真の父母様に、皆様が生涯を通じて
愛と奉仕、献身と精誠の努力を続けてこられたことに、
心から感謝を申し上げます。

天の父母様と真の父母様が、皆さんすべてと、それぞれの家庭に、
永遠の祝福を与えてくださいますように!


この内容は、本部総務局の澤田副局長が、
総務部長あてに
「健康な教会は、健康な総務部長から」ということで、
健康に関する記事を送ってくださっているのですが、
その中の一つです。

澤田副局長、いつもありがとうございます。



お母様も心情の基台を求めて、
善進様に相対に立つことを願われました。

善進様も様々な葛藤を越えて、
お母様に侍る決意をされたのですが、
大きな心のよりどころになっているのが、
この瞑想なのだと知りました。

今も実践されているだろうし、
また、私たちにも薦めておられる、ということは、
大きな力を得ておられるのだと思います。

その場にいた立場ではありませんが、
実際の「栄光の冠・瞑想」を相続すれば、
私たちも恩恵を受けることができると思います。

その内容は、後日掲載しますね。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:58 | Comment(0) | ご子女様・真のご家庭 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする