2018年02月19日

その怒りにブレーキを! 「一時停止ボタン」の習得法?! 《家庭力up↑講座》



180219.jpg


多田部長の家庭力アップ講座。
今回は、「一時停止ボタンを押しましょう!」
を紹介します。


親は子供のことを真剣に考えるあまり
感情的になりやすいものです。

その時の勢いに流されて心にもないことを言ってしまい、
「あんなこと言うんじゃなかった。
あの時ちょっと止まって考えていれば、
あんなことにならなかったのに…」と、後で後悔してしまいます。

子供の気持ちを共感しようと一生懸命に努力してきたことが、
いっぺんに吹き飛んでしまうのです。


私たちが目指しているものに家庭文化があります。

家庭文化の核心である真の愛は、
永遠に共に暮したいと願う心です。

ですから家庭文化においては、いくら会っても
また会いたいと思うのです。
朝、夫を会社に送り出したのに、昼になれば
もう声が聞きたくなるのです。

また、持っているものを何でも与えたくなるのも家庭文化です。
与えたいのに与えることができない時には、
切なくなるのです。


以前、私も娘とひと月に一度デートをしていました。

いろんな理由をつけて毎回マクドナルドでデートするのです。
楽しく話をしながら、神様のとの出会いのことなど、
私は娘に伝えたい大切なことを話しました。

マクドナルドにいる時にふと娘を見ながら、
「この子が家庭を持ったら
家族のためにどんな料理を作ってあげられるのだろう。
もしかしたら、マック味かもしれない」
(もちろんマックも美味しいのですが)。

そう思うと、この子にフランス料理や
中華料理などを食べさせてあげたい、
そして、その料理の味を教えてあげたい」
という思いが湧いてきました。

でもそうできない事情がいろいろとありますから、
それを思うと何とも言えない切なさが湧いてきました。


また、私たちの目指す家庭文化は、
何でも分かち合いたいと願うものです。
喜びや悲しみを含めた様々なことを、
家族で一緒に分かち合いたいと願うのです。

そのようにして
家族としての一体感を感じたいと願うものなのです。


親という存在は、ともすると感情的になりやすい存在です。
皆さんも何度も経験したことがあるでしょう。

その時の勢いに流されて心にもないことを言ってしまい、
「あんなこと言うんじゃなかった。
あの時ちょっと止まって考えていれば、あんなことにならなかったのに…」
と、後で後悔するのです。

些細なことで言い返したり、反発したりして、
とんでもない関係へと進んでいってしまうことがあります。

それまで一生懸命
子供の気持ちを共感しようと努力してきたとしても、
いっぺんで吹き飛んでしまいます。

そういったことが何度も続くと、
家庭文化を創ることに対しても、
自分自身に対しても自信がなくなってしまいます。


そんなときに、“一時停止ボタン”を押すことで、
起こった出来事とそれに対する感情の間で一旦立ち止まり、
自分の反応を選択できるようになるのです。

子供の様子を見てみようと少し待ってみたり、
子供の気持ちを聞いてみたり注意してみたりと、
私たちの反応を選択することができるようになるのです。


ここで大切なのは、子供の態度に感情的になっていて、
この感情のままに行動しては良くないのではないかとの
「自覚」が自分でできていることです。

「自覚」の本質は、
自分自身のことを知り、自分の存在を
他人や周りの環境から離れたものとして認識し、
客観的に自分の傾向や考え方、思いや望みを把握することです。

このような「自覚」する姿勢がなければ、
子供の心を真に理解したり、信頼し愛したりすることも難しく、
親自体が変わることも難しいのです。

この「自覚」ができるようになるためにも、
こういった講座を学び、実践していくことが大切なのです。

自分で自分の感情や状態を「自覚」できるようになることで、
感情に流されることなく、
一時停止ボタンを押せるようになっていくのです。


一時停止ボタンの効果は、
家族関係の中で感情的になってしまったときに、
このボタンを押すことにより、感情的行為が抑えられることです。

感情的なままに夫婦喧嘩をして
子供たちにいやな思いをさせてしまうところを、
一時停止ボタンを押すことで感情を一旦抑え、
冷静に物事を見つめて対処するのです。

自分の習慣的な流れを変える人になるのです。
また、感情的に夫婦喧嘩をすることで
子供に伝わる悪習や良くない傾向も断ち切ることができます。


では、どうしたらとっさに
“一時停止ボタン”を押せるようになるのでしょうか? 
それには毎日の訓練しかありません。

一日に最低10回「一時停止ボタンを押すぞ」と心に誓い、
日々の生活の中で訓練するのです。

意識して一時停止ボタンを押せるようになれば、
自分が置かれている状況から一歩引いて
自分自身を見つめることができるようになります。

そして、自分自身の感情と行動を自分で意識して
コントロールすることができるようになるのです。

そのような小さな積み重ねを続けていくことで、
だんだんと
家庭文化を形成していくことができるようになっていくのです。



実はこの記事にしたのは、理由がありまして。

子供のことで、ちょっとした問題があり、
私と家内の言うことを聞いていれば、
こんなことにはならなかっただろうに。。。

なんだかイライラが募ってきた時に、家内が
「そのままの調子で、(息子に)話さないでね」
そう言われて思い出したのが、
『一時停止ボタン』のことでした。

改めて、多田部長のみ言を読み返し、
その後、彼には何も話していません。。。
ひたすら忍耐、というか、
やはり自分の感情で怒るのはいけないな、
実際に話す時には、諭すように話さないといけない。。。
そんなことを思わされました。

それにしても、自分の感情が一番でてしまうのが、
夫婦、そして、子供に対してです。
ここをしっかりすることが何より重要です。
やはり、多田部長の言われるように、
一時停止ボタンを押す訓練をしないといけないですね。。。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2018年02月18日

もうすぐ御聖誕日&基元節!! 神様を「天の父母様」と呼ぶようになった理由(わけ)?!



555805_10152539310470416_1148687391_n.jpg


今週の水曜日は、真の父母様の御聖誕日です。
その時、
「天地人真の父母様御聖誕および基元節5周年記念行事」
が行われていきます。

今年は天一国6年。
天一国元年は、2013年でした。
何か、その時にまつわる記事がないかと調べたら、
真のお母様は、次のようなみ言を語られています。



今日はお父様のみ言を訓読しながら
多くのことを感じたと思います。

お父様は神の日を決められながら
すでに神様の解放を置いて
基元節を考えられながら
神様を天の父母様と
呼ばれるようになった。

今、お父様の祈祷、
皆さん、聞いたでしょう?
そうなんです。

神様の願いは
父母になることであった
私たちはこのことのために
60余年をかけて
蕩減の道を行きながら
父母様に侍って歩んできた者です。


天一国元年1月1日
第46回天の父母様の日記念敬礼式



この時、1968年真の神の日の
真のお父様のみ言と祈祷を
金孝律補佐官が代読されました。

「お父様の祈祷、皆さん、聞いたでしょう?」
と言われたのは、特にこの最後の部分でしょう。

ともに天の真の父母と
地上の真の父母が
一体になるこの場を通して
懇切に宣布、宣布、宣布いたします。
アーメン(アージュ)




「お父様は神の日を決められながら
すでに神様の解放を置いて、基元節を考えられながら
神様を天の父母様と呼ばれるようになった」
と、お母様が語られているように、
すでにこのとき(1968年)から、真のお父様は、神様に対して
「天の真の父母」という風に語られていたのです。

この日、基元節を前にして
神様に対して、「天の父母様」
そのように呼称するよう公文が発表され、
「真の神の日」ではなく、「天の父母様の日」に変更されました。

お母様に反対する人たちは、
神様の呼称を変えた、とか
天一国の歌を作った、とか
天一国経典を変えた、とか
ありとあらゆる批判をします。

しかし、この神様の呼称の変化も、すでに50年近く前に
真のお父様がそうしたいと、願っておられたのでありました。

それを天一国元年を期して、お父様と一体となられたお母様が
真の父母として、発表されたことなのです。

「神様を天の父母様と呼びたい・・・」
その真のお父様の悲願がありましたが、
ある意味蕩減期間が必要だったのでしょう。

基元節を前にして、真のお母様が実現された。
それは、神様にとってみても、
どれほどの喜びだったでしょうか。。。

そして、「父母」と呼ぶことが出来るというのは、
どういう状態なのかといえば、
子女、すなわち子供がいて初めて成り立つ言葉です。

私たちはあまりにも足りない立場ではありますが、
天の前に、子女として立つことのできる
資格を与えられた者たちなのです。

御聖誕日の記念行事を前にして、
神様を「天の父母様!」そのように呼ぶことのできる
光栄に預かっている者であることを感謝しつつ、
真の子女として立てるように、
内外ともの備えをしていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:25 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月17日

(証し)日本を知り、世界を知り、神様を知り、涙して勝利した海外宣教!!



7-8men02.jpg


天一国奨学金の事業として昨年始まった
「第1回公職者短期海外宣教プログラム」。
3カ月間(2017年10月〜 2018年1月)の宣教期間を全うし、
このほど6人が全員無事に帰国しました。

このプログラムは二世圏を国際的に指導される
真のお母様の方向性に合わせ、
公職者も国際的視野や経験を得られるように
という目的で開始されたものです。

今回の任地国は、
天一国青年宣教師たちの任地国のうちの3カ国で、
ヨーロッパのアルバニア、西アフリカのベナン、中米のドミニカ共和国でした。

帰国報告会での2名の方の証しを紹介します。


私は、真の父母様が真の愛で勝利して復帰してくださったみ言の価値を
何としてでも、証ししたいという意気込みでこの期間歩みました。

『原理講論』の訓読を1時間、90分、2時間と精誠を立てていきました。
この間、2度のマラリアと腸チフスにもかかりましたが、
訓読の精誠だけは死守していきました。

そのように歩む中で、7日修練会の参加人数がうなぎ登りに増えていき、
初めは10人くらいだったのが、最後は50人くらいまで増えました。

最終的に7日修練会を修了した霊の子が16人、霊の孫が5人、
霊の曾孫が1人と霊の血統が22人も与えられました。

そして宣教期間の最後は、霊の子の家を順番に訪問しました。
訪問時は時間を見つけて共に祈りました。
その中で、霊の子やその家族、家系を救いたい
切実な神の心情を感じることがとても多く、涙涙の訪問路程となりました。

霊の子たちと神様を中心とした本当の家族のような
心情文化世界を築いていくことができ、
「これぞまさに天国だ」と感じる場面が多くありました。

言語や文化や宗教、国境の壁を超えて皆が一つになっていく一体感を味わい、
この喜びや感動をずっと味わっていたいという
伝道の醍醐味を感じることができたことが何よりの勝利感でした。


この海外宣教プログラムを通じて感じた
天の父母様と真の父母様の心情・事情・願いは、
今まで感じてきたものとは明らかに違う質のものでした。

伝道対象者のために祈れば祈るほど、
天の父母様がどれほど苦労してこられたかを知るようになりました。

キリスト教国家であり、神様の存在が当たり前ですが、
イエス様の再臨をいまだに待ち望んでいる姿を見ながら、
日本では感じることが出来なかった天の父母様のご苦労を想い、
涙する瞬間が多くありました。

次に感じたことは、日本がどれほど世界から愛され、
神様から祝福を受けているかということです。

ドミニカ人のほとんどが日本に対して好感を持ち、
尊敬心を抱いている姿を見ながら、初めて日本人であることに誇りを感じ、
母の国として世界のために精誠を尽くす
日本の家庭連合が輝いて見えるようになりました。

最後に感じたことは、人類一家族世界という
夢に対する希望と確信についてです。
ドミニカ共和国家庭連合では、様々な人種が共に生活し、
4カ国語以上の言語が当たり前に飛び交う
まさに世界の縮図のような環境でもありました。

そんな彼らと共に真の父母様を慕い歩む中で築かれていった絆は、
私の中で人類一家族世界の夢に対する不安を打ち消し、
希望に転換する大きな機会となりました。

3カ月が過ぎて振り返ってみると本当に一瞬の出来事でしたが、
その中身は神様の真の愛と導きに満ち溢れていて、
私の夢、人生に大きな影響を与える期間でした。



6人の公職者たちは、
天一国青年宣教師と合流し3カ月間、一宣教師として活動しました。

国内では青年たちを指導する立場ですが、
この期間は青年たちと生活を共にしながら、
日本国内での経験が全くと言っていいほど通用しない環境のもと、
短期間で霊の子を立てるため必死に歩んだといいます。

その結果、アルバニアでは難しい伝道環境だったにもかかわらず、
公職者3人が全員1人ずつ霊の子を立てることができ、
ベナンでは二人合わせて29人の霊の子、7人の霊の孫、
1人の霊の曾孫まで誕生する大きな実績を上げ、
ドミニカ共和国でも霊の子になる
可能性のある対象者を残してきたそうです。

(以上参照:家庭連合 NEWS ONLINE)


彼らにとっても多くの恩恵を受けたことでしょう。
そして、どれだけの精誠を捧げたことでしょうか。

また、何よりも感じるのは、
統一運動、そして、真の父母様のみ言の価値が
どんな国の人たちにとっても理解し、
また、受け入れることのできるものである、
ということです。

真の父母様が、全世界の人たちを愛し、
天一国を実現していきたい、
そのような熱い思いが、
確実に伝わっていることを感じるのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:20 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする