2019年03月08日

アラスカ物語 お父様が2度海に出た理由は・・・?! 《櫻井元会長》



190308.jpg


先日、お父様の釣りのことを書いたので、
少し思わされた内容がありました。
故・櫻井会長のお父様の証しを紹介します。


櫻井先生が幹部の方とともに、
お父様からアラスカに呼ばれた時のことです。

10月半ばの冷たい雨の日でした。
真の父母様と川で釣りをしていましたが、
午後2時くらいになると手が凍えるほどになりました。

お父様はお母様を気遣われて、一緒に先に帰られました。
夕暮れになって、櫻井先生たちも帰ろうとしていた時だったのですが、
お父様はまた戻ってこられて釣りを始められたのです。


櫻井先生は心の中で、
「こんな雨の中、寒いし、暗くなったし、
サケだって、餌を欲しがる時間ではないだろうし・・・
お父様は、何であんな熱心に、今にもサケが引っ掛かる
雰囲気でやり続けるんだろう」
このように思ったといいます。

結局、その夜は10時を過ぎ、帰って夕食を食べ終わると
11時になっていました。

その時、お父様は櫻井先生の顔を見ながら、
このように話されたといいます。


「今日、先生は二回川に出たね。

 70歳を越えた老人には、
 このアラスカの10月半ばの雨と風はきついよ。

 本当は、先生は
 この暖かいノースガーデンから出たくなかったよ」


そして、このように続けられました。

 「でも、先生は、こういうきつい雨風の中にも、
 神のみ旨のために頑張っている食口たち、
 とりわけ日本の食口たちのことを考えたら、
 じっとしていられなくて、
 もう一度川に出ていったんだよ」


文責:ten1ko2



お父様の体はアラスカにあったとしても、
心は、み旨を歩んでいる私たちとともにありました。

子供が苦労している時に、
親はいてもたってもいられない思いになる・・・
それゆえに、もう一度釣りに出られたお父様でした。

聖和されるまで、誰よりも最前線で苦労され、
私たちを引き上げてくださっていました。
今もなお、真のお母様は同じように
誰よりも精誠を立てて
休むことなく先頭に立ってくださっています。

先日、教区長が特別礼拝をしてくださったのですが、
「一つの節目の前というのは、大きな峠を越えなければならない、
1920年、お父様が誕生される前の1919年もそうだったし、
ご聖婚のあった1960年の前年もそうだった。
今、2020年を迎える2019年も重要な年です」
そのようにみ言を語ってくださいました。

摂理の節目の時、
限界を超えて歩まれる真の父母様を思いつつ、
ともに乗り越えていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:20 | Comment(2) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする