2018年03月16日

真の父母を誇りたい神様、私たちを誇りたい真の父母?! 《金元弼先生》3



180316 IMG_3227.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言、
続編です。



実りを誇りたい神と真の父母

私たちがこの道に導かれ、神のみ言と愛に出会った時の感動を、
いま一度思い浮かべてみましょう。

私たちをこの道に導いた方には、導くための目的があったはずです。
その目的は、ただ私たちを幸せにすることだけではありません。

幸せになった私たちを通して、世の中のすべての人々を
幸せにしてほしいという目的で、私たちを導いたのです。

ですから、私たちを導くために神が、
そして真の父母がどれほど難しい道を乗り越えてこられたかという、
その背後の心情を、私たちは今から勉強し、
それを身につけていかなければなりません。

そして今の私たちにまで先生が導き育ててくださったことを思うとき、
真の父母の心を、神の心を、私たちは世の中の人々に
伝えていかなければならないと思うのです。

私たちは、真の父母の弟子です。
先生が心を尽くしたその実りが私たちですので、
実りである私たちを世の中の人に見せて、
そして誇りたいというのが真の父母の心であることを忘れてはいけません。

私たちを「神の子だ」と言って、ただただこの世の中の人々に誇りたいというのが、
真の父母の希望であるということを考えるとき、
私たちがどのように生きなければいけないかということをつくづく考えさせられます。

神における実りはだれでしょうか。
それは真の父母です。

神はすべてを尽くし、真の父母を導いたのですから、
その実りであるメシヤを人類に誇りたいのが神の心です。

そしてメシヤは、尽くして、愛してくださった神を誇るのが喜びなのです。
サタンに勝利し、愛を勝利したことを誇るのです。

そして、真の父母の実りが私たちであるなら、
真の父母をたたえることが、私たちのすることです。

ですから私たちは、真の神の伝統、真の父母の伝統をもって、
今度は世の中の人々に尽くして、実りを実らせていかなければならないのです。

世の中の人たちをカインと見るなら、私たちはカインに尽くし、
実りを実らせることにより、このカインである世の中の人たちを褒めたたえ、
誇ることが私たちの喜びでなければならないということになります。

そうなれば、カインの人たちは、自分を幸せにしてくれた
そのアベルを誇りたいということになるでしょう。

ですからこのカインの人たちは、神の伝統、真の父母の伝統、
アベルの伝統を受け継いで、次のカインの人たちに愛を施していくでしょう。

このように、神はメシヤを誇り、メシヤは私たちアベルを誇り、
アベルはカインを誇り、カインは次のカインを誇るのです。

ですから真の父母が私たちを誇ることに対して、
私たちは裏切るようなことがあってはならないのです。

私たちを誇りたい真の父母
1987年5月4日 
ドイツ・カンベルグ修練所(欧州リーダー会議)



このみ言を読みながら、
ふと、自分の過去の歩みを振り返りました。

導かれる前にもいろんなことがありましたが、
導かれて、一番大変だったのが、
やはり二度の拉致監禁の体験でした。。。

幸いにも心や体の病には至っていませんが、
それでも、トラウマというか、そのことを思い返すと、
心には明らかに空洞のようなものが存在しています。

しかし、それでも、私は「導かれた」と思います。
すべての歩みは、神様、真の父母様の通過した心情を思えば、
乗り越えることができるし、逆に言えば、そのことによって、
神様、真の父母様と深い結びつき、絆ができました。

だからこそ、神様、真の父母様を誇りたい、
誇らなければならない、と強く思わされるのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:19 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする