2019年03月30日

お祖母ちゃんと孫の物語?! お年寄りを大切に、天国生活の手引き 《浅川先生》



190330 130517.jpg


天国生活といえば、3世代が仲良く暮らすこと。

浅川先生の、幸福を引き寄せる秘訣、
「愛天愛人愛国」のお話です。

神様との生活を「お祖母ちゃんと孫」の話を例題に
話してくださっています。

(以前紹介した講話と同様の例え話が
2か所ほど出てきますが、ご了承ください)

文鮮明先生は、

「三代が一緒に暮らす家庭を勧めています」

(自叙伝、222ページ)

そして、祖父母を愛し、挨拶をすることが、
幸福な家庭の生活内容だと言われます。


「幸福な家庭の生活とは、どのようなものでしょうか。
 ……朝起きれば、お父さんとお母さんも、
 おじいさんのところに行ってあいさつし、
 孫と孫娘もあいさつしなければなりません


(『愛天愛人愛国』、80、81ページ)

どうやら、幸せを引き寄せる生活の秘訣は、
お年寄りを大切にすることにあるようです。

おじいさん、おばあさんは、人生経験が豊富なので、
まさに人生の師なのです。


ところで、年を取っているという意味では、
一番のお年寄りは、神様なのです。
百歳どころか、何千、何万年も前から
ずっといらっしゃる大年寄りなのです。

年寄りを大切にすると幸運を引き寄せることができるとすれば、
一番の年寄りである神様を大切におもてなしすれば、
大きな幸運を引き寄せることができます。


「年を取った人に良い食べ物を差し上げ、
 私は食べなくても、飢えてもよいと思えば、
 その家を神様が、一番年を取った神様が、
 一番年を取った師が、一番年を取った主人が、
 祝福してくれるでしょう」


(『愛天愛人愛国』、81ページ)

年寄りを大切におもてなしするためには、
日常生活で、挨拶を捧げなければなりません。

心を込めた挨拶は、愛の実践といえるのです。
人は誰でも愛する人に丁重に挨拶をし、
愛がなくなれば、それこそ、愛想がなくなります。

 
ある家に孫とおばあちゃんがいたとします。
そこで、おばあちゃんを神様の立場に立ててみましょう。

孫が朝起きて「父ちゃん、母ちゃん、
兄ちゃん、姉ちゃん、おはよう……」と言いました。
でも、同居しているおばあちゃんには一言も挨拶しなかったとします。

おばあちゃんは、とても寂しがるに違いありません。
同じ家にいるのに、無視されたと感じるはずです。

でも、孫が、よちよち歩いて、おばあちゃんの部屋に行き、
「おばあちゃん、おはよう」と挨拶したら、どうでしょうか。
誰よりも早くです。

おばあちゃんはとても喜びます。
「かわいくて良い子だねえ。目に入れても痛くないよ」
と抱きしめてくれるのでしょう。

おばあちゃんの愛が注がれること、それが幸運になるのです。
最初に挨拶を受けた人が一番に愛された人となるからです。

 
それゆえ、文鮮明先生は、

「朝起きれば、最初に神様に
 善なるあいさつをして、出発します」


(『愛天愛人愛国』、46ページ)
と言われるのです。
さらに、文鮮明先生は、

「夫婦が共に、その日の仕事を神様の前に報告して、
 行って仕事を始め、終えて帰ったときも、
 神様の前に報告してから
 御飯を食べるようになっています」


(『愛天愛人愛国』、46ページ)
と言われています。

 
もし、孫が、おばあちゃんに黙って家を出て
遊園地に遊びに行ってしまったらどうでしょうか。

おばあちゃんは孫がいなくなったので、とても心配することでしょう。
おばあちゃんを心配させることは、愛の配慮不足なのです。

孫が、「おばあちゃん、近くの遊園地に行って遊んでくるよ」と言って
家を出ていれば、おばあちゃんは安心するのです。

たとえ、腰痛で一緒に行けなくても、
心は一緒に遊園地にいるのです。
それが、守り≠ノなるのです。

 
それゆえ、家から仕事などで出るときには、神様に
「どこどこに行って、何々をしてきます」と
報告して出るのが良いのです。

これが、幸せを引き寄せる挨拶になるのです。
すると、神様も共にいらっしゃるのです。

「買い物まで報告する必要ないでしょ」
と言われる奥さんもいるかもしれません。
それでも、報告したほうがいいのです。

スーパーで、食品を買おうとしたら、
店員が半額シールを張るかもしれません。

まさに、神様体験です。
神様に報告して家を出れば、私たちはいつでもどこでも、
神様の愛を体験できるのです。


家に帰ってきたら、最初に
「神様、ありがとうございます」と挨拶を捧げるのです。

おばあちゃんも最初に、孫から
「おばあちゃんただいま。遊園地、とても楽しかったよ」
と言われたら、とても喜ぶはずです。

ですから、家に帰ってきて、すぐにテレビを見てはいけません。
家に帰ることができたのは、神様が守ってくれた結果なのです。

当たり前に家に帰ったのではなく、神様に守られて、
何事もなく、帰らさせていただいたのです。

 
そして、就寝前に、孫がおばあちゃんに、
「おやすみなさい。おばあちゃんも一緒にやすんでね」と言ったら、
おばあちゃんはとてもうれしいでしょう。

神様は、夜でも休むことなく働かれますが、
「一緒におやすみください」と言われると、なんだか、うれしくなるはずです。

「私は休むけれど、あんたは神様なんだから、
寝ないで働いてください」などと言われたら、
きっと心が痛むに違いありません。

 
休む前にするべき、とても大切なことがあります。
それが一日の反省です。

文鮮明先生は、

「寝床についても、報告する心で、
 きょうはきのうより良かったのか、
 悪かったのか反省するのです」


(『愛天愛人愛国』、46ページ)と言われています。

神様は一日の目標をきちんと立て、
夜には、その計画どおりにできたかを反省して、
前進することを願われているのです。
反省なくして成長はありません。

人生で一番大切なのは、きょうという時間です。
そのため、朝、神様に挨拶とともに、目標と計画を誓って出発し、
就寝前に、反省して休むのです。
そして、明日という新しい人生の備えをするのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸せを引き寄せる〜「愛天愛人愛国」家庭生活講座』より)
第一章 天を愛する生活
あいさつ


『神様は大年寄り』
とてもわかりやすい例えですね。

真の父母様が三世代で同居する重要性を言われるのも、
このことからなのだと思います。

我が家は両親が他界して、
妻の父親も聖和しています。
また、妻の実家も遠方のため
あまり子供たちも、
お祖母ちゃんと過ごす機会がありません。

そういった意味では、
教会で年配の方たちに対して、
貴く思う心掛けをしながら、
子供たちに後ろ姿を見せるようにしなければ、
そのように思わされました。

また、一日の反省も重要ですよね。
しっかり心掛けていきたいです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 08:19 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする