2018年02月13日

人間関係、思い通りにならない時が、自分を知るチャンス?! 《金元弼先生》4



180213 SwitzerlandMay2011.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
「神と真の父母の心情で生きる」
今日が最終回です。



親の心で怨讐をも愛する

私たちの周りには、自分の思いどおりにならないことがあったり、
うまくいかない人に出会ったりすることがあります。

そういう時こそ、神の前の自分、真の父母の前の自分は
どういうものかに気づくチャンスです。

私たちは自分で自分を見ることはできませんから、
神は私たちの心情や成長の度合いを見せるために、
同じようなものを見せてくださるのです。


自分の話を聞いてくれない、問題のある人と出会ったとしましょう。
そういう場合、私たちはその人が問題だととらえてしまうのです。

しかし、そういう人を見るとき、神が
「あなたはその人を問題児だと言うけれど、
神の前では、あなたもそうなのですよ」
と知らせていることに気づかなければなりません。

神は、実体を通して見せてくださっているのです。
あなたがたが、その人を問題児だと言うとき、
神もまた「あなたも私にとっては、その人のように問題児なのです」
と教えてくださっていると受け取ることが重要なのです。

今まで、その人を許すことのできない問題児としてとらえていたのですが、
神の目から見れば私自身が問題児だったのです。

神はそういう私に対して「いつかは分かってくれるだろう。
いつかは私のもとに帰ってきてくれる時が来るだろう」
と望みながら、変わらない心で尽くしてくださっているのです。


では、私たちは問題のあるメンバーに対して、どうしたら良いのでしょうか?
神のような心をもたざるを得ません。

常に、変わらない愛で導いてくださる神の心、
真の父母の心を受け入れながらメンバーを見るときに、
そのメンバーを許す心が出てくるというのです。

私たちが神の心、真の父母の心でとらえない限り、
人を許すのはなかなか難しいのです。


ですから、聖書の主の祈りの中にも、
「私たちに負債のある者を許しましたように、
私たちの負債をもお許しください」とあるのです。

自分の許せない人を許すということは、
神の前で、真の父母の前で、私の犯した罪が許される条件になります。

怨讐を許さなければならない理由がそこにあります。
堕落することによって、私たちは神の怨讐になったからです。

ですから、私たちもこれを考えなければ、神を中心として、
真の父母を中心として一つになるということはできないのです。


夫婦の関係も全く同じです。

自分の相手に対して、「これは……」ということがある時、
神や真の父母は、そういう自分に対してどうしてくださったのかを考えるのです。
そういう心で相手に対していかなければなりません。

そうして初めて、神と真の父母を中心として
夫婦が一つになることができるというのです。

私たちは神と真の父母を中心として出会った夫婦ですから、
合わないことがある時には、
神と真の父母を中心とすれば合うことができるのです。


ですから、夫婦の間にあっても、まず神と真の父母が一つとなったように、
私たちも心と体が神と真の父母と一つとなって初めて、
お互いが一つになることができるのです。

家庭においても、神と真の父母を中心としてお互いが一つになって初めて、
一つになることができるのです。

夫婦が互いに相手の中に足りないものや、満足できないもの、
受け入れることのできないものを見たとしても、
神の心、親の心をもって受け入れることによって一つとなることができるのです。

親の心をもって、相対者が足りないのではなく、自分が足りないととらえるのです。
それが神を中心として、真の父母を中心として、夫婦が一つになるということです。


神は変わらない愛で導いてくださったという、
神の、また真の父母の心情をもって相手に対していくのです。

神の心、親の心をもたなくては、人を許すことも愛することもできないのです。

「神と真の父母の心情で生きる」
1986年8月10日 ドイツ・カンベルグ修練所(信徒大会)
 


何度も読み返しましたが、
本当に「なるほど、その通り!」
そのように思うとても貴いみ言でした。

私たちは人間関係を自分の視点で見てしまいます。
しかし本当はそうではないのです。

「自分の許せない人を許すということは、
神の前で、真の父母の前で、私の犯した罪が許される条件になり」
私自身が神様に近づく道を与えられているのだ、
そう思うとどんな人間関係でも感謝なんだ。。。
そのように思わされるのです。

金元弼先生、いろんなことを気づかせてくださり、
ありがとうございました。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:35 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月12日

(証し)人見知りの2世が祝福!! 実はそれからが大変だった ≪苦痛の40分?!≫



180212 20050801-2_m.jpg



祝福二世の証し、続編です。


そのようにして、お父様から祝福をいただきました。
しかし、実はそのあとは、簡単ではなかったんです。

さきほど兄姉の話をしましたが、
姉は、ラブラブでしたし、
兄もやはり仲が良かったんです。
しかし自分は違いました(笑)

言葉の壁もあるし、文化の壁もあります。
しかも、先ほども言いましたけど、人見知りでしたので。。。


お父様からマッチングを受けて、翌日、喫茶店に入りました。

しかし、会話が続かないんです。
最初の5分とか10分はいいんですよ。
しかしそのあとが続きません。
40分間、無言でした(笑)

姉と兄に「騙された!」
そんな風に思っちゃいましたね。。。

それからも、苦痛と思えるような期間が続きました。
電話をするじゃないですか。
その時も、会話が続かないわけです。
お互い無言で、「じゃあ、切るね」みたいな(笑)


しかし天が与えて下さった祝福ですからね。
お互い歩みよって、家庭を持つまで、5年かかりました。
そして、私は日本で公職をすることになったので、
日本に来てもらい、入籍しました。

それでも、家庭出発をしても、なかなか改善されず
他人行儀みたいに、「よろしくお願いします」みたいな感じで。。。(笑)

私たち祝福家庭は、最初いろいろありますけど、
少しずつ積みあがっていっているんです。

しかし、この世は熟年離婚です。
愛は深まらないといけないのに、
むしろ冷めてしまうわけです。。。

自分たちは、最初は何もなかったけれど、
積み上げていく喜びというものがあるんです。


家庭を持った後に、大きな試練がありました。
子供が授からないんですね。
後輩の家庭に子供が授かると、とても寂しい思いになりましたね。

病院に何度も通いました。
そして身ごもったんです。
その時の喜びといったら。。。
人生で初めてのものでした。

子供が成長する度合いに応じて、
私も成長させていただきながら、
こういう一面もあるんだ。。。
そんな体験をさせてもらっています。


家庭を持つ素晴らしさ、
そして、祝福結婚の素晴らしさだと思います。

人の能力や知識、そのことの成長の度合いは一時的だと思います。
若い頃に知識を身につけることはできても、
ある程度の年齢が来ると限界が来ます。

しかし、愛というものは、年齢を重ねるに応じて、
深まり成長していきます。
新しい発見があるのです。
特に子供が成長していく姿を通して、
自分も愛が成長するということをとても感じます。

もちろん、大変なこともいろいろあります。
それでも、もっと成長していきたいと思っています。



一世と二世では、立場が違いますが、
しかし、祝福の価値は同じであり、
また、実際に家庭を出発する、という観点でも、
私たちが通過した時と同じだな。。。
そんなことを思いました。

そして、彼が話すように、
愛の成長というのは、限りがない、ということ。
人間の肉体は年を経るとともに、
老いていきますけれど、
霊人体は肉身と違って、成長していきます。

考えてみれば、肉身を脱いだ霊人体は、
血気盛んな壮年の姿だといいますが、
地上の姿でそのまま霊界に行けば、
おじいちゃんおばあちゃんばかりになってしまいますよね。

「家庭は愛の学校」
証しを通して、お父様のみ言を思い出しました。

あと一回続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:29 | Comment(0) | 祝福の価値 祝福の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月11日

私たちは老いる暇がありません(笑)!! 《真のお母様のみ言》 



180211 20180109.jpg


私たちの使命は何なのでしょうか?!

真のお母様が、HJ天苑の公職者たちに、
使命を悟らせてくださるようなみ言を語っておられます。


私が今回、韓国・日本・アメリカを
神韓国・神日本・神アメリカとしたのは、
神様に侍ろうということです。

神様を知ることにとどまらず、神様に侍る
家庭、氏族、国、世界にならなければなりません。



そのため、全ての機関で
父母様を知らせなければなりません。
6000年間、天の父母様が待ってこられました。
ですから今やはっきりと示さなければなりません。

この国が生きる道も、真の父母様に侍ることであり、
至る所において、幼稚園から
教育をしなければなりません。

皆さんはこの一時代にだけ生きる人々ではないでしょう。
過去・現在・未来に責任を持つべき
位置にいるというのです。

皆さんの先祖も解怨してあげるべきであり、
そのためにこの清平修錬苑が貴い場所なのです。



聖霊が何か知っていますか?
聖霊、母です。母。

2000年キリスト教徒たちが
待たなければならないものは、
母を待たなければならないのです。

独り娘が誕生してこそ、
再臨のメシヤが真の父母となるのです。

今や、キリスト教のみならずイスラム教が、
私を真のお母様、独り娘として受け入れています。



また、私がこの頃、何と言いますか?
孝情、孝情文化革命です。

そしてあらゆる芸術分野、音楽、美術など
全ての面で孝進お兄さんが先立ちました。
心情から湧き出る、天の父母様を愛し、誇り、
敬い、慕う、多くの名曲を作りなさいということです。

そして世界的に有名な人々がそのような
インスピレーションを得ることができる環境圏で、
そのような美しい音楽が出てきたのです。
1


この天苑団地がそうです。
天が臨まれる場所です。
実体聖霊の役事がおきている場所です。

ここに一度来るようになれば、
故郷の心情を持つようになります。

毎日毎日の生活が、
喜びと歓喜の生活をするようになればそうなるのです。

皆さんは老いる暇がありません。
私が今老いたでしょうか。

私は今、そのような心情で生きています。


清心国際青少年修錬苑
孝情文和苑視察
天一国5年天暦11月23日(陽暦2018.1.9)



私たちの使命は、
真の父母を伝え、
孝情文化を伝えていくこと。

『孝情』という言葉は、
韓国語にあると思いましたが、
韓国では、孝道という言葉は使っても、
この言葉はないそうです。
日本では、孝行ですね。。。

すなわちこれは、真のお母様が初めて語られた言葉です。
お父様が聖和されてから3年間、
侍墓生活をされた土台で生まれた言葉です。

ですから、『孝情』とは
私たち食口が持たなければならない、
アイデンティティーであるといえるのではないでしょうか。

「老いる暇がない」とにこやかに語られるお母様。
しかし、地上でお父様が残した宿題を果たすために、
一日一日、いや一分一秒、どれほど深刻な思いで、
み旨をなしておられる真のお母様でしょうか。。。

真のお母様が今、地上におられることが奇跡です。
その時代に私たちもともにいるということも奇跡です。

だからこそ、悔いのないように、真のお母様と一つになって、
今の天の願いを果たしていきたい。。。
そのような思いをもって、歩んでいきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:49 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする