2019年01月28日

(真のお母様の路程) すべてを語ることができない?! 断崖やいばらの道、夢の証し



190128 14moon_web.jpg


小山田先生が、「真のお母様の歩まれた道」
という証しをされています。

お母様が話してくださった夢の証しとみ言です。


今回、紹介したいのは、1992年12月、真のお母様が、
フィリピンのマニラで、千数百人の教会員を前にして証しされた内容です。
今でも印象に残っているのは、次のようなことです。

真のお母様は、この日、ある夢の話をされました。

真のお母様は、そのとき、ごらんになった夢について、
「今でも忘れることができず、
きのうのことのように思われる。」
と、語り始められました。


夢では、戦争の真っただ中、
真のお母様は、幼い孝進様を背負われ、
右手には、ようやく歩き始められた譽進様の手を取られ、
左手にはふろしき包みを持たれて、
どこまでも歩き続けられるのです。

道は険しく、茨が至る所にあるので、
服は、その茨で引き裂かれ、
血が流れているのが分かるのです。

真のお母様は、子供をあやされながら、
何かに追い立てられるようにして、
断崖や谷底を進んで行かれたというのです。

どこまでも続く道を歩きながら、
もうこれ以上、歩むことができない、
という限界にぶつかります。

その限界を越えた瞬間、夢の中で場面が変わり、
きれいなお花畑が見えてきたのだそうです。

そして、お花畑の遠方に、
真のお母様とご子女様を待っている人の姿が見えました。
そのかたが、真のお父様であられたというのです。

そのとき、ふと後ろを振り返ってみると、
真っ黒い雲の下に、谷が見えました。
“ああ、私は、あそこを越えて来たのだ。”
と、真のお母様は思われたそうです。

そして、
「よく見ると、一人、二人と、後からついて来る姿が見えた。」
といわれました。

このような夢の話をされ、だれでも、
そのような道を越えなければならないという話を、
最初にされたのです。


次に、真のお母様は、このようなお話をされました。

「普通、私を見れば、皆様には、
何の苦労もなかったように思えるでしょう。

たくさんの子供を生んで、
お父様のような理想的な夫を持ち、
夫から愛をたっぷり受けて、
何不自由のない女性のように思うかもしれません。

しかし、私には、皆さんに語ることのできない、
たくさんのことがあるのです。」


このように証しをされながら、
真のお母様は、ぴたっと、口を閉じられたのです。


私は、この場面に遭遇して、
“これは、真のご父母様しか知らない道がある。
これは、だれにも語ってはならないのではないだろうか?”
と、思いました。

真の父母のみ、ご存じであって、
子供たちは知る必要のない秘密の内容が多いのです。

2000年1月15日 ブラジル、ジャルジン
「世界平和と理想家庭のための四十日特別修練会」



お母様の夢の証しと
貴重なみ言です。

実際には、お父様は、天一国の山を肉身では
登りきることができませんでした。
お母様がその代わりに登っておられます。

お母様が「ぴたっ」と口を閉じられた
と証しされていますが、
今も同じように誰も知らないところで、
神様だけしか知らないような心情と
精誠を尽くしておられるのだと思います。

そのようなご苦労の中を歩まれているお母様の前に、
傍観者となるのではなく、
ともに歩む者になっていきたいと思うのです。。。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(1) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする