2018年05月31日

世の中の人が立派に見えるのはどうして?! 《金元弼先生・質疑応答》3



12794494_1057820377612443_2058922710712891345_n.jpg


金元弼(ウォンピル)先生のみ言。
日本の姉妹との質疑応答、最後の質問です。


世の中の人々と私たちの違い

  質問:伝道しなければならないのは分かるのですが、
     周囲を見ると外的に自分よりいい生活をしているし、
     自分のほうがもっと問題をもっているように思えてきます。
     深く考えれば分かるのですが、往々にしてやはり難しいのです。
     どうしたらいいのでしょうか?


それは大切な点です。
皆さん、これから私が話すことを忘れないでください。

世の中の人々も私たちも夫婦げんかをしますが、
彼らと私たちとでは何が違うのでしょうか?
また、世の中にもけんかをしない、仲のいいカップルがいます。
すると「いやー、私よりその人たちのほうが素晴らしい」と考えるでしょう。

また、既成教会に行くと、とても神聖に見えます。
その教会の人たちは仲がいいように見えます。

「私たちよりも、この教会にはもっと愛がこもっている」と考えませんか?
「私は惨めな服を着ているのに、あの人はミンクのコートを着ている」
「いやー、私よりも素晴らしいではないか」と。

そういうことを考え始めると、日常生活に振り回されて、
全部その人たちのほうが私たちよりも素晴らしいように見えてくるのです。
その人たちも愛について語っているし、私たちと何が違うのでしょうか?

そう考えると、私たちは惨めで、幸せでないように思われてきます。
しかし、深く考えればそうではないのです。


例えば、ここに傷があるとします。
なかなか治らないので、薬をつけます。
しかしまだ治りません。

それで人々は包帯をします。
そうすれば、外から見ると非常にきれいに見えます。
そして化膿したものが出てくると、包帯を取り替えます。
そうすればまたきれいに見えます。

宗教にしても何にしても、世の中というものはそういうものです。
愛について話しても真の解決の道がありません。

幸福、平和、哲学の内容とか、世の中の人々はいろいろないい話をします。
しかし、それは傷口に包帯をするのと同じなのです。
時間がたってみると、また汚いものが出てくるのです。

(既成)教会に行けば、きれいなみ言でいい答えを見つけ、
人々は仲が良いように見えます。
世の中の夫婦を見たら、良い車に乗って、素晴らしい家に住みながら、
いつもキスし、仲が良いように見えます。
しかし問題があるのです。

ある夫婦は離婚して再婚します。
それもまた、きれいな包帯をするようなものです。
これで幸せになると思っても、まだ幸せではないのです。


ところが私たちの教会はどうでしょうか?

私たちの教会は世の中とは反対に、この包帯をどんどん解くのです。
そうしたら汚いものが出ます。
そして、また包帯を取るのです。
そうすればもっと汚いものが出てきて、また包帯を取っていくのです。

世の中の人々は、堕落性というものをそのままにして、
美しい言葉の白い包帯をしたようなものです。
ですからいくら巻いても、また出てくるのです。

ところが私たちは、反対に取っていくので、
見た目は汚いかもしれませんが、だんだんと問題が解決されてくるのです。


「信仰生活についての質疑応答」
この質疑応答は1987年1月29日の説教
「祝福家庭の使命」の後になされたものです


私たちは決して完璧な人間でもなく、
質問のように、正直、周りがよく見えてしまうことも、
往々にしてあったりします。

しかし、元弼先生のみ言を通して、
神様から、励まされている感じがしました。

天一国時代に入って、神様の目から見れば、
食口であっても、そうでなくても、
同じ心情圏の中にいるのですから、
私たちが、自分の問題・傷に主管されることなく、
誇りをもって、堂々と歩むことが、
世の中の人たちのおおい隠されている悩みや問題を
解いて、さらに傷を癒していく、
そのような道につながると思うのです。

この質問に対するお話は、まだ続きがありますので
いずれ掲載します。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


〜このブログの文字が小さいというご指摘について〜

いつも当ブログを愛読して頂き、ありがとうございます。
ごもっともなご意見なので、
即変更していきたいところですが
このsesaaブログのサービスでは、
通常のサイズと拡大と、縮小の
3タイプのサイズしかありません。

大きくするとなると拡大ですが、
pc用の画面で、1行24文字までになり
一つ一つの記事がとても長くなってしまいます。
いずれ大きくすることも検討したいと思いますが、
今しばらくは、これまでのサイズのままにしていきたいと
思いますので、小さくて不自由をおかけしますが、
皆様の方で、表示を拡大するなど
工夫して頂けるとありがたいです。

*Windowsの場合
Windowsマークと;(+のキー)で簡単にズームになります
ダイヤグラムが出るので、そこで
2倍にしたり戻したりすることができます



※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

お母様の考案、ヨーロッパでお披露目、つつじ祝祭でも?! <祭司長の帽子の意味は>



180530 20180505.jpg


先日、清平で行われた清平つつじ大祝祭で、
大きな役目を果たされた人がいます。
ヨーロッパにも同行して、使命を成されたということです。

李基誠(イ ギソン)韓国会長が
先祖祝福式で語られたみ言。
後半部分のみ、抜粋して紹介します。


キリスト教の基盤の上に再臨主が来られました。

(ご父母様が)来られるとき、イエス様が準備した数多くの基盤を持って、
数多くの群れを引き連れこの世に来られましたが、
悪霊界は数万の群れではなく、もっと多くの悪霊界があったというのです。
行くところどころに反対が起こりました。

しかし、その中でより善なる生活をした人たち、
霊形体となった人たち、生命体となった人たちの力を借りて、
真の父母様はつらく厳しい戦いをされました。

億万のサタンと争って勝つとき、それらの力を借りられました。

私たちも善なる先祖の力を借りて戦ってきたのです。
今、善なる先祖たちは普通の先祖ではなく、霊界の修練所を経て、
絶対善霊となっています。
私たちが主なる勢力を借りて進むなら、み旨は早く成就します。

地上天国は地上の祝福世界化を通してなされるし、
天上天国は天宙祝福を通してなされます。
地上と天上が地の果てまで祝福する、天宙祝福時代に到来したということです。

よって我々祝福家庭の権勢がどんどん広がっていくと、
天地人真の父母様の権限も広がります。
空中権勢、霊界での権勢を掌握された天地人真の父母様です。


ですから、(お母様は)神(しん)日本を宣布され、神韓国を宣布されました。
神韓国宣布以降、この韓国には大きな進化がおきました。

神アメリカを宣布されました。
また、神アフリカを宣布し、驚く変化がおこっています。
今回、ヨーロッパに行かれて、神ヨーロッパを宣布されました。

今回のヨーロッパ大会は本当に奇跡のような勝利です。

何千名を集めるのも難しいところに、
1万名を超える人が集まり、驚くような奇跡がありました。
チケットがなくて入れない人が外に沢山溢れるぐらいの
奇跡の役事がヨーロッパで起きました。

皆さんはすでに神氏族メシヤの祝福を受けましたね。
そこに神(しん)という字がつくことが、どれほどの祝福でしょうか。

今後、神アジア、神中南米など、大陸に祝福が連結されます。
すると神世界が成就し、神天宙が成就し、
天地人真の父母様を中心とした実体的統一世界が成就します。


お母様がアフリカに行ってみると、族長たちが大会に参加されたときに
背広を着ている人はあまりいませんでした。

神聖な民族衣装をまとい、帽子も大きい帽子、
ある人は昔王様たちがそうであったように
大きな傘を持たせて室内でも日傘をさしていました。

お母様はその後、じーっと考えられて、
祭司長には何か服装が必要と研究されて、
頭に何かをかぶらなければならないと、準備してくださったのが、
今回、(わたくしが)告天文を読んだときの衣装です。

帽子は二つの山のようになっています。
これは真の父母様を象徴しました。

天の父母様の中にいらっしゃる聖なるお父様とお母様、
二つの山がありますが、
実体的な真の父母様、そして全人類を象徴する形で作りました。
帽子の中に天の父母様、天地人真の父母様と全人類が入っているのだということです。

それを不足なるわたくしにかぶらせてくださって、
そして今回、ヨーロッパで告天文を読まなければならないと
おっしゃいました。

一番最初にその衣装を着て行事をしたのがヨーロッパでした。
通性祈祷(代表祈祷)のときには涙が自然に出てきました。


マウトゥハウゼン(強制収容所)の解放式を行いました。
あの場所で、想像できないほどの罪深いことがなされました。

清教徒という名前で、みんな死ぬときには、
イエスの名によって葬式をしたはずです。
イエスの名によって生まれ生きる人が、恐ろしい罪を犯しました。

自分の政治体制に反対する人たちを捕まえて、
裸にさせてシャワーさせて、寒い天気の中に外に出して、
寒くてガタガタ震えるようにさせ、服を着せてから、
夏でも冬でも1か月、一か月半が過ぎて、やっとシャワーできるぐらい。

じわじわと殺すために、少しずつだけ食べさせ、
完全にあばら骨が見えるぐらい痩せて、
重い石を背負って階段を上っていく中、そのまま転げ落ち、
下から上がっていく人も、またその石に打たれて、
そういう人たちを整理するために、毒ガス室で殺し、銃で撃ち殺し…。

そういったすさまじい、恐ろしい罪を犯した人が
まさしく私たちの先祖の中にもいるのです。


そのような過去の全てを整理してくださり、天上世界をきれいにし、
地上世界を救い、統一してくださる、天地人真の父母様。

驚くような権限を行使され、神世界、神天宙が遠くないことを
感謝しなければなりません。

それでお母様は、奇跡のような摂理の春を迎えましたと言われました。
今、お母様と一つになればできないことはないと言われています。

すべての絶対善霊たちがお母様のなされることを支援し、協助しているがゆえに、
お母さまを呼ぶ懇切なる祈りの中に実体聖霊の役事が起こります。

祈祷するときお父様だけではなく、お母様を呼んでください。
目に見えるお母様がいらっしゃいます。

深い祈祷の中でお母様と一つになればできないことがありません。
絶対善霊の驚くべき役事が起きるのです。

実体聖霊が臨まれると、み言の能力、祈祷の能力、愛の能力を受けます。
頭の世界ではなく、神霊と真理で牧会する指導者になる時、
我々の教会は、聖霊の役事として驚くべき復興を成すことでしょう。

自然で分かりやすい日本語になるように
編集しました。文責:ten1ko2


李基誠韓国会長は、清平修練苑の苑長も兼任しておられます。
韓国が清平に連結され、
霊的にもとても復興していると聞いています。

先日の解怨式での服装は、
お母さまの発案だったのですね。。。

ヨーロッパでの解怨式は、ゴレ島と違って、
お母様を国家的にお迎えできなかったので、
お母様が参加されなかったと聞きました。

それでも、お母様公認の中、韓国会長を中心に
行われた解怨式を通して、
ヨーロッパも霊的に大きく変わってくると思います。

『清心一、萬勝一』
清平と一つになっていきたいです。






にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

お母様の一日は?! 〜世界で最も美しい言葉「オモニ」! 《李成萬副会長》1



12795319_1059008307493650_6350536499152710444_n.jpg


李成萬(イ ソンマン)副会長の寄稿文
「世の中で最も美しい言葉・オモニ」より
『私が見た真のお母様の一日』を紹介します。


真のお父様のご在世時、1997年から15年間、
毎朝5時に訓読会が開かれました。
1時間以内に終了したことはほとんどありません。

2、3時間は短いほうで、
正午や、時には午後まで続く日が多くありました。
あるときは夕方になって終了したり、
次の日まで継続されたりしたこともあります。

真のお父様は、訓読会場に入場され、
「私は起床して、先にこのみ言を
2、3時間訓読してから出てきた」
とおっしゃる日も少なくありませんでした。

だとすれば、お父様は何時に起床されたのでしょうか?
間違いなく5時よりははるかに早い時間です。
少なく見積もって、1、2時間前だとしても、
午前3時か4時には起床されたということです。


では、真のお母様は何時に起床されたのでしょうか?
時々、このようなことを考え、気がかりでした。

お母様は訓読室に入室されるとき、
いつも美しく化粧をして登場されます。

したがって真のお母様は真のお父様と
同じ時間に起床されるか、
むしろ先に起床されているだろうということは、
容易に知ることができます。

お父様が聖和された後にも、
お母様はお代わりになることがありません。
お近くで侍る誰よりも早く起床されて、
祈祷、精誠をささげられます。


真のお母様にお仕えして、
外国を巡回した時のことです。

ある日、お母様のお近くで補佐をする姉妹に、
今日お母様は何時に起床されたのかと尋ねたことがあります。

彼女は、「明らかに2時頃に起床されました。
その後、再びお休みになったかどうかは分かりませんが、
私が再び4時に目が覚めたときには、
すでに起きていらっしゃいました」
というのです。


真のお母様の朝食時間は、午前6時30分です。
いつも化粧を完璧に終えられ、
そのまま外出もできる身なりで
食卓に向かわれます。

午前7時から朝礼を主管されます。
いつも、文善進世界会長ご夫妻、
文妍娥様、文薫淑様ほか、
3人の責任者が参加します。

案件によっては、韓国家庭連合の会長や
摂理機関長など、関連の責任者が同席します。
私も清平で行事や会議が開かれるときは、
この朝礼に参加させていただくこともあります。

最初に前日までの世界情勢、
国内外のトップニュースと
イッシュー(課題・問題、検証すべき本質的な目的・論ずるべきテーマ)に関する報告をします。

次に、各大陸と宣教国の主な統一運動の関連報告が続きます。
真のお母様は傾聴され、指針や指示を下達(かたつ)されます。
摂理的意味を説明し、み言で指導されたりします。
意見や代案を示してくださいます。


真のお母様の昼食時間は、ほぼ毎日、正確に12時時です。
特別な日程があり、11時30分に召し上がる日もあります。

午前、午後の執務は、案件に関する責任者を呼ばれて、
特別報告を受けられたり、指導されたり、
会議を主管されたりします。

夕食の時間は午後6時です。
その後にも、全世界から上がってくる
大小の報告書およびメールに接されます。

また、東奔西走の日程の中でも、
散歩、黙想、音楽鑑賞など、健康維持と
体力鍛錬のために必ず時間を割かれます。



文妍娥様の証しも最近書いていますが、
真のお母様のお傍で侍っておられる方の証しは、
本当にお母様がどんな生活をしておられるのか、
ダイレクトに伝わってきます。。。

時間もきっちり主管しておられるのですね。
全てに責任を持たれているゆえであるだろうと思いますが、
お母様の生活基準を少しでも
見習わないといけないですね。。。

不定期に続きます。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 13:50 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする