2019年03月22日

☆真の父母様、珠玉のみ言集・感謝☆ 昨日よりも今日、今日よりも明日さらに感謝!



181001 20180826.jpg


「愛しています」「感謝します」
この二つが大切だとおっしゃる真のお母様。

光言社の『祝福家庭』に掲載された
「感謝」に関する、
お母様と、お父様のみ言を紹介します。


私(お母様)の生涯の座右の銘は、
いかにしてきのうよりきょう、さらに
感謝の気持ちをもって生きていくかということです。

きのうよりきょう、さらに感謝し、あすはきょうより
もっと感謝しながら生きるために努力してきました。
日ごと、感謝の気持ちをもつことが、私の人生の目標でした。

(真の)お父様はダンベリーに出発される直前に、
「不平を言ってはいけない。
立てられた立場で感謝し、感謝することによって
完全に一つとなったとき、大きな奇跡が起きる」
と語られました。
(『真の父母経』13・4・3・1)



宗教の本質は、感謝することです。

それで、サタンを防御するための
一番重要で緊急な要件を挙げなさいといえば、
「感謝することだ」というのです。
その次に、満足することです。
(『後天時代の生活信仰』142)



私たちは常に感謝しなければなりません。
まず神様に感謝し、その次に、夫に感謝し、妻に感謝し、
隣人たちに感謝しなければなりません。

感謝すればするほど、
より深い愛が連なって流れ込んできます。
たくさん感謝をすればするほど、
その感謝に比例して、
神様の愛の量がさらに増えるでしょう。

ですから、私が死ぬときには、
感謝の言葉を世の中に残し、
愛だけをもって父のみ元に帰ります。
愛の中で永遠に生きるのです。

そのときには、どれほど神様をあがめ、
感謝しながら生きるだろうかというのです。
それが夢です。

私たちは、愛の祝福の場に行くために、
感謝する生活をしなければなりません。
不幸にぶつかれば、神様もそれを御存じです。

世界で最も不幸な状況にぶつかったとすれば、
神様がそれを記憶せざるを得ません。

その場で感謝することによって消化するようになれば、
神様が「信じられる人だ」と言われるのです。
それを越えていけば、世界にまたとない福を受けます。

(『真の父母経』 13・4・3・5)


『祝福家庭』91号(2018年冬季号)読みどころ紹介E
「天地人真の父母様の『感謝する生活』に関する御言」



一番印象に残ったのが、
「感謝することによって完全に一つとなったとき、
大きな奇跡が起きる」というみ言でした。

ダンベリーに入られる前に、
お父様が語られたみ言ですが、
真の父母様が感謝して、
この期間を乗り越えていかれたので、
キリスト教における
一つの動きがあったのではないか、
そのようにも思わされます。

興南の時にも、
12名の霊の子の基台もありましたが、
お父様が感謝していかれたがゆえに、
国連軍による、興南解放の奇跡があったのでしょう。

昔、36家庭の安昌成(アンチャンソン)先生が、
「不平不満は霊人体の毒薬です」
そのようなみ言を語られたのを思い出しました。

与えられた環境に対して、
感謝するか、恨みや不平不満を持つか、
そのことによって、霊肉共に、
大きな影響を与えるのです。

真の父母様がそのような生活をされているのですから、
私たちも子女として、
同じ道を歩み、
奇跡を起こしていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 18:58 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする