2019年05月16日

たとえ殺されても、怒ってはいけない?! 《大知先生のカウンセリングルーム》



190516.jpg


大知(おおとも)先生 「氏族伝道の心理学」より
『不安と怒りの構造』後半です。


では、相手が悪い時は、どうしたらいいのでしょうか。

客観的に見て、合理的に行動していけばいいのです。
なぜ、こんなことになっているのか、ということを。

子供が勉強をしないとき、怒る前に冷静に考えてみてください。
勉強しない理由は、勉強が難しくて、
ついていけなくなっているからかもしれません。
あるいは学校の先生とうまくいかなくて、
勉強をする意欲をなくしているのかもしれません。

もしそうだとしたら、勉強を丁寧に教えてあげるとか、
子供と学校の先生の間に入って調整するということが必要になります。
怒る必要はありません。


ある講演でこうした怒りの話をしたときに、
「殺されても怒ってはいけないのですか?」
という質問を受けたことがあります。

答えは、「殺されても怒ってはいけません」ということです。

そのように、殺されても怒らなかった方が、イエス様です。


私は、以前、「パッション」(2004年、メル・ギブソン監督)という映画を見ました。
世界中で話題になった映画です。

ゲツセマネの祈りから、十字架にかかって復活するまでの
『聖書』の記録を再現したものです。

イエス様は、弟子に裏切られ、中傷罵倒され、不当な裁判にかけられ、
むち打たれ、嘲笑され、最後は十字架で亡くなられますが、
その間、イエス様は一度も怒りませんでした。

殺されても、怒りませんでした。
ただ、赦(ゆる)されました。

だから、霊的な救いの道が開かれたのです。
あの時、イエス様が、弟子たちに向かって、
群集に向かって、偽証する者に向かって、
もし怒りを発したならば、
イエス様は霊的な救いの道を開けなかったかもしれません……。

 
ですから相手が悪いときでも、怒ることなく、
客観的に物事を見つめ、
合理的に対応していくことが大切です。
それが問題解決の最善の方法です。

話が大きく広がってしまいましたが、
不安と怒りの構造について、理解していただけたのではないかと思います。

心の問題や心の病は、この怒りと不安が引き起こしていること。
そして、この怒りと不安は自分自身の中にある
ということを理解していただければと思います。


ちなみに付け加えると、不安が大きくなると、「恐怖」になります。

恐怖は、怒りには変わりません。
恐怖は、「パニック」を引き起こします。

恐怖がさらに大きくなると、「絶望」に変わります。
キルケゴールは絶望を、「死に至る病」と言いました。
ただ、無気力になって悪い状況を受け入れていくのみとなります。

では、私たちは、不安と怒りを
どのように克服していけばよいのでしょうか。

不安と怒りを克服していくためには、
なぜ私たちは、不安や怒りといった心の状況に
陥ってしまうのかを知る必要があります。



イエス様の偉大さを感じるみ言でした。
もちろん、それが真の父母様にも通じるのだと思います。

不安と怒りの正反対にある「赦し」。
ちょっとしたことで、すぐに感情を表してしまう、
そのような、自分の足らなさを反省していきたいです。

また、対象圏が問題なのではなく、
主体である、私自身の心の問題なのだと受け止める人生観、
これをすべての人たちが行えば、
どれだけ素晴らしい世界になるでしょうか。。。

まずは、「私」からですね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:42 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

天国と地獄だけではない?! 中間霊界に行く人たち、3タイプ 《浅川先生霊界シリーズ》



192515 20190512.jpg


浅川先生の霊界シリーズ。
今回からは、『中間霊界編』です。


中間霊界に行くのは、どのような生き方をした人なのでしょうか。

中間霊界に行く人には三つのタイプがあります。

第一のタイプは、自分の生活を最優先して、
自分の生活だけのために生きた人です。

善良な自己中心者と言ってもいいかもしれません。
言うならば、自分の人生の上と下に境界線を引いて、
上と下の間でうまく生き抜いた人です。

上の境界線とは、これ以上、人のために尽くすと自分の生活が脅かされる、
自分のためにならない、損をしてしまうということです。
このような計算高い考え方です。

かといって、自分の欲望のために人を殺害したり、
泥棒をしたりした場合は、逮捕されて投獄され、
自分の生活が脅かされるので、人をあやめてまでは
自分の利益を求めないというのが下の境界線です。

人のために犠牲にならず、自分の利益のために人を犠牲にしないという
上と下の境界線の間で、善良に生きた、
自己中心的な人が行く霊界が中間霊界という所です。


二番目のタイプは、「人生の目的は何ですか」と聞かれた場合、
「働くこと」と即座に答える人です。

人生の目的は働くことがすべてであると考え、実践した人たちの行く霊界です。

 
三番目は、神様が天国という素晴らしい霊界をつくられた
ということを全く信じない人たちです。

神様と霊界に全く関心を示さず、
信じない人たちが行く霊界でもあります。

総じて、神様や霊界、天国を全く信じることができず、
働くことがすべてであると考え、
上と下に境界線をつくって、
うまく生き抜いていく人たちが行く霊界が中間霊界です。


浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第四章 中間霊界と楽園の様子
中間霊界に行く人の三つのタイプ


今回は、少し短めでしたが、
とても端的な内容でした。

一般的には、『天国』『地獄』そのような言葉はあっても、
『中間霊界』という言葉はないような気がします。
真のお父様はハッキリと
『中間霊界』という言葉を使っておられます。

もう少し、細かく言えば、イエス様のおられる
『楽園』という言葉がありますが、
楽園でもなく、地獄でもない世界、
そこが中間霊界、ということになるのか、と思います。

罪を犯してはいないけれど、神様を信じず、
為にも生きて来なかった人たち。
中間だから、普通だというわけではありません。

中間霊界の項目は少なめですが、
さて、どんなところなのか、
次回もお楽しみに。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:18 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

「黄金期」の過ごし方?! 1代では、名門家になれない 《真のお母様のみ言 4.21》



190514 20190421.jpg


ご聖婚記念日の翌日、
『天一国特別指導者戦略会議開会式』において、
真のお母様が語られたみ言(抜粋)を紹介します。


私たちが、天の父母様と天地人真の父母様の前に
孝行できるこの期間が
「黄金期」であると言いました。
生涯の中で、永遠に記憶され、
勝利の業績を誇ることのできる最も貴い時です。

天の父母様がこの一時をどれほど待たれたでしょうか。
聖書では6000年ですが、
ご自身の摂理と事情を理解し、責任を果たしてくれる
真の父母の誕生まで長い歳月を待たれたのです。

トンネルから抜け出るようにして、天の父母様は
形容しがたい試練を越えてこられました。
堕落した人間のゆえに苦労し、6000年を経て
真の父母を探し得る環境圏をつくってくださったのに、
無知なる人間たちは協助できませんでした。

そのような難しい環境下で真の父母は根を下ろしました。
堕落した人類が天の父母様の前に歩み出られるよう
祝福と真の家庭運動を展開し、
全世界に多くの祝福家庭を輩出したのです。

今や国家的レベルで、天の父母様の夢と真の父母様の
願い、人類の願いを形にしなければなりません。

そのために、真の父母を誕生させた大韓民国、
(世界の)中心国家となるべき大韓民国の
中心をつかまなければなりません。

真の父母様の顕現、特に独り娘の誕生の背景には
キリスト教がありました。
(キリスト教の)神霊集団は
最後まで責任を果たすべきでした。

この国の南北が民主主義と共産主義で分けられた時、
神霊集団は北の平壌を中心に摂理を進めていました。

神様が、南におられた真のお父様に「北に行きなさい」
とおっしゃり、お父様が北に行かれた時、
その集団が(お父様と)連結されれば、
もう少し容易に摂理を成就できたでしょう。

昨日の聖婚記念式で、私は
「間違ってはめられたボタンを解いて合わせるまで
50年の歳月がかかった」と言いました。
人間の責任です。

皆さんは時を逃してはいけません。
私が皆さんのために全てつくり、
祝福家庭としての生き方を教えてあげました。
そして、「皆さんの苦労を末永く記憶する」
と言ったのです。

お父様は
「7ヵ月間、足にまめができるほど
 一生懸命に動けば、
 み旨が成される」

と語られました。

死生決断して最善を尽くしてください。

2020年の聖誕行事を、この国を挙げて
世界の前に見せるために、
皆さんは世界本部と一つになってください。
一つの体制で
大きな効果を上げる方法を共有して進むのです。

これ以上、天を待たせてはいけません。
孝子・孝女、忠臣の名を受けられる時を
逃してはいけません。

先輩家庭は、(太陽に向かう)ひまわり以上に、
2代、3代が(天の前に)
整列するようにしなければなりません。

永遠に記憶される名門家となるのです。
1代で終わるのは名門家ではありません。
それを先延ばしにしてはいけません。

これまで天に対する不忠・不孝があったとしても、
天から「あなたは最善を尽くした。ありがとう」
と言われ、抱かれる皆さんとなるよう願います。



天一国特別指導者戦略会議開会式
天一国7年天暦3月17日(2019年陽暦4月21日)
韓国・天正宮博物館


この会議では、一山(イルサン)キンテックスにおいて、
17日(金)に行われる予定の
7万名大会に対しての報告もあったといいます。

そこには、
現職・元職国家首脳らVIPが参加するということです。
特に、世界3大投資家の一人が、
「韓日トンネル研究会」の顧問に推戴された、
とことが紹介されたそうです。

彼は、南北統一に関心があると聞きました。
詳しいことまではわかりませんが、
南北統一に対して、投入している家庭連合に、
接触をしてきたのでしょうか。

お母様が語られるように、
今がまさに『黄金期』です。
あとで後悔しないように、
今この時に天の摂理に同参する、
私たちになっていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 09:33 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする