2019年05月10日

(証し)「伝道は、神と霊界がする」 台湾で、9歳少女が社長を伝道!!



190510 20190320-0401.jpg
台湾巡回でみ言を語られる方地区長☆


真のお母様も、大変喜ばれたという
ホットな証しです。

台湾で、幼い3人兄弟が伝道活動をし、
そして、9歳の女の子が、
60代の女性社長を伝道しました──


今回、台湾の地区長になった方相逸(パン サンイル)地区長が
台湾を巡回され、伝道の講義をされました。

全食口、伝道しよう!という雰囲気になり、
ある教会の教会長(女性)も食口たちに訴えましたが、
誰も伝道に出ようとしません。

「なんでうちの食口たちは伝道しないんだろう・・・」
思わず家に帰って、愚痴ってしまいました。

それを聞いていた、3人の子供たちが、
「お母さん、なんで悩んでいるの?」
「みんな伝道するように言ってもだれも活動しないんだ」
「じゃあ、私が伝道するよ」
それで、街頭でチラシを持って伝道しました。

9歳の娘が、ある女性にチラシを渡そうとしました。
一度は断りましたが、子供が配っているので、
受け取ってあげようと思い、チラシを受け取りました。

見ると、「人間は何のために生きているのか、人生の目的は何か」
チラシの内容に心を惹かれました。
それが60代の社長だったのです。

早速、教会に行き、教会長の話を聞きました。
「もっと話を聞きたいのですが、これから用事があって、
また、夜10時に戻ってきます」

教会のスタッフはみんな懐疑的でした。
「10時に来るなんて、口から出まかせですよ。
教会長、帰りましょう」
教会長も半信半疑ではありましたが、
それでも待ってみました。

そうしたら、10時にちゃんと来たのです。
そして、夜中の1時まで、3時間話しました。

社長は、教会長の話に感動し、
「み言を勉強したい」
といって、入会願書を書きました。
それから毎日教会に来ています。

(文責:ten1ko2)


この証しを聞いて、お母様は、
「伝道は神様がする!
伝道は霊界がする!」
そのように、はっぱをかけられたといいます。

本当に自分の力で出来ることは
微々たることしかありません。
ただ、ちょっとした条件が必要なのだとも思います。

今回は、教会長であるお母さんの深刻な悩みに、
娘さんが相対して、活動しました。
ですから、親子一体の勝利であると思います。

私たち以上に天は、霊界は、
切実であり、深刻なのだと思います。
その心情の共鳴圏によって、
霊界が働くことを信じて、歩んでいきたいです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年05月09日

嫌いな人を愛すれば祝福が来る! 苦労・迫害はとても貴重 《李ヨハネ先生の信仰サプリ》



190509iyohan.jpg


李ヨハネ(イ ヨハン)先生が
かつて礼拝で語られた説教、「苦痛の価値性」より紹介します。


人は苦痛を受けると、
「私は苦労しても当たり前だ」というようには考えられません。

「私は迫害を受けて当たり前だ。
私が偽りものだからそういう待遇を受けてもしかたがない」
とは考えず、自分を忘れるようになります。

間違っても間違っていなかったと見せかけようとするのです。
しかし、間違ったら正直に、本当に自分が間違っていたと
完全に認めることができなければなりません。
間違いというのは、いつかは正体が暴露されます。

ところが皆、間違った現実をいつも少しでも隠そうとし、
「自分が種をまいたのだから、自分で責任をとる」というようにはなりません。
苦痛の中では自分を忘れてしまいやすいのです。


苦痛を大切に思う人は自分を見つける人であり、
自分の真実を見つける人です。
苦痛を嫌がる人は真なる自分を失う人です。
偽りの自分が続いているということです。

苦痛を甘受しようという心は、苦痛を通して偽りを取り除き、
心霊を復活させることができます。

同じように、十字架を通して罪を取り除き、真の愛を復活させます。
それが十字架です。
私たちは苦痛の価値性をよく知らなければなりません。


これからは、このような原則をもって苦労しなければなりません。

嫌いな人が自分に福をくれることもあり、
自分を喜ばせてくれる人が
自分の受けた恩恵を奪っていくこともあります。

嫌いな人をみ旨と和合させれば、祝福が来ます。
嫌いな人を嫌えば自分を失うことになり、
嫌いな人と和睦すれば自分の心霊は成長するのです。

これはどれほど貴重なみ言でしょうか。
難しいことですが、多くの経験を持つ人はこの一言でよく分かるはずです。

今からこのことをしっかり記憶して、苦痛を貴重に思いましょう。

苦痛の価値がこんなにも貴いので、
苦痛を浪費しては真なる自分を見つけられません。
真の自分を失ってしまうというのです。

イエス様が貴い理由は、苦痛の価値を知って、
苦痛を貴重なものとして甘受したためです。

1977年7月24日(日)中央修練所
「苦痛の価値性」
この説教は聖日の礼拝で語られたもの


「嫌いな人が自分に福をくれることもあり、
自分を喜ばせてくれる人が
自分の受けた恩恵を奪っていくこともあります」
これは新しい気づきです。

人間関係をただの利害関係として捉えるのでなく、
私の心霊の成長として見ていけば、
愛せない人、嫌いな人がいる、
というのが感謝だというのです。

そういう意味では、
神氏族メシヤと真の家庭運動、
そして、伝道することが
私の心霊成長の最高の道だと思わされます。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:49 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月08日

私たちの「愛」の成績は?! 〜天国に行くための3つの評価基準〜 《徳野会長》



190508.jpg


たまたま見ていたファイルに、
徳野会長が尾瀬霊園で語られたメッセージがありました。
私たちが地上でどのような愛の実績を残すべきか、
三つの要点でとてもわかりやすく語られています。


では、その愛の成績とは、どのようにして評価されるのでしょうか? 
そこには三つの重要な評価基準があります。

第一は「愛の広さ」です。
どれだけ多くの人を愛したかということです。

ここ尾瀬は群馬県ですが、群馬県人だけを愛したのか、
あるいは日本人全てを愛したのか。
はたまた五色人種、アフリカの人も西洋人も東洋人も、
肌の色に関係なく愛することができたのか。

そのような愛の広さがまず問われるというのです。


真のお父様のみ言に、
「(地上での生活の間に)最低限、三ヵ国を通過したらいいんだね
とあります。

最低限、三つの国の人々を愛しなさい、ということです。
当然、日本とは言語や気候はもちろんのこと、
生活習慣や食事に至るまで、ありとあらゆることが違います。

たとえそれが三ヵ国だけであったとしても、そういう人々を
自分の国の人と同じように愛することは容易ではありません。

しかし、天国は国境のない世界です。
天国では韓国人だ、中国人だ、アメリカ人だなどということは全く関係ありません。
そのような人種や国境を超えて、全ての人を愛することができてこそ、
初めて天国人になることができるというのです。


第二は「愛の深さ」です。

私には大変尊敬している伯母がいます。
その伯母には子供が六人いたので、
変な話ですが、私はその伯母に、
「本当に幸せですね。老後は何の心配もないですね」
と言ったことがありました。

一方、私の母の子供は私一人です。
父には私を含めて四人の子供がいますが、後妻の母にとって
実子は末っ子の私一人なのです。
六人の子供に恵まれた伯母と比べて、
母はかわいそうだなあとずっと思っていました。

しかしその伯母が老後を迎えてみると、六人も子供がいながら
誰も面倒を見てくれる人はいませんでした。

子供たちは互いに「あなたが面倒見るべきでしょ」
「いやいや、おまえだろう」などと言って、責任をなすりつけ合っていたのです。
私はそのようすを見て、本当に悲しい気持ちになりました。

私は父が亡くなった後、母を引き取りました。

子供が多いのは恵まれたことではありますが、どのような親子関係、
すなわち、どのような親子の絆を結ぶのかがもっと重要だということを感じます。
あえて言うならば、これが「愛の深さ」ということではないかと思います。


二千年前、イエス様は、

「人がその友のために自分の命を捨てること、
 これよりも大きな愛はない」

(ヨハネ一五・13)
と語られました。

友のために自らを犠牲にする、友のためなら死んでもいいという愛こそ本物であり、
最高の愛だというのです。

そしてこの最高の愛の中でも最も高く深く広い愛の極致を、
身をもって示してくださったのが真のお父様でした。


1945年8月15日、第二次世界大戦で日本は負け、終戦を迎えました。
韓国ではこれを「光復節」と言います。

その光復節のときに多くの韓国のかたがたが、
40年にわたって韓国を占領してきた日本の特高警察を捕まえて、
積年の恨みを暴力で晴らそうとしました。

しかしそのとき、真のお父様はどのような行動を取られたかというと、
その韓国の人たちを前にして、
「恨みを恨みで晴らすようなことをしてはいけない。
それでは恨みの繰り返しになってしまう。日本人を赦しなさい」
とおっしゃったのです。

そして真のお父様ご自身も、自らを拷問した特高警察を捜し出して、
復讐するのではなく、その家族までも日本に無事に帰還できるよう奔走されました。

このようにお父様は、怨讐の国であり、赦し難き日本を
赦し、愛してくださったのです。

このことについて真のお父様はこう語られました。


先生は単に一人の特高警察を赦し、愛したのではない。
日本民族の代表と思って、赦し、愛し、
そして守ったんだよ。

だから君たち日本の青年が先生を慕うのは、
愛の因果関係から当然のことだ。
先生が先に怨讐の民族である日本人を赦し、
愛したからなんだよ。



どうぞ皆様、そのように、怨讐の民族である日本を赦し愛してくださった
真のお父様に感謝の拍手をお願いいたします。(拍手)

このように、怨讐までも愛する愛、自らの命をも捨てて
相手のために犠牲になる愛は、最高に深い愛であると言えるでしょう。

これが、愛の成績の第二の評価基準です。


第三は「愛の清さ」です。

特にこれは、男女の愛、夫婦の愛において問われる内容です。
結論から申しますと、
結婚前は純潔を守り、結婚後は貞節を守るということです。

自らの愛、自らの性、心と体を、女性であれば生涯一人の男性、夫にささげ、
男性であれば生涯一人の女性、妻にささげるということです。
このような清らかな男女の愛、夫婦の愛を全うしてこそ
天国に行くことができるのです。

真のお父様のみ言を紹介します。


人間は、男性も女性も独りでは半分の人間にすぎません。
神様の創造がそのようになっています。

それで神様は、愛の器官である生殖器の主人を、
お互いに取り替えておいたのです。
妻の生殖器の主人は夫であり、
夫の生殖器の主人は妻だというのです。

……人間の生殖器は、限りなく神聖な所です。
生命の種を植える生命の王宮であり、
愛の花を咲かせる愛の王宮であり、
血統の実を結ぶ血統の王宮です。


(『平和神經』平和メッセージ3から)

このようにはっきりと教えてくださっています。


第32回「全日本聖和祝祭」主礼説教:徳野英治会長
「地上で良き愛の成績を残しましょう」
2014年5月25日
群馬県片品村、統一教会尾瀬霊園


愛の広さ、愛の深さ、愛の清さ。

徳野会長の語られるように、
この三つの愛の実績を残すことが、
どれほど重要でしょうか。

また、これはどんな責任分担であっても
実践することができるし、
老若男女問わず、また、外的な要因関係なく、
誰でも行うことができるものだと思います。

どれも重要だと思いますが、
特に3つ目の「愛の清さ」これが大前提ですよね。
私たち家庭連合においても、
最も誇りに思うべき内容だと思います。

愛の実績を残していきたいです。。。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:59 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする