2018年03月22日

世界で義人が立っている!! 大きな奇跡が起こる時!! 《徳野会長》2



180322 20180221_25.jpg


先日紹介した徳野会長のビデオメッセージ、
後半より抜粋します。



真の父母様を受け入れるアフリカの義人たち

(御聖誕記念式、基元節5周年行事の)第2の柱は、
真の父母様を受け入れる義人が立ったことです。

それゆえにお母様は、2020年までに
7か国で救国救世の国家的基盤を築くことに手応えを感じておられます。

「ワールドサミット・アフリカ2018」の開催国セネガルでは、
天から3人の義人が準備されました。

700万人のムスリム(イスラム教信者)がいる宗教団体の指導者、
シャイフ(師)マンスール、
マッキー・サル大統領、
そしてこの2人をつないだエネルギー大臣です。

マッキー・サル大統領がお母様を国賓待遇でお迎えするとともに、
大会には、アフリカ諸国から国会議長や大臣クラスの約50人をはじめ、
300人の現職国会議員を含む各界の指導者約1200人が集いました。


宗教指導者では、ジンバブエのキリスト教指導者、
ヨハネス・ウンダンガ大司教も義人として挙げられます。

お母様にお会いして1年ほどですが、
「(お母様が)『私から離れなさい』とおっしゃっても、
私は真のお母様から離れません。
私の母だからです」と語り、お母様を深く慕っています。

彼は指導する3000の教会に対して
「真のお母様は人類の独り娘、救世主である」と証し、
さらに、お母様の願いを受けて教団名を「家庭連合」に変更する申請を行い、
2月24日に政府から許可が下りたといいます。


また、南アフリカで400万の信者を抱える
ラテベというキリスト教指導者も義人の1人で、
お母様を証しするための祝福式を準備しています。


以下は割愛しますが、要点だけ紹介します

勝利の秘訣は和合と一体化

第3の柱 堀正一・新副会長の就任

第4の柱 分派問題に対する捉え方
 (お母様が未来のために
  お孫様を教育しておられることを証しされた)

第5の柱和合と一体化の重要性
 (日本と米国、アジアの3つの圏域で構成された
 「和合」チームが見事に優勝)

「ご聖誕および基元節5周年の総括」
U-ONETVより
参考:中和新聞
編集・文責:ten1ko2


ウンダンガ大司教の証し、素晴らしいですね。
教団の名前が家庭連合に変わったというのは、
一気に数百万の人が伝道されたようなものですね。。。

先日、李成萬副会長の講話を通して、聴いたことですが、
ウンダンガ大司教は、昨年6月、祝福式で祝辞をすることになり、
そこに向かっている途中に啓示が降りたのだそうです。
「祝福を受けなさい」という啓示です。
ですから、「お母様が霊の親」だと話されています。

自分の下にいる指導者たちに祝福を受けさせ、
また、7日原理修練会を実施しました。

しかし、いろんな試練があったことと思います。
実際に、側近の方が、この動きを反対しました。
ところが、その日の夜にお父様が彼の夢に現れ、
そして役事を受け、賛成することになりました。
その土台で、家庭連合への名称変更になったのだといいます。


この証しを聞きながら、イエス様のみ言を思い出しました。

イエスは言われた、「あなたがたの手で食物をやりなさい」。
彼らは言った、「わたしたちにはパン五つと魚二ひきしかありません、
この大ぜいの人のために食物を買いに行くかしなければ」。
というのは、男が五千人ばかりもいたからである。
しかしイエスは弟子たちに言われた、
「人々をおおよそ五十人ずつの組にして、すわらせなさい」。
彼らはそのとおりにして、みんなをすわらせた。
イエスは五つのパンと二ひきの魚とを手に取り、
天を仰いでそれを祝福してさき、弟子たちにわたして群衆に配らせた。
みんなの者は食べて満腹した。
そして、その余りくずを集めたら、十二かごあった。

(ルカによる福音書9章13節〜17節)

今は、わずかな食べ物から、
多くを分け与える奇跡が起きる時だと思います。
一人の義人を立てるためにも
私自身が内的に義人にならないといけないと、と思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 13:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月21日

お母様と相思相愛?! みなさんは、家庭連合の夢の木です! 《2世へのみ言》



180321 jtgc20180224.jpg


先日、トップガン修練会に参加した学生の証しを取り上げましたが、
その時に語られた、お母様のみ言を紹介します。


よく育ってくれて、ありがとう、
よく修錬を受けてくれて、ありがとう。
あなたたちは、未来の神日本家庭連合の夢の木です。

日本だけではなく、世界的指導者になり得る家門の、
成績が良いあなたたちです。



昨日、私は、科学の統一に関する国際会議に
行って講演をしました。

彼らが気になるのは、
「いったいどんな方が、どんな目的で、
このような、他の人のできないことをされるのか」
ということだったそうです。

それで私は、あなたたちが今後研究して知るべき、
侍るべき方は、天の父母様だと話しました。

人類文明において、現代は科学の発達によって、
私たちが生きていく上で大変便利になりました。
それは私たちの目に見えるものであり、
その反面で、予想できない被害もまたあります。



今、強大国でも、北朝鮮でも、
すべての国々は、自国が生き残るためには、
核を持たなければならないと話しています。

どうしてそれが必要でしょうか? 
考えを変えれば良いはずなのにです。

互いに自分の欲心、利己主義、自己主張。
「自分が第一だ、自分だけ幸せに暮らせれば良い」
そのような考えが、今までの堕落した人類の歴史です。

興亡盛衰、大小の国々の、
浮上したかと思えば下り坂がありました。
そうしながら平和を語っています。

それで世界の至る所に多くの宗教が生じるようになり、
世界的には4大宗教が今日を支配しています。
しかし彼らも結論が分かりません。
どこまで行かなければならないのかを知らないのです。



人間は、自分が好んで生まれてきたのではないですね
(「はい」)
絶対者がいて、宇宙の主人がいらっしゃって、
創造なさったのです。

その創造者の夢がありました。
その夢は、人類を一つの懐に
抱こうとされる父母の愛です。



一言で言えば、今日、世界は父母を失いました。
父母を探し出さない限り、父母に侍らない限り、
今日の世界には平和がありません。
未来において、希望を見ることもできません。
絶望です。

それなのに、きょうだけを幸せに暮らせれば良いと、
考えてばかりいるでしょう。

明日は知りません。
永遠において、永存なさる天の父母様です。
その神様、創造主を、私たちは天の父母様と呼びます。



人類が真の父母様に侍って
天の前に行くことのできる道は、
祝福を受けなければなりません。
再び生まれなければなりません。
これが重生、復活です。

サタンと関係のない、堕落と関係のない
真の父母様によって、
あなたたちが新しく誕生するのです。

それで天の父母様のみ前に、
息子・娘、孝子・孝女になることのできる、
そのような位置にあなたたちがいるのです。

アーヂュ!(「アーヂュ!」)
私は気分が良いです。



私は、日本でも何度か講演をしたし、
全世界的にもたくさんしました。

今から私は歴史の真実を明かすと言い、
「私は宇宙の母である。独り娘である。
私とともに、一緒に地上天国をつくろう!」
と言ったのです。

すべての国々が、強大国や小さな国が、
天の父母様のみ意を受け入れれば、簡単なのです。
平和の世界になり得ます。



しかし天の父母様を知らず、真の父母の顕現を知らない
大きな国や小さな国々は、
自分たちが生き残る道は強くなることだと考えます。

強い国々だけが存在すればどうなりますか? 
結局は壊れて砕けてしまいます。

自然において、プラスとプラスは、どうなりますか? 
反発するでしょう? 



神様の創造原則において一から十まで、
神様を中心として一つになる道に
人類は進まなければなりません。
その道をまっすぐ正確に教えて下さるお方が、
真の父母です。

世界が一つになる道には、軍隊は必要ありません。
そうでしょう? 
何、銃弾、爆撃機、そのようなものは必要ないでしょう?
なぜそのような無用なところにお金を使うのですか? 



特に日本は、エバ国として世界に対する責任があります。
教育しなければなりません。

今、一日が千年のような緊迫した時代に、
皆さんの知恵と苦労と努力が必要なのです。

どんなことをしてでも平和な世界、天の父母様に侍る
人類一家族の世界に行くことができる方向で、
すべての面においてあなたたちが努力して、
そのような結果を結ぶように熱心にやるでしょう?
(「はい」)(拍手)


天地人真の父母様主管HJ天苑特別修練会
神日本 TOPGUN修了式 真の父母様のみ言
2018.02.24 天正宮博物館


お母様は、二世たちの前では、
本当に心が解放されるんだな、と思います。
本当に特別な思いで見つめているのでしょう。

祝福二世たちは、私たちが真の父母様に出会わなければ、
生れることがなかったわけですから、特別な存在です。
ですから、お母様も「ピュアウォーター」と言われ、
自分の子供のように見つめておられます。

そして、彼らのアイデンティティーは、真の父母様です。
どんな人生を送ったとしても、
根源である真の父母様を通して、全てが解かれていくのだと思います。

お母様は今、夜中に精誠の祈祷を捧げておられると聞きました。
今が最後の峠であり、ここを乗り越えることに全精力を傾けておられます。
そんなお母様の御心情を尋ね求めつつ、
私たちも同参しなければならないと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:41 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月20日

霊肉界の四位基台が成された! これから私が2世3世を教育します! 《真のお母様》



180320 20180302.jpg


真のお母様が、世界の責任者に語られたみ言です。
最近のお母様のみ言を凝縮したような内容です。


いま、真の父母様は、全世界的に祝福活動、
祝福活動は、真の家庭運動ですね。
「真の家庭」です。

神様に正しく侍ることのできない堕落した人類の前に、
真の父母様は祝福結婚を通して、
真の家庭をつくってあげるのであり、
その真の家庭は、各自責任が伴うようになります。

人類の願いは、神様と共に生きることです。
天の父母様と子女として共に生きる世界!
人類一家族です!

そのようになれば、今日、世界で起こっている
葛藤、戦争、様々な大変な出来事は起こりはしません。
そのようになるまで、真の祝福を通して、
正しく天を見ることができるように教育すべきなのが、
今、私たち家庭連合の、祝福家庭の責任です。

太初に、神様がアダム・エバに期待されたことは、
絶対信仰、絶対愛、絶対服従によって完成し、完成した
位置に神様が共にいらっしゃることです。

見えない天の父母様が、見える真の父母として顕現され、
この世を治められ、永遠の世界まで共に暮らしたい
というのが、天の父母様の夢でした。

そして、真の父母が地上に顕現するまでには
数多くの困難な蕩減復帰摂理歴史が続いてきました。

この時代において、真の父母の名は、
堕落した人類にとっては奇跡です。

基元節の時に、私ははっきりと言いました。
真の父母は75億人類の真の父母です。
私は宇宙の母です。
一家庭の母だけではなく、宇宙の母なのです。
そうであれば、天法に従って行わなければなりません。

6000年蕩減復帰摂理の末に、独り娘である
真の母が誕生したことは、人類にとって最後なのです。
真の父母は6000年を経て初めて現れた方であり、
これ以上、真の父母はありません。

全体75億人類が、真の父母の前に息子、娘です。
中心人物は、ために生きる真の愛を
より実践し、努力する人です。
公平です。
平等なのです。

お父様が霊界に行かれたため、今や、霊肉界を中心として
四位基台は全て造成されました。

これからは、三世を教育します。
ですから、これ以上の蕩減を残さないように、
教育します。

真の父母様が立てた伝統、法度を
継承、発展させるということです。

自我が入って、自己中心的に何かを判断し、
行動するということはありえないことです。
一つの世界です。
永遠にです。

これから二世、三世をたくさん教育し、
中心人物として立てようと思います。


天地人真の父母様招請指導者特別朝餐会
天一国6年天暦1月15日(陽2018.03.02)
天正宮博物館


お母様は未来に対して、
とても希望的なみ言を語ってくださいました。

二世、三世を特別に指導してくださり、
おそらく今後においても、
さらなる方向性、目的を持って、見つめておられ、
そのごとくの教育がなされていくのだと思います。
本当に希望です。

また、「四位基台は全て造成されました」と語られたお母様。
これは、まだ多くの批判にさらされていますが、
お母様御自身が語られているのですから、
それが真実であるということだと思います。

そして、三位一体となって歩まれるお母様ですから、
お母様と一つになれば、
全てが導かれ、勝利できるのです。
そのことを絶対信仰を持って、
これからも歩んでいきたいと思うのです。


ブログに対して頂くコメントについてです。
読んでいただいていることは本当に感謝であり、
コメントをいただくことは、とてもありがたいです。

ただ、私の記事の内容とは、全然関係ない
(あるいは延長線上に関して)
コメントをいただく場合があります。

内容によっては、コメントの掲載は
ブログ主の一存で、控えさせて頂くことがありますので、
その際はご了承いただければと思います。

また、コメントの中には、
私の記事をよく読まれないで、批判的なご意見や
質問をされてくる場合などもあります。
よく読んでいただければ、誤解が少なくなるかと思います。

他の記事でそれに答える形を取る場合や、
コメントに返信できる場合もありますが、
現在ブログを作ることで精いっぱいの状態であり、
時間的な余裕がありませんので、
コメントの返事に関しては遅くなったり、
まったくできない場合もあると思います。
どうぞご理解くださいますよう、お願いいたします。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 09:09 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする