2019年06月21日

(証し)「天宙をかけてみ旨をやったことがあるか?」 父の問いに、どう答える?!



190621-141011.jpg


真の父母様の願い、
私たちにくださる使命や責任は、
とても不可能なことのように思えるかもしれません。。。

本部でスタッフをされている先生の
お父様との貴重な証しを紹介します。


私には、お父様との出会いの中で忘れられない思い出があります。

1999年の夏にジャルジンの40日修練会に参加しました。
そこでは「興進様の聖和は私たちが氏族メシヤを
勝利できなかったことが大きな原因である」ことが強調されました。

私は、5万50万摂理、ホームチャーチ摂理、
還故郷摂理の過去の経験からして、
「お父様は、私たちが、もっとも取り組みづらい時に指示されてきたな」
という思いが押し寄せてきて、他の全ての事柄は整理できても、
「氏族メシヤは難しい、不可能だ」という思いを強く残して帰ってきました。


真の子女の日に、当時の水沢里の修練所に行く機会がありました。
 
ある時間、モヤモヤした思いで下を向いて座っている私の前に、
お父様が立ち止まられて、み言を語り始められました。

「真の父母は天宙にも替えがたい」と言われながら、
突然私の頭を強くはたかれたのです。
「お前、今まで天宙をかけてみ旨をやったことがあるか?」

私は頭の中が真っ白になってしまいました。
天宙という単語は私の辞書にはなかったのです。
とっさに「はい、ありません」と答えていました。

真のお父様は、ニヤリと笑われながら、
「そうだろう。だから、そんな渋い顔をしてるや」と言われ、
その場が爆笑につつまれました。

後で冷静になったとき、答えが見つかりました。
「ハイ、それをされたのは真の父母様だけです」が正解です。

真の父母様が文字通り、血と汗と涙で天宙までの勝利圏を立てて下さり、
それを、個人・家庭・氏族の3段階の勝利で相続して下さるのに、
それが「できない」とか「難しい」ということは、
どれほど真の父母様にとって悲しいことであり、
残念なことなのかを思い知らされました。

まず、そのことに取り組み、勝利したいと決意して出発すること自体が、
天の父母様と真の父母様の願いなのです。



証しを読みながら、
私自身がその場にいて、
お父様から尋ねられたなら、
どのように答えていただろう、
そのように思わされます。

『死生決断、全力投球』
そのように語られていた、
真のお父様の姿が思い出されました。

天宙をかけて歩まれている真の父母様がおられるので、
困難な道が開かれ、摂理の黄金期を迎えているのだ・・・
そう思わされます。

『430』という数字、
縦においても、横においても、
決して簡単な数字ではありませんね。

それでも、先生の語られているように、
出来ない、難しい、という思いで何もしないのではなく、
絶対に勝利すると切り替えて、あきらめず
一歩一歩を父母様に捧げていく。。。

実際に、精誠を尽くせば、道が開かれるし、
何が起きるかわかりません。

地上ではお母様、霊界ではお父様が、
死生決断で歩まれています。
私たちもそんな真の父母様を慕いながら、
「天宙をかけて歩んでいます!」
そのように答えられる者になっていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





posted by ten1ko2 at 09:00 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

(証し)アラスカ精神! お父様と50名の日本人女性、八定式までの道



190620.jpg


「八定式」が宣布されてから、もうすぐ30年が経つということです。
アラスカにおいて、精誠を尽くした
日本人女性たち。。。。

『世界家庭』では、当時の方たちの
証しが掲載されています。
そのうちの3名の方の証しを紹介します。


  米国50州の代表として集められた日本人姉妹50人

1983年の秋頃、コディアクの水産工場に、
西洋人と祝福を受けたばかりの若い日本人女性50人が集められました。

工場での仕事は、魚の水洗い、魚の内臓出し、冷凍作業、箱詰め、すじこ作りなど、
長時間立ちっぱなしの肉体労働でしたが、
「50人は米国50州を代表するんだね」というみ言を力に、
若さと信仰のパワーで乗り越えました。

冬は寒さとの闘いでした。
タラを処理する作業は多くの水を使うのですが、
作業台から流れる水は凍って、つららになっています。

作業は、軍手をはめ、その上にゴム手袋をはめて行います。
ナイフを使うため、時にゴム手袋を切ってしまい、
冷たい水が軍手にしみ込むこともあります。
ぬれた軍手や穴の開いたゴム手袋は次の休憩時間まで替えることができないので、
いつもお湯の入ったバケツをそばに置いて、
凍える手を温めながら作業を続けました。
(真佐子ウイットモア)


  釣りをされるお父様の船は神聖な空気に包まれていた

1989年9月、真のお父様と一緒のボートで釣りをさせていただく恵みにあずかりました。

ボートが停止すると、お父様は即座に釣りに集中されます。
釣り糸を垂らして、じっと海面を見詰めるお父様。
そして釣り糸の引きを念入りに確認されます。

海の上のお父様は、ただひたすら釣りに専念されます。
その張り詰めた神聖な空気が、ボート全体を包み込みます。

ボートでの私はひどい船酔いでしたが、
それでも釣り糸だけは海に垂らしていました。
すると私の糸に引きがあり、私にしてはたいそう大きな
アロートゥース(ハリバットと同じカレイの仲間)が釣れました。

一緒にボートに乗っていたある日本のリーダーが、
「お父様、私はあれより大きいのを釣ったことがあります」と申し上げると、
途端にお父様が「ええい!大きいんだよお」と大きな声でおっしゃったのです。
そのお言葉に娘をかばうような親の愛を感じて、
うれしい気持ちが込み上げてきました。
(洋子モウリス)


   「何年も待った夫を大切にしなさい」とお父様

毎年のように真の父母様はアラスカに来られました。
ですから工場で働く私たちはそのたびに、真の父母様にお目にかかれたのです。

そんな私たちに真のお父様は、
「あなたたちよりもっと苦労していても、
私に会うことができずにいる兄弟姉妹がたくさんいるんだよ」と言われました。

アラスカを出るときお父様が、
「何年もあなたたちを待った夫を大切にしなさい」と言われ、
心配しながら送ってくださったことが忘れられません。

どのような事情、環境にあっても全く変わらないお父様、
どんなに夜遅くなっても報告を聞かれるお父様の実体に侍る機会を、
コディアクにいたというだけで与えられ、
たくさんの思い出を頂いたことを、心から感謝しています。
(克子ホフマン)


『世界家庭』2019年6月号
「八定式」制定30周年記念
「誰よりも苦労する」アラスカ精神で歩んだ7年
水産工場で精誠を捧げた日本人姉妹たちの証し(上)
( 読みどころ紹介)


今から30年前、1989年8月31日に
お父様は八定式を制定されました。
翌9月1日には、天父主義を宣布され、
8段階の蕩減を越えて、
新たな時代の到来を宣言されたのでした。

お父様はこの時、
「70日後に大きな変化が起こる」 
そのように語られました。

まさにみ言のごとく、8月31日から70日後の11月9日に 
共産主義の一つの象徴でもある、
ベルリンの壁が崩壊したのでした。

そのような歴史的な宣布をされるための
立役者のごとく、精誠を捧げていかれたのが、
50人の日本のお姉さんたちでした。

お父様は、優秀な方たちをアラスカに集め、
多くの苦労の道を行かせました。
なんのためにこのようなことをするのか、
特別なみ言を与えられたわけではなかったのですが、
その精誠が大きな条件となったわけです。

7年もの期間、そのような苦労の路程を通過した
お姉さんたちに感謝します。
それは、お母様のご聖婚からの7年路程にも通じる気がしますし、
お父様は、この期間、祈られながら
宝物のように愛してくださったのだと思います。

けして小さい精誠ではありませんが、
このように思ってもいない大きな実を結ぶこともある。。。
私たちもそんな思いを持って、
日々、与えられた環境で
精いっぱい尽くしていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

怒ってしまうのは、愛を求めるから?! 《大知先生のカウンセリングルーム》



190619.jpg


大知(おおとも)先生の「氏族伝道の心理学」。
『不安と怒り』続編です。


心の病、心の問題を考えていくと、
その背景には、その人の不安と怒りがあり、
さらにその背景には、自己評価の低さと自尊感情の低さがあり、
さらにまたその背景には、その人の親がもっている
不安と怒りがある、ということを理解していただけると思います。

つまり、私たちの心の問題は、
親がもっていた心の問題から来ているということです。

「家族文化は継承される」という言葉があります。

虐待されて育てられた子供は、
自分が親になったときには、自分が育てられたようには
子供を育てたくない、と考えます。
しかし、そう思いながらも、自分自身の子供を
虐待してしまう、そうした虐待の連鎖も、家族文化の継承の一形態です。


ここで、再度不安と怒りについて、考えてみましょう。

神様の喜怒哀楽に似せて創造された私たちの心には、
不安は良心作用として、
怒りは、向かってくる脅威に対する
防衛と適応のメカニズムとして、
堕落前から創造本性として私たちの中に存在していたものです。

しかし、堕落した否定的な環境の中で多くの心の傷をもつようになり、
自尊感情が低くなってしまい、
知情意が未熟なまま変形して成長してしまいました。

そうした中で、良心作用が過剰に働いて
変質した結果が不安であり、
自分が脅かされるかもしれないという不安の中で、
防衛反応が過剰に働いて、自分を守るために
相手を破壊するような衝動にまでなってしまったのが、怒りです。

先に引用した『怒りの無い人生』の中に、次のような一文があります。

「精神的な怒りの多くは、根底には愛を求める感情があります。
そして、愛が得られない怒りによって、
求めているはずの愛をさらに壊していくという
闇が、人間の心にはあります」。


私たちの怒りは、誰に一番向けられやすいのでしょうか。
多くの場合、身近な人に向けられます。

男性であれば妻であり、女性であれば夫です。
また自分の親や子供たちにも向けられます。

他のお年寄りであれば、優しく接してあげられるし、
自分の子供でなければ、笑って許してあげられます。
しかし、自分の親や子供だと、
つい怒ってしまうということはよくあることです。

これは、愛を求めるあまり、
それが得られないと、逆に破壊してしまうという、
私たちの心の闇なのです。

つまり、私たちの不安や怒りは、自尊感情の低さから来る
知情意のバランスの崩れと、
堕落によって生じた悪なる環境との授受作用により、
本来もっていた機能が大きくずれた結果、
生じた感情と言えるでしょう。

大知 勇治・著
(光言社・刊『成約時代の牧会カウンセリング 氏族伝道の心理学』より)
第1章 不安と怒り


自分の感情を家族にぶつける、
この延長線上に、家庭崩壊、
機能不全家族、という問題があります。

ニュースで流れている様々な事件も、
全て、この不安と怒りの問題でしょう。

しかし、不安と怒り、ともに創造本性であった、
ということは、しっかりと
認識していかなければ、と思います。

ですから、堕落性をなくして、
創造本性を高める努力をしていけば、
この問題は、解決できるのです。

やはり、神様なくして、
真の父母とみ言なくしては、
心理学カウンセリングも、
本当の解決策がない、
ということだと思います。

ある先生が、
『み言には希望がない、
心の問題の解決は、一般のカウンセリングにある』
そのように言って、教会から遠ざかった二世がいる、
み言の本質がわかっていないので残念だ、
と話されていました。

心理学を研究して、
九州大学大学院まで出られている大知先生も、
み言を通して、心理学を分析しておられます。
今後も参考にしていきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:44 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする