2018年02月26日

簡単ではなかった! 原理講論・日本語版ができるまで 《小山田先生》



LINE@_0222_blog[1].jpg


小山田先生自叙伝「真の父母様の御跡を慕って」より、
光言社HPに掲載された要約を紹介します。


1967年6月12日に真の父母様が来日された際、
韓国で発刊された『原理講論』を日本語に直訳した
分厚い資料を持ってこられました。

日本留学の経験があるなど、日本語の達者な韓国の先生方が
翻訳を担当されたものでした。

その内容について、劉孝元先生を中心として
一つ一つチェックしていきました。

韓国語から日本語への直訳だと繰り返しが多く、長くなります。
それを日本語に訳していくと、
今度は韓国語の元々の意味が失われることがあります。

すると、「それは日本語では通じません」ということになり、
侃々諤々の話し合いが続きました。

私は「翻訳とは、こんなにも難しいものか」と感じました。
「原著者が来ても、このぐらいかかるのだから、
普通の翻訳なら数割しか正確に伝わらない」
ということを強く感じたのです。

例を挙げると、前編・第一章「創造原理」の「神の二性性相」の中の
「神の本性相と本形状は、
各々本陽性と本陰性の相対的関係をもって現象化する」

との言葉は、元々ありませんでした。
それを劉孝元先生が、お父様に進言し、
「それでよい」と許可を頂いたわけです。

また、同第七章「キリスト論」には、
「重生論」とありますが、日本には「重生」という言葉がありません。

そのため、「最初の段階では『新生』としてよろしい。
しかし、版を重ねる際には『重生』にしなさい」となったわけです。

もう一つ重要な部分として、後編・第六章の「再臨論」では、
メシヤが来られる国、韓国について、いろいろと条件が記されていますが、
初版は簡潔にまとめられています。

これについても、お父様から
「再版のときは詳しく載せるように」とのご指示を頂きました。

天来のみ言ですから、聖書のごとく
「一言一句加えてはならない、削ってもならない」というのが原則ですが、
お父様はそれぞれの国の事情を考慮し、多少の手心を加えてくださいました。

日本がこのみ言を受け入れやすいよう、配慮してくださったのです。

小山田秀生先生の自叙伝「真の父母様の御跡を慕って」
第2回「真の父母様の御来日と原理講論」より
「祝福家庭」87号(2017年冬季号)にも掲載



原理講論の発刊にあたって、
多くのご苦労があったということ、
特に日本に対して、お父様が
様々な配慮をしてくださったということを
初めて知りました。

確かに日本には、「重生」という言葉はありません。
今では当たり前のように受け取られるみ言も
時代の恩恵圏、霊的勝利圏が土台になっているのだと思います。

多くの精誠が詰まった原理講論。
もう一度、貴く思いつつ、
み言を噛みしめていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:34 | Comment(2) | 草創期の証し(韓国・日本) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする