2019年02月08日

(証)「大先生」→「お父様」 まさしく「私のお父様」、生身の真の父を感じた日!



19770314 (2).jpg


草創期、真のお父様を、「大先生」と
呼んでいた頃があったといいます。

そして、真のお父様、真のお母様、そう呼び始めた頃、
12双のお姉さんの貴重な証しを
紹介します。


私は教会に来て、もう50年になります。
1963年に修練会に出て、み言を聞いて復活して、
すぐに献身の道を行きました。

それから、様々な責任分担を与えられましたが、
真の父母様ご一行の食当をする
責任を担当したことがありました。
お父様が日本を巡回する約2ヶ月間です。

私はお父様のことを再臨主・メシヤとして信じてきましたが、
どうしても真の父母、私の親である
そのような感覚を持つことは出来ませんでした。
どうしても「大、大、大先生」という意識になるのです。

食当をしながら、お父様に侍ると、
台所を通る真のお父様がいらっしゃいます。
その時も頭を下げている自分の姿があるのです。


あるとき、食事を作りながら、
本部の集会でお父様がこんなことを語られているのを聞きました。

「みんな、お父様、お父様って呼ぶけど、
お父様って言われて、先生気持ちが悪いや」


これは、私のことを言っている。。。
本当に申し訳ない思いになりました。


そんなある日のこと。
その当時、まだ5歳だったか、
孝進様が部屋におられるお父様を見て、
飛び込んで抱きつく姿を見ました。

また、誉進様がお父様のおひざに乗られ、
またお母様のおひざに乗られ、
本当に喜んでおられるのを見ました。

「真の子女様は違うな、
私はこのように出来ないな」と思いました。

また、ある同胞の姉妹が祝福を受け、
お父様の元に行くことになったとき、
彼女は、本当に嬉しそうに、
お父様に感謝の手紙を書いていました。

私は思いました。
「この人は、韓国の血統を持っている。
だからお父様にすぐに情が行くんだ。
私は日本人だから駄目なんだ」

そんなことを思っていると、
集会でお父様がこんなことを語られたのです。


「日本の情は忠孝の源」なんだ。

主君に忠誠を誓う姿が本当に素晴らしい。
主人を愛する姿が日本人のいいところだ。
武士が生命をかけて主君を守っていく。

日本人は桜が好きだろう。
ぱっと咲いて、ぱっと散る、
これは日本の精神なんだよ。

また、昔の日本の女たちは、
お嫁になって結婚するとき、
みんな白無垢の衣装を着て、嫁いでいく。
白い着物であるというのは、
「私は夫の色に染まります」
そういうことを表しているんだよ。


主に侍り、従っていく姿。
日本人はそういうところが素晴らしい。


お父様は、日本人でもないのに、
日本人以上に日本のことをわかっていらっしゃる。
本当に日本人の私を
こんなにも愛してくださっているんだ。。。

そう思ったとき、本当に泣きました。
泣いて、感謝して祈ったとき、
突然、霊的に引き上げられた感じがしました。

そして、お写真のお父様ではなく、
生身のお父様を感じました。

また、いつもどんな時にも24時間、
お父様を感じるようになりました。

それで、私は大先生から、
私のお父様という風に変わることができたのです。

hyojin.nim1.jpg


(文責 ten1ko2)

*この証しにあるご父母一行のご来日は
1967年6月から8月のことだと思われます。
翌年、3月14日、韓国で
久保木会長が、上に掲載した
「日本乃情忠孝乃源」の揮毫を頂いたといいます。



数年前、直接お伺いしましたが、
当時の証しをされながら、
涙が止まらなかったお姉さんの姿を、
今でも印象的に覚えています。

日本人である私たち以上に、
日本のことを良く知っておられるお父様。
日本を愛しておられるからなのではないでしょうか。

日本を、そして日本人である私たちを
心から愛しておられる真のお父様。
それはお姉さんや当時の先輩方に対してだけではく、
今の私たちにも同じ思いを持っておられる。。。

そのことを決して忘れてはいけないし、
その思いを持って私たちを見つめておられる、
真のお父様に心から感謝したいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:45 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする