2018年08月03日

新約→成約→ 今は何時代?! 万民がいくべき宿命の道とは?! 《徳野会長》



180803 20180729.jpg


新約は過去となりました。
真の父母によって
成約時代が成し遂げられました。
しかし、成約時代も今や
過去のものとなりました。


真のお母様
(3.16 ラスベガス) 



『祝福家庭』最新号(89)で徳野会長のみ言が紹介されています。
題目は、「真実を語られる真のお母様の心情、事情、願いを正しく理解しよう」です。


現在は成約時代ではなく、天一国時代です。

天一国時代の民として、
資格を備えるその位置は、どこでしょうか。

皆さんが果たすべきは、氏族メシヤの責任です。

氏族メシヤの責任は、
430家庭で終わるのではありません。

その430家庭が皆、
430家庭をまた勝利するとき、
その基盤は国家基盤から世界基盤として
拡大していくのです。

それほどにも、
天の父母様(神様)が願い、人類が願う、
『天の父母様のもとの人類一家族』の世界が、
今日の現実において、実現されうるということを
皆さんは知らなければなりません。

真の父母様勝利帰国特別朝餐会 4.10

全祝福家庭にとって神氏族メシヤの使命は、
430家庭を祝福に導くことですが、さらにその430家庭が
それぞれ430家庭を祝福に導いて勝利していくとき、
国家に影響を与え、世界に影響を与えるような基盤ができるというのです。

天の願いである430家庭の勝利家庭が次々と繁殖していくことで、
国家基盤、世界基盤が具体的に実現していくという意味です。

日本では久保木家庭をはじめ、
小山田家庭、古田家庭、周藤家庭が430家庭を勝利しています。

それに続くために、教区代表チャレンジ家庭と教会代表チャレンジ家庭を核として、
教会全体でサポートする取り組みを実施しています。

もちろん430家庭の祝福は、私たち全員が目指さなければなりません。
そのためにはまず、霊の子の数をはじめ、霊の孫の数を
把握することから始めなければなりません。
会長の立場にある私も、皆様と同じスタートラインにいます。

真のお母様は、基元節5周年の一連の行事後に
最高委員会の最高委員の方々に対しても、
「430家庭を絶対に勝利しなさい」と激励されています。

文姸娥(ムン ヨナ)様に伺った話では、お母様は子女様を集めて、
「真の子女も430家庭を勝利しなければなりません。
姸娥、あなたが先頭を切って実践するのです」とおっしゃったそうです。



お母様は、孝進様の奥さまである、妍娥ニムに対しても、
430家庭をするように語られたとのこと。

かつてお父様は、
「7年路程は、万人が歩む公式路程である」
そのように語られたことがありますが、
同様に、万人が行くべく準備してくださったのが、
『神氏族メシヤ』の道だと思います。

千里の道も一歩より。。。
頑張っていきたいと思います。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする