2018年08月28日

お母様は世界中に「独り娘」を知らせなさい! 霊能者が受けたお父様からの啓示?!



180828 20180814.jpg


昨日無事に聖和祝祭・祝福式行事が終わりました。
その内容は明日以降お伝えします。

「独り娘を100%信じますか?」
と語られたみ言を先日紹介しましたが、
霊能者のエピソードも加えた
もう少し詳細な内容をどうぞ。



<お父様からミセス・ダーストに与えられた啓示>

皆さんはミセス・ダーストを知っているでしょう。
(私が会ったときに)彼女は、
「3日前に霊界から真のお父様が
『ラスベガスに行きなさい』とおっしゃった」
と言うのです。

体が悪くて車いすに乗らなければなりませんが、
(ラスベガスに)来て、精誠を捧げていたようです。
(彼女は)私に会い、ただうれしくて泣いたのです。

その翌日、昼食に招待しました。
(彼女は)以前からお父様が現れ、
お母様のために精誠を捧げるように
願われたと証しました。

そして(お父様は)「お母様は、
世界中を行き来しながら
『私は独り娘だ』と語り続けなければならない」
とのみ言を下さったというのです。

彼女はそう言いながら泣きました。


元老たちは、私が6年前に
「私が独り娘だ」と話した時、
半信半疑だったでしょう。

今、霊界にいらっしゃるお父様の願いは、
私が独り娘であることを
全世界の宗教界や人類が知ることです。

それが人類の希望であり、
天の父母様の夢が成し遂げられる中心なので、
もっと強く話すべきだということです。

宗教の壁。
これは独り娘によって全て崩れます。

真の父母を通してのみ、堕落した人類は
天の前に出て行くことができるので、
真の父母に出会い、
真の父母の祝福を受けなければならないからです。

いずれかの宗団の最高指導者として
有名になったところで、
真の父母の祝福を受けずに天国に行くことはできず、
神様の前に出ることもできません。

独り娘がこの地に現れなければ、
再臨のメシヤは(み旨を)完成できません。

独り娘に出会って
真の父母の位置に出て行かなければならないのです。

今や皆さんは、独り娘について
100パーセント信じますか?(「はい」)




<天が常に共にある人>

私が今年、外国にどれほど行き来しましたか。

医師は、「70歳を越えたら、外国に行くのは
慎んでください。必ず行かなければならないなら、
1年に1回くらいです」と言います。

しかし1年に東西南北を往来します。

12年ぶりに南米に行くと、食口たちが本当に
(私を)慕い、「再び、いつお会いできるだろうか?」
と言うのです。

同じ時を生きる75億の人類が、
(真の父母の存在を)あとで分かった時に
どれほど泣いて嘆くでしょうか。
そのように考えると、本当に切ないです。

私は地上にいるので、食口たちは
会うことができますが、
お父様に再び会うことができない人々は、
本当に気の毒ではないですか。

天がこのひとときのために、
どれほど苦労されたか分かりますか? 



韓国に帰る日付を決めると、
台風(14号)が進路を変えたというのです。

そしてきょう、皆さんの顔を見ているのです。

ブラジルに行く時もそうです。

3ヵ月間、雨が降らず、皆は
雨乞いの祭祀を捧げる心情だったといいます。

ところが、「私が行く」と言うと、
私が到着する前まで3日間、雨が降ったそうです。

そして大会の日は、
(予報では)雨が降るはずなのにやみました。

そのように雨が降ると予報しても、
私が行けば日が出るのです。

それで善進が、「ハワイの天気も、
お母様が来るといえば、
ずっと雨が降っていたのに、いつも日が出る」
と言うのです。

だから私は、天が共にある人なのです。


「天地人真の父母様 勝利帰国特別午餐会」
天正宮博物館3階訓読室 8.14


南米大会勝利の後、指導者、元老食口80名を前に
お母様は終始笑顔で語られたということです。

ダースト夫人の証しにもあるように、
お父様が霊界で、
お母様が独り娘であることを
証しすることを願われている、と言います。

お母様も証ししているので、
子女である私たちも
証しをしない道理はないでしょう。

子供が親を証しすること、
それが孝情の心情を立てるということだと思います。

特に2020年までのこの時、
真の父母様を私の父母であることを証しし、
さらにはお母様を独り娘であると、
堂々と証しすることを
実践する時だと感じるのです。




にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のものです
どちらからでも応援して頂けます)




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 06:00 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする