2018年08月14日

悩みがある時、苦しい時、病気の時、寒さに震える時・・・お父様の克服法?! 《李ヨハネ先生のベストアンサーG》再び




李ヨハネ先生のベスト・アンサーです。


 (質問八) 一つのことを考え悩むと兄弟にも話せず、
       体にも現れて一人苦しむのですが


悩みがあるとき、それをいかに告白するかです。
その時は、まず祈祷する。
率直に祈れば、だれに言えばいいか方向が出るのです。

私のためにいる人、私の苦しみを聞いて
自分のごとく考えられる人に話すのです。

そういう人がいなくても、そういう祈りをしていると、
時が過ぎると解決するのです。
期間が条件となっているからです。

苦しむ以前の心構えでいれば、解決するのです。

私のためにいる人でない人に、報告する必要はないのです。
なぜなら、私の秘密をサタンに渡す可能性があるからです。


悔い改めるものが分からない場合は、
自分は歴史的なものを蕩減するのだと考えるのです。

兄弟もこういう苦しみの中にいるということを、
自分の苦しみではなく、兄弟がこれ以上の苦しみをもって
勝利したと思って、自分の苦しみを甘受する。
これが公的な、原理的な考え方です。

イエス様は目の不自由な人を見て、
「これは自分の罪でも、祖先の罪でもない」と言われたのです。
何のため、神の栄光のためだというのです。

私たちも苦しみに遭った時、皆の罪を贖罪するために、
神の栄光を現すために、そしてこの苦しみを自分で消化すれば、
人の苦しみまで担当できるのだ、
「苦しみよ、もっと来い」と言わなくてはならない。

この勇気をもっていれば、苦しみは恐ろしくて、
すぐに逃げ出してしまうのです。
本当です。


すぐに解決しようとする者は、弱虫だ。

病気を治そうとする者も、病気が来たら、
「これを通じて神に栄光を返す道ではないか。
この時は兄弟の苦しみ、歴史的な苦しみを味わおう。
もっと病気にかかって神の苦しみを任せてください」
と言うものは生きる。

病気を治そうとする者は、病気に引っ掛かるのです。
病気そのものを無視しなければならないのです。


大先生から教えられた方法ですが、
深呼吸をし、いっぱいためておいて、
一度に全部はき出すのです。

そうすると、全身の細胞がよみがえるのです。
足の先まで温かくなる。

体の調子が何かおかしいと思ったなら、闘うしかない。
よし、来るなら来いと。


大先生は四十日間、冬の開拓に行っている学生たちに、
そこでは食物がないくらいなので、
もちろんオンドルをたく薪もなく、
学生たちは冷たいオンドルに背をつけて
寝るので凍ってしまうというのです。

それを知った先生は、「そういう時は頭を壁につけて、
よーしと押して寝れば汗が出るじゃないか」と勇気を与えられたのです。

寒い時になぜ黙っているのか、
黙っている者は凍って死のうとする者じゃないか。


その話を聞いてから、体の痛む時は、痛い箇所に力を入れてみるのです。

「きょうは調子が悪い。早くふとんに入って……」というのは、
「病気よ早く来て、私の中で成長してください」と言っているのと同じです。

苦痛が来たら、「もっと任せてください」と勇気を出して祈るのです。
これは神様から与えられたと思いなさい。
サタンからではない。

サタンも神様から許可を得てから与えるのです。
サタン自体が直接もってくるのではありません。


「病気になったから神様、どうか早く治してください。
貧乏だから、どうか神様、お金持ちにしてください」
というのは既成教会の祈りです。

何でも神様を僕のように、「あれやこれをしてください」
これは今までの信仰です。

悪いものは私たちに、死しても私たちに任せてください。
いいものは、あなたに返します。
こうする者は、死のうとしても死なない。
全く反対です。

(月刊『聖徒』1975年1月号〜4月号掲載)


神様とともにある祈りは
超アベル的思考の祈りですね。

『全て神様から与えられたもの』
そのような捉え方には、サタンの侵入する余地がない、
そのように感じます。

常に神様を先立てながら、物事を見つめていく。。。
そのためにも、主とともにある、深い祈りが大切ですね。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:00 | Comment(1) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする