2018年03月19日

リーダー人事! その時どのように対するか?!  《金元弼先生》5



180319 IMG_3236.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
今回のシリーズの最終回です。



リーダーとメンバーの在り方

私があるセンターのリーダーだとしましょう。
その場合、私はメンバーのためにいろいろ尽くしていくことでしょう。
ところがそこに、素晴らしい人が私の代わりに来たとしましょう。
するとメンバーたちは、その新しいリーダーを慕うようになります。

そうなれば、私の心は寂しくなります。
それは、その新しいリーダーよりも、
私にもっと近くなってほしいという心があるからです。
このような場合、私はどうあるべきでしょうか。

寂しく感じるのは、私が新しいリーダー以上に
メンバーに対して尽くせなかったからです。
もし、より高い愛でメンバーに尽くしたとするなら、
そのようなことは感じないのです。

もしそのような寂しい思いがあれば、他の責任分担において、
寂しい思いが起きないくらいに尽くすことです。
皆さんはリーダーですので、いつも移動しなければならないので、
よく覚えておいてください。


では、そのメンバーの立場から考えてみましょう。

どのように考えなければならないのかといえば、
前のリーダーより、より良くしてくれるリーダーに会った時には、
「どうして私たちは、前のリーダーに対してより良く尽くせなかったのだろうか。
足りなかった分、今のリーダーにより尽くしていこう」
と思わなければならないのです。

ある時には、新しいリーダーが劣る場合があるでしょう。
そういうときにも同じく
「前のリーダーの時に本当によく尽くせず足りなかったので、
今度の新しいリーダーに対して尽くしていかなければならない」
と、このように考えるのです。



永遠なる神の約束

アダムとエバは、神との約束を破りました。
しかし、神は愛なる神であるがゆえにその約束も永遠です。
ですから神は、その約束を永遠に守っていかれるのです。

「完全なるプラスがあれば、マイナスは自動的に生まれる」
というみ言のとおり、人間が滅びずに、この世に残っているということは、
神がその約束を守っておられるからです。

ですから、最初のアダムは亡くなりましたが、
神がその約束を守るがゆえに、第二アダム、
第三アダムを立てることができるのです。

第一、第二、第三のアダムはその外形は違いますが、
神の最初の体としての、人類の先祖としてのアダム
ということには変わりがありません。

一、二、三は一つなのです。
ですから、一のことは二に関係がないのではなく、
二のことは一にも三にも関係があるのです。
一が失敗しても二が失敗しても、三が勝利することにより、
全部勝利することができるのです。


ですから私たちリーダーにおいても、ある地域復帰のために、
最初の開拓者、二番目の人、三番目の人がおり、
現在では二十代目、三十代目になっているだろうと思います。

しかし、この人たちはその地域復帰という観点から見ると、同一人物になるのです。
名前は違いますが、同じ人です。
ですから最初の人のものを、次の人がすべて引き継ぐのです。
良きものも、良くないものもすべてです。

それは前の人のものだから私とは関係ないとするならば、
「蘇生がなく、長成がなく、完成だけがある」と言うのと同じことなのです。
蘇生なき長成はなく、長成なき完成もないのですから、
この三段階というのは一つなのです。

このように、先生が私たちに示してくださった内容をよく理解して、
訓練の場を通して、永遠に私たちを、神の前で、人類の前で誇りたいという、
真の父母の心情を裏切らないようにしていきましょう。

私たちを誇りたい真の父母
1987年5月4日 
ドイツ・カンベルグ修練所(欧州リーダー会議)



私の勝利が過去の失敗を埋め合わせ、
全ての勝利に繋がっていく。。。
本当に素晴らしいことです。

真の父母様が勝利されることで、
アダムの失敗、イエス様の失敗があったけれど、
「いろいろとあったけれど、あなたの勝利で
全てが解放された・・・」
神様ご自身が解放されたように、
真の父母様の勝利は偉大なものです。

私たちも神様から
「過去の先祖、あるいは過去の地域、
いろいろとあったけれど、あなたの勝利で
全てが解かれた。。。」
そのように言っていただけるよう、
精誠を尽くして歩んでいきたいと思います。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:28 | Comment(1) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする