2018年02月10日

(証し)お父様はすごい! 祝福2世、ハラハラドキドキのマッチング!!



180210 20050801-30_m.jpg


祝福二世の証し、続編です。


私が中高生の時は、とても小さな教会でしたので、
中高生礼拝といったら、6人しかいませんでした。

3名がうちの家、他の2名が兄弟。
ですから、3家庭しかいなかったんです。
まぁ、そのころは、習慣的に礼拝を参加していただけですね。。。 

そして、祝福は2005年(22歳)に受けました。
祝福のことを初めて意識したのは、16歳の時です。

姉がその時19歳だったのですが、祝福を受けて、
旦那さんを家に連れてきたんですね。
二人の雰囲気を見て、とてもいいなぁ。
祝福受けてみたいな、そう思いました。


私が祝福を受けた2005年は天一国マッチング、
要するにお父様がマッチングしてくださったんです。
2005年、天一国マッチング第2回目に、候補者として参加しました。
この時、お父様って凄いと思ったんです。

実は、この時の予定はこうでした。
初日、入国して、次の日は、教育。
そして、3日目にお父様のマッチングがあり、
4日目に準備をして、
祝福式は5日目、というスケジュールでした。

しかし実際はどうだったのか、というと。。。
入国して、宿泊先に着いたのですが、
お父様はすぐに私たちを集めてくださいました。
そして、1時間半み言を語ってくださったんですね。

そのあと、急に男性を立たせて、
「あなた歌を歌いなさい」と言われました。
その人は、歌を歌いましたが、下手でした(笑)。
そうしたら、お父様は、「座りなさい」
その人は座りました。

そしてお父様は、もう一人を立たせて、
「歌いなさい」と言われたんです。
その方は、孝進様の歌を歌われました。
とても上手でした。

座らせるかと思ったら、「そのまま立っていなさい」
そして、女性の方に歩かれて、
一人を指名し、「あなた立ちなさい」 

みんな、ざわざわし始めました。
そうです。
マッチングが始まったんです。


この天一国マッチングを受けるにあたって、
一つ、思っていたことがありました。
それは、韓国の方と受けたい、ということです。

祝福を受ける前に、準備修練会に参加したのですが、
その時の講師が、「祝福は希望を言うものでない、
感謝して受けるものだ」
と言われました。

そのあと、「委ねることも大事だが、積極的な祈りも重要だ。
『私は、神様の願いに応えるために、こういう家庭を築きたいです。
そのためにこういう人と出会わせてください』
そんな祈りを捧げたらいい」

それで私は、「天の伝統を受け継いでいる韓国の方と受けたい、
南北統一のためにも、韓国の人がいいです。。」
そのように思っていましたし、マッチング当日も
そう祈って準備していました。

すぐ、となりの集団には、女性たちがいるわけです。
そっちを見ると、雑念が湧いてきます(笑)
だから、女性のほうは見ないでいました。

祈って備えていたら、お父様は私を指名されました。
そして、相手の方は、韓国の方だったのです。


お父様のマッチングは、本当に神懸かっています。。。

しかし、こんなところからしても、
スケジュールをきっちりこなされるお母様とは、正反対です。
真の父母様ですが、正確・タイプは同じではないということですよね。。。

やはり、祈って備える、ということは、大切です。
精誠を捧げていくべきでしょう。

もうお父様がマッチングされることは、二度とありません。
父母マッチング、推薦プログラム・・・
形式は異なってはいますが、
それでも天の配慮の中で行われるものであり、
人間的なものではないと思うのです。

あと、一、二回続きます。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)






posted by ten1ko2 at 10:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする