2018年02月06日

深い親心も、子どもに届かなければ「真の愛」ではない?! 《家庭力UP↑講座》



180206.jpg


今回は、多田部長の家庭力アップ講座
「親の愛、子どもに届いていますか?」をお届けします。


「やる気」のある子どもは自分で考え行動しようとするので、
親としては頼もしい限りですが、その「やる気」には
「正常な心」が働いていなければなりません。

「正常な心」とは、うれしいときにはうれしいと表現できる心、
親の愛情を素直に受け止め、家庭の大切さを理解し、
家庭のために貢献できる心です。

親の喜びや悲しみ、うれしい思いを素直に感じ取れる心をもっている人は、
自然に「やる気」が育ってくるのです。


真に「やる気」のある子になるためには、親の「真の愛」が必要です。
ここで言う「真の愛」とは、子どもに対する親の愛が
相手に届いていることを意味しています。

子どもに正しく届いている愛のことを、親の「真の愛」と表現しているのです。
相手を「愛する」ことは重要ですが、その愛が、
きちんと「相手に届いて」いなければならないということです。

子どもを愛していない親はいないと思いますが、
子どもが親の言うことを聞かなかったり、反抗したりしたとき、
「本当に自分はこの子を愛しているんだろうか」と、
親として自問することもあるでしょう。

特に、子どもとの間にあまりよい思い出がない場合、
例えば子どもから暴力を振るわれたりしている場合などは、
親が子どもに拒否反応を覚えることもなくはありません。

それでも親は一生懸命子どもを愛そうとするわけですが、
その愛情が子どもに届いているかどうかは別です。
親が子どもを愛することと、
愛する気持ちを子どもに伝えることは別なのです。

日本人はどちらかというと、子どもに対する愛情表現が下手な人が多いようです。
ですから、どうしたら親の愛情が子どもに届くのか
ということについて研究し、学ばなければなりません。


また、学校では算数や国語、理科などを「教える」ことが中心であり、
家庭では子どもが「育つ」環境をどうやって作るかということが中心になります。

「教える」責任の主体は学校にあり、
子どもが「育つ」責任の主体は家庭にあるわけです。

親は子どもに比べて、経験や知識、失敗談、成功例などをたくさんもっているので、
どうしても「教えなければいけない」と思いがちです。

そのため、子どもの「育つ」環境づくりは後回しになり、
子どもに「教える」ことが中心になってしまうのです。


しかし家庭の責任は、子どもが正しく育つ環境を
つくるところにあるということを、ぜひ忘れないでほしいと思います。

「教える」場合、意識は自分(親)にあります。
子どもに一生懸命教えようとして、子どもがそれを理解できないでいると、
いらいらして、「分かったの? ちゃんと聞いているの!」と怒ってしまうのです。

また「教える」ときは、教えている側の親の心が満たされることが多いものです。
子どもが「3+3=8」とでもしようものなら、
「違ってるじゃないの!」と矢も楯もたまらずに指摘してしまいがちです。
教えることで、親の心が満足するからです。


私の息子が中学生のときでした。勉強せずに遊んでいたので、
「テレビやゲームばかりやっていて勉強しないと、駄目な人間になるぞ。
親の気持ちが分からないのか!」と怒りました。

すると息子は、「お父さんは自己満足で怒ってるだろう」と言い返しました。

私が「親を馬鹿にしているのか」と声を荒げると、
息子は「お父さんは怒ったから気が済んだだろう。
でも、怒られた僕の気持ちはどうなるの」と言うのです。

あとでじっくり考えたとき、息子の言うとおりだったと悟りました。
私は自分の気持ちをぶつけただけであって、
子どもに何のよい影響も与えなかったのです。


「教える」ことは、自分に焦点が合っているため、自己満足に陥りやすいのです。

それに対して「育てる」場合、焦点は相手(子ども)にあります。
子どもが「育つ」のは、子どもの心が満たされたときなのです。

家庭で親が目的に向かって成長して行く、
その生き方こそが子どもの育つ環境づくりになります。

「子どもは親の後ろ姿を見て育つ」とよく言われます。
実際、農家や商家などのように、家庭で親の働く姿を見て育った子どものほうが、
そうでない子どもより、よく育つ場合が多いとも言われます。

子どもがよく「育つ」には、子どもの心が愛情で満たされなければなりません。
ひたむきに生きる親の姿を通して、子どもは親の愛を感じ取っていくのです。

理想家庭を目指して一生懸命歩む親の姿、親の努力自体が子育てです。
いちばんの子育てとは、家庭を理想家庭にすることなのです。



多田部長のお話がよいのは、同じ話を何度聞いたとしても
それが真実と体験に基づいていることかと思います。
それを体恤できていない以上、その言葉を何度も思い起こしながら、
あきらめずに挑戦し続けていきたいと思います。

真のお父様は、「家庭は愛の学校」と語られました。
そういう意味でも、「子供は親の後ろ姿を見て育つ」
本当にそうだと思います。

子供に要求してもなかなか親の言うことを聞かないですね。。。
もちろん、多田部長の証しのように、
こちらの要求というか、何か、感情的になることもあります。

反省しないといけない部分もありますが、
かと言って、本当にあなたのためを思っていっているんだ、
本当に「教える」ではなく、「育てる」思いで、投げかけても
何の反応もない時があります。

それでも、子供は親の後ろ姿を見ていると思います。
すぐに返ってこなくても、いつか返ってくる。。。
そんな思いをもって、日々の生活を送っていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)