2018年08月27日

お父様の聖和後、お母様がどのように侍られたか?! 《聖和21日のメッセージ2》



ScreenHunter_03 Sep. 26 08.09.jpg
☆霊前のお父様にお食事を差し上げるお母様☆


6周年聖和祝祭、天宙祝福式の日を迎えました。
喜びの一日となりますよう、お祈りいたします。

昨日の続きです。
これは、お父様の聖和21日目の頃のメッセージですが、
お母様は40日間、
毎日三度お父様に食事を捧げられました。


昨日、ある食口が、お父様をお送りして
とても寂しいと言われながら
お父様が恋しくて
お母様のお顔でも一度
お目にできれば力が出るだろうと
聖日に天福宮へお越し頂けないかと
お願いされる話を聞きました。

出て行きたくないはずがありません。
出て行けない事があるでしょうか。

ただ、今は40日間霊前に
食事をお供えする期間なのですが、
今日が21日目です。

お父様は天上でお仕事をされていても
食事の時間になれば必ず来られます。
霊前の食事は
朝7時、正午、午後6時と決まっています。

普段はそのように食べることはありませんでしたが、
霊界に逝かれた後は、
必ず時間を守られます。
私はそれを実感しています。

私は毎日お父様と対話をしながら暮らしています。

食事の時間になれば
お父様が普段好んで食べておられた
お味噌汁、いろんなおかず等
あれこれ説明をして美味しく召し上がることが
できるようにお勧めします。

一日3回霊前に食事をお供えするので
私が自由な時間が多くありません。

お父様が生前このように時間に合わせて
その都度お食事を出してあげることが
できなかったので、この期間だけでも
私が精誠を尽くして侍りたいと思います。



皆さん、お父様が聖和されたその瞬間
私はお父様が人類のために願われて
志された内容を私の寿命のその日まで
成し遂げますと約束しましたね。
ですから私は最近忙しいのです。

複雑な韓国の教会事情を再整備し
一心不乱に統一教会の信念と
真理を中心とした
教会の伝統を探し立てようと思います。

自発的な教会へと成長させようとする
目標を持って、今は多くの幹部たちと
多くの指導者たちの報告を一つ一つ受けて
新しい計画を樹立していますので、
皆さん少しだけお待ちください。

6千年ぶりに初めて来られた
再臨主・救世主・メシヤであられる
真のお父様をお送りするのに、
40日の精誠で十分でしょうか?
100日の精誠で十分でしょうか?

私たちの侍る精誠に終わりがあってはいけません。



これから韓国で新しく行われる全ての内容は
お母様が中心となり
お母様が動機となり、
始まるものだと理解してくださるよう
お願いいたします。

皆さん、いつも活き活きしている
草創期の我らの統一教会
数字と制度にとらわれず
自発的でダイナミックな教会として発展させ
常に行きたくて居座っていたい
私たちの安息の場所
温かい母の懐のような
原理中心の教会を作っていきます。

草創期のようにいつでも教会では
原理講義の声が絶えない
統一教を作っていきます。




お母様は、40日間、毎日、
三食の食事を共にされました。
さらには、その後、3年間、
お父様のお墓の前で祈りを捧げ、
侍墓(シミョ)生活をされました。

そして、お父様のために、
家庭連合を再整備すると、
決意していかれました。

このころ、お父様が聖和され、
今後の統一教会(当時)は大丈夫だろうか。
そんな声もたくさん聞きました。
「〇〇年には滅びる」
そんな予言めいたことを書いた人もいました。

しかし、現実はどうだったでしょうか。
お母様が願われたごとくになっています。
生きた神様が働いているとしか考えられません。

これから聖和6周年を迎えるにあたって、
真の父母様に喜んでいただけるよう、
決意を新たにするひとときにしていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)








posted by ten1ko2 at 06:00 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする