2019年08月04日

伝道は鬼ごっこ、まずNo1を追いかけ続ける・・・?! 《平木さんの伝道の秘訣》



190420 hiraki&jones.jpg


ノエル・ジョーンズ司教の霊の親、
平木直子さんが、先日、ある集会で語られた証し。

これは「伝道の秘訣」がギュッとつまった、
まるで名言集とも言うべき内容です。


 ★伝道する時は「霊界の協助」が1番大きい!

人の額には先祖の功労の数が書かれています。
(お父様には見えるといいます)。

自分から逃げ回るゲストがいたら、
そのゲストの背後の先祖が逃げているんです。

霊界では功労が多い先祖達は、功労が少ない人に出会うと
自分達の功労を分けてあげないといけなくて、
それが嫌だから相手は逃げるのです。

相手の方が高い位置にいると復帰も簡単ではありません。
功労の数、条件の数が勝負です。


 ★その差を埋めるには、とにかく精誠条件と
  アベルカインの一体化、霊界を屈服させること


神から与えられた人を愛していくことで
自分が運勢をもらえます。
一体化するところに神様と絶対善霊が助けにきます。

いかに一つになるか、アベルカインの問題は大事です。
アベルの事情と心情を自分のものとしてやり、
アベルと一つにさえなれば、あとは神様がやってくださいます。

私は、若い頃、自分の力で何とかしようとしていました。
アベルに葛藤し戦いました、愛せませんでした。
しかし、40日祈祷精誠条件を3回やったら、心が開かれて
アベルを愛せるようになりました。


 ★伝道が進まない場合──恨(ハン)を解く

離れた兄弟がいたら、恨みの霊界を残していくから、
まずその残った恨みの霊界を整理しないと新しい兄弟は入ってきません。

恨みを持った兄弟の愚痴を聞いてあげるのです。
そうして1件1件回って行き、謝ってあげました。

(話をじっくり聞き、謝り、愛することを通し)
「いや、これは自分が越えられなかったんだ」と相手の口から言わせ
恨みを持った霊界を屈服させたら、
霊界がそこで初めて整理されるのです。


私の恨(ハン)は私個人の恨ではない、神様の恨。

これが解けないと神様の恨は残ります。
だから越えていかなければなりません。

摂理が無ければカインにはならないのです。
自分が減少感を感じたら全体を代表して
感じていると思うことが重要です。
逆に私が勝利したら全てが勝利されると思うことです。
減少感は誰かが越えていかなければなりません。


 ★伝道は鬼ごっこと同じ

メシヤは鬼であり、
捕まえることは、復帰するということです。

(捕まえたら手を繋ぎ一緒に走らないといけないルール)
最初に足が遅い人を先に捕まえるとその後が中々捕まりません。
それはやり方が間違っているのです。

まず宣言をします。
「1番足が速い人を捕まえる!」と。
足が1番速い人から狙うのです。
必死にその人だけを追い、他には目もくれないのです。

するとどうなるでしょうか。
最後には、1番足が速い人もギブアップします。

1番足が速い人を捕まえると
次に2番目に足が速い人を捕まえます。

(3人になったら2対1で別れてまた捕まえに行けるルール)
足の速い人同士がペアになったら
全体を一気に捕まえられます!
つまり復帰が早いということです。


伝道は、勝つまでやるのです。
相手が諦めるまで諦めないでやるのです。

霊界が屈服すると
その後は徹底的に導き協助してくれるようになります。
(文責:ten1ko2)

2019年7月27日
横浜教会


証しを読んで、平木さんは、
伝道のスペシャリストだな、と感じました。

ノエルジョーンズ司教という
「大物」を伝道するための、ノウハウというよりは、
これは、信仰の基本中の基本ですね。

ただし、それを徹底的にあきらめずに
実践していかれたことがすごいと思います。

「鬼ごっこ」で一番を狙うという覚悟、また
その明確な目的観に徹したことは、
素晴らしいとしかいいようがありません。
義人が伝道された理由がわかった気がします。

平木さんの鬼ごっこは、
私たちの通常の鬼ごっことは違いますが、
これが「天願う鬼ごっこ」だという気がします。

徳野会長がかつて一緒に歩んだ期間があリ、
その頃は「あまり目立たない姉妹だった」
とのことですが、
「こつこつやる印象があった」
とも証しされていました。

お父様のみ言に、
「精誠は毒薬よりも恐ろしい」
そのようにあります。

平木さんも勝利を相続する
私たちになっていきたいですね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年08月03日

聖和7周年間近! ご聖誕100周年への供え物とは?! 《会長メッセージ》



190803-20190208.jpg

World Summit 2019 世界平和頂上連合 出帆式
(2019.2.8) 蚕室ロッテホテル
(真のお母様の右がサントメ・プリンシペ大統領)


徳野会長のビデオメッセージ。
「真のお父様ご聖誕100周年に捧げる2つの聖なる供え物」
を紹介します。


  [7か国の復帰と神氏族メシヤ勝利を奉献]

「真のお父様のご聖誕100周年・真の父母様のご聖婚60周年」を記念して、
真のお母様が、天の父母様(神様)と真のお父様に捧げようとされる
2つの聖なる供え物についてお話します。

1つは、お母様がお父様のご聖体の前に誓われた国家の復帰です。
お母様は基元節7周年(2020年2/6)までに、遅くとも2020年末までに
天の前に7か国を捧げる決意をされています。


今年9月初旬、中部アフリカの島国、
サントメ・プリンシペ民主共和国(旧ポルトガル領、人口約20万人)の国会議事堂で、
大統領主催の祝福式が行われ、
首相夫妻や国会議長夫妻など1000人が参加する予定です。

同国の大統領は、去る2月の「ワールドサミット2019」
(韓国・ソウル)に参加しました。
そこには米国のチェイニー元副大統領やギングリッチ元下院議長など、
影響力をもつ人物が多数参加していましたが、現職では、
同大統領と南太平洋の島国、ツバルの総督が参加しました。

大統領(国家元首)がホスト役を務め、
真の父母様を主礼とする祝福式が実現すれば、
国家の復帰の条件を満たします。
それは多くの証しが立てられたセネガル共和国、ジンバブエ共和国、
南アフリカ共和国、ネパール連邦民主共和国でも、まだ成されていません。

その祝福式は復帰摂理歴史上、極めて重要な意味をもつに違いありません。


供え物のもう1つは、私たち祝福家庭の神氏族メシヤ勝利です。

縦的430代の先祖解怨・先祖祝福をなし、横的430家庭を祝福に導き、
そのうち43家庭を教育して食口にします。

この縦横の430数を満たし、かつ、天地において讒訴されない、
祝福家庭としての模範的生活を送っているかを、
世界本部家庭局が中心になって審査します。

そこで認定されれば、ご聖婚60周年を記念する「孝情天宙祝福式」に、
未婚、既成、霊肉界の祝福者たちと共に同参し、
合わせて行われる「天寶入籍祝福式」に参加できます。
その際、自分たちの核心的基台としての43家庭の同参が許されているのです。

お母様は、天寶入籍祝福式への参加が認められる
神氏族メシヤ勝利の名門家庭を、全世界で一家庭でも多く誕生させて
聖なる供え物とし、天寶苑に登載したいとお考えです。


  [聖和7周年と基元節7周年の主要行事]

お父様の天宙聖和7周年(8/17)を前後して
国際指導者会議(ILC、8/15-16)がソウルで開催され、
これまでに信頼関係を築いてきたVIPたちと共に
「ワールドサミット2020」成功に向けた戦略的計画を立てます。

7周年当日は、早朝に本郷苑参拝、天正宮博物館で記念敬礼式が行われ、
清心平和ワールドセンターで記念式典が挙行されます。

この期間に孝情天寶特別大役事(16-18、HJ天宙天寶修錬苑)と
真の父母様生涯業績展示会(16-18、清心平和ワールドセンター)が行われますので、
日本の食口の皆さんが、多くの恩恵を受けられるよう願います。

また、新任天一国指導者孝情特別教育(15-16、修錬苑)、
天一国指導者総会(18-19、清心国際青少年修錬院)が開かれます。


続いて、基元節7周年の主な行事です。

韓国のキンテックスで「共生・共栄・共義」のテーマで
世界平和会議(2020年2/3-4)が行われ、並行して
世界平和言論人大会、世界平和経済人大会、世界平和青年学生連合総会、
世界平和学術大会が開かれます。

2月3日には同会場で「ワールドサミット2020」の歓迎晩餐会が行われ、
翌日に総会が開催。
そこで「世界平和頂上連合」が正式に出帆し、お母様が基調講演をされます。

5日に同会場で鮮鶴平和賞表彰式が行われ、
歴代の受賞者たちと同賞の主旨を改めて共有。
記念午餐会と平和コンサートが催されます。

6日にワールドセンターで、一連の行事の霊的柱である
「ご聖誕100周年記念および天一国安着式」、
7日にはもう1つの柱である孝情天宙祝福式、8日に祝勝会が挙行。

同日にカイン・アベル連帯成功事例報告大会(修錬苑)が行われ、
天一国文化体育大典(2/9、ワールドセンター)では
ユンノリ大会が開かれる予定です。

この間同時に、天寶入籍特別大役事(5-8、修錬苑)、
真の父母様の生涯業績展示会(3-7、キンテックス)が催されます。


  [真の父母様が願われる韓日の一体化]

韓国・天安市での「2019忠清圏孝情真の家庭希望フェスティバル」(7/21)で、
お母様が韓日の和合を訴えられました。

日本から国会議員が一人参加し、スピーチしました。
「真の父母様の教えによって韓日一体化がなされる」と証しする
議員の姿をごらんになり、お母様はとても感謝し、喜ばれました。

韓日の和合は両国の政治家によってなされるのではなく、
全知全能なる神様、その代身である真の父母様によってのみなされます。

韓半島の統一についても同じことが言えます。
真の父母様を中心に韓日が一つになれるよう、
神日本家庭連合、日本の統一運動が先頭を切り、
韓日の懸け橋としての責任を果たしていきましょう。


  [鮮文大学神学部が二世教育の拠点に]

お母様は鮮文大学神学部を、二世・三世教育の中心にしようと決意しておられます。

天安市での大会後、会場近くの鮮文大学大講堂で祝勝会がもたれました。
そこでお母様は、鮮文大学神学部が二世教育、二世公職者教育の拠点となり、
卒業生たちが世界の統一運動を率いるリーダー、
二世・三世の主流勢力になるように願い、祝福されました。

二世・三世教育の環境創造をなすとともに、
まずは聖和7周年までの期間、
神氏族メシヤ勝利と救国救世に向かって邁進してまいりましょう!


(中和新聞より)
編集文責:ten1ko2



今、世界で大きな天のうねりが起こっています。
そして、天が願われる国家復帰の基準、すなわち、
「国家元首がホスト役を務め、真の父母様を主礼とする祝福式」
これを実現する国がとうとう誕生しそうです。

サントメプリンシペは、世界の国々の中で、
人口や国の規模など、下から数えたほうが早い、
いわゆる小国ではありますが、
それでも、国単位で真の父母様をお迎えする、
どれだけ素晴らしいことでしょうか!

すでに5日間をかけて、
さまざまなイベントを計画しているそうです。
『一点突破、全面展開』
この国にも考えられない天運がやってくるし、
いよいよ、世界に波及されていくに違いありません。


そして、もう一つの供え物は、
私たち祝福家庭だということです。

お父様は、かつてこのようなみ言を語られました。


「私の愛する祝福家庭は、自分の力で
サタン圏から抜け出ることができません。
だからといって無条件に天国に引き上げたら、
サタンは必ず反対するでしょう。

そこで神様、お願いがあります。

祝福家庭が8段階のうちの最初の3段階を勝利したら、
残りの全ての勝利圏を相続させても
よろしいでしょうか?」

神様は、「それでよろしい」とおっしゃいました。

サタンはしぶしぶ答えました。
「勝利された真の父母様がそう言うのですから、
仕方がない、許しましょう」


(1990.2.11)
 

まさに、神氏族メシヤです。
お母様は、『天寶(天宝:てんぽう)』という、
特別な称号を与えてくださいました。

もちろん、簡単な数字ではありませんが、
みんながそこに向かっていくことを通して、
道が開かれていくのだと思います。

天の父母様の夢、真の父母様の夢が実現される時を
今、迎えているのだ、ということを
私たちもはっきりと認識して、
同参していきたいと思うのです。



190803-20190208 (2).jpg


にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:39 | Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月02日

今日のニュースも、家庭や世界のこと、すべて「私の問題」だった?! 《蝶野部長》3



190802.jpg


世界で起こるすべてのことは
私の問題だと思いなさい


真のお父様


本部の蝶野(ちょうの)家庭教育部長の講座。
大好評の3回目、
今日は夫婦というより親子のお話です。


こうやって私たちは、信仰の原点に帰っていかなければ
神様に使われる私にならないと(いうことを)、だんだん気づいて来ます。
しかし自分でわからなかったので、子供に悩みを抱えることを通して
悟ってでも、やっていかなければならないのです。

アダムとエバも自分たちの罪を責任転嫁して終わった。
だからそれがカインに出て来た。
それで父母が悔い改めていれば、アベルの殺害はなかったでしょう。

しかし、エバは、カインが血気にはやって殺そうとしているとに気づいていたが、
結局、自分の罪がそのように出ていると見ていなかったんです。

エバは(堕落した時)殺そうという動機はなかったので、
(カインの血気や殺意は)自分と似ていない性質だと思った。
自分の罪ではないと思った。
「私はそのように育てた覚えはない」と。
(でもそれは、)いや、あなたの子どもでしょ、ということなのです。

そのときにエバが、『自分がやったことがない罪なんだけど、
自分がこの子を担当したということは、私の責任だ、
どういう責任なんだろう。
あ、自分は神の前に善良でなかった』と、自分の責任として
悔い改める心があったら、
カインの殺そうとする血気の前後の間に入って、
悔い改めをもってとどめることができたはずなんですよ。

ところがやっぱり、エバはどうでした?
責任転嫁した。
アダムのせいにした。
エバは(堕落を)天使長のせいにした。
ですから子供の罪を見た時、逃げたくなるんですよ。
なんで?自分が逃げたからです。

結局自分が担当したものを逃げた場合には、どこかで抱えるようになります。
清算のチャンスが来る。
2代めでチャンスが来ていたが、エバはそれからも逃げた。
ということでカインアベルの問題が起こった。

これが人類の一番ご先祖様の家庭の話なので、
私たちは共通にこれを持っているんです。


近所のおばさんが万引きするのを見たら、あの人、変だと思うかもしれませんが、
実は万引きが自分には、関係あるから見ているのです。

このようにして

「世界で起こるすべてのことは私の問題だと思いなさい」

とお父様が久保木会長に言われたみ言を皆さんご存知だと思います。
やはり、私の責任だと感ずる人から愛が始まるようになっている。

滋賀の方で事故があったでしょ、幼児に突っ込んで。
ドライバーを責める声があるかもしれませんが、ドライバーだって
好き好んで行ったわけではなく、行ったところが電柱ではなく、
子供たちがいたというのでこんな問題になっています。

ニュースを見るとき、私と関係があるから見ているんですよ、皆さん。
誰の責任か。私の責任だから見ているのです。

真の父母様は、そのようにして世界に起こるすべてのものを見ていかれたので、
愛で昇華し蕩減されていかれました。


ましてや自分の家庭に起こることを、他人事のように見てしまったり、
あるいは夫婦間が一致するにおいて、
相手の性質ゆえに(配偶者が悪いから)それができないのだ
と主張する時には、完全に天使長の霊界になります。

これは原理を知った人の感性ではない。
じゃあ自分がどのようにしていったらいいんだろうと、涙が出る時にはOK。

自分の配偶者が原理的でないと裁く。。。
完全にサタン(の立場)になっている。

原理はそのようなことを教えていない、
自分にだけ適用する、それで終わりなんです。
相手が原理を聞いていようがいまいが関係はないのです。

もしこの原理観一つあるとするならば、実はこういう夫婦講座もいらないんですね。
男女の違いを学ぶ必要もありません。

だって相手から感じるものは、自分の愛の不足が出てくると見て、
心から愛するからね、原理で一つになってしまうんですよね。

しかし、その原理がわからなくなってしまった。
それでいろんなものが必要になってしまったという
こういう天の悲しみが実はあるのです。

(文責:ten1ko2)


このみ言をとおして
森山先生の証しを思い出しました。

森山先生が子供のころ、
どうしても紙芝居が見たくて、
黙って、継母のお金を盗んでいた。
そのことを継母は知っていた。

ある日、仏壇の前で、
「操ちゃんが悪いんじゃない、
お金を盗む、この手が悪いんだ」
そういって、継母が自分の手を
泣きながら殴っている、
その姿を森山先生が見た時、
初めて「お母さん、ごめんなさい」
と言うことができた。。。

やはり、森山先生の
継母の姿を見習うべき私たちだろうと思います。


そして、ここでは、語られてはいませんが、
「私の責任」ということに関して補足します。

皆様もわかっているとは思いますが、
講師が語られているのは、実質的、法的責任を取るということでなく、
心情的、内的なものである、ということだと思います。

自分の周りで起こっていることに対して、
客観的に、ワイドショー的に見つめるのではなく、
すべてこれを見つめる天の父母様の心情を思い、
私の心の悔い改めをしていく、
そのような捉え方をしていく、ということでしょう。

それが、イエス様の道であり、
真の父母様の道です。

アダムとエバは、カインの問題に対して、
そのように捉えられなかったわけです。

真の愛で愛せない、
神の立場で愛せないのが堕落性であり、
確かに無責任な立場だなぁと思います。
でもこれは、アダム、エバだけではなく、
誰もがもつものです。

子どもの罪を自分の心の問題である、
そのように捉えることができずに、
子どもを裁き、さらには、配偶者を裁いていく。。。
そのような思いに対して、まず悔い改めることが、
真の父母様の道に通じるのだと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:03 | Comment(1) | 夫婦講座 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする