2019年09月15日

UTSを揺り動かした覇権争い──終結の決め手は?! 《神明先生・UTS時代の神体験》



190915-20190905.jpg
真のお母様大統領宮接見(2019.9.5) サントメ☆


「ドクター神明の信仰エッセー」
続編です。



リーダー同士の熾烈な争いをやめさせた神様の役事

1985年の1月から辛うじてUTSで教鞭を執り始めることができたばかりの私は、
まだぺえぺえにすぎませんでした。

しかしUTSを本当に神様の願う学校にしたいと祈りつつ、
困っている学生を助けて励まし、またUTSのリーダーたちに無条件に仕えていました。

そのせいか、自分でも知らないうちに、ある事案に巻き込まれ、
決して私の力ではなく神様の力でそれが解決されました。

その事案とは、その年の11月の後半、UTS慣例のクリスマスシーズンの
ファンドレイジングを予定どおり実行するかどうかをめぐって、
UTS内の2人のリーダーが熾烈な争いを展開していたことです。
若手の事業部長 (白人の米国人) と43双の大先輩である副総長 (中国系米国人) との間の争いでした。

当時のUTSは奨学金全額支給制だったため、
その代わりに学生は夏休みと冬休みを返上して
UTSのためにファンドレイジングをしていました。

学生生活全般を支援する事業部は会社を作ってモールなどに臨時の店舗を出し、
学生が様々な商品を売っていたのです。
しかし、その年まで会社の事業はあまりうまく行かず、
多額の赤字になっていました。

事業部長は、その赤字をなくすためにも、そして将来のUTSの経済基盤を作るためにも、
慣例のクリスマスシーズンのファンドレイジングは断固続行すべきだ考え、
計画していました。
そこには総長 (36家庭) の大きな期待もかかっていたのでした。

それに対して副総長は、より現実的な考えを持っていて、
赤字をなくすのは無理だから、今の事業の会社をつぶしてでも、
簡単な花売りでもやった方が即効性があり、
そのほうがUTSのためになる、と主張してやまなかったのです。

副総長にとっては、彼よりも若い生意気そうな事業部長が
あまり上にのし上がってきては困るという気持ちもあったようです。
事業部長としては、そのような副総長が現場を知らない高慢な人間に見えたようです。

そして、双方とも自分は総長の支持を受けていると言い張って、議論は平行線でした。
そのような争いが11月後半ずっと続いたのです。

私は原則的には教鞭を執ってさえいればよかった部外者ですが、
彼等の不協和音がUTS全体に響き渡り、
霊的にとても悪い雰囲気となっていたので、心配しながら祈っていました。


その日は金曜日で、私1月の務めを終えて、
1時間半離れた自宅に自動車で帰ろうとしていました。
夕方7時からは事業部長と副総長がそれぞれアシスタントを1人ずつ伴って、
合計4人で最終案にこぎつくための会合を開くことになっていました。

すでに暗くなっていたUTSの駐車場を7時ちょっと過ぎに出た私は、
10分間ぐらい運転したでしょうか。
突然、心配のあまり心が切なくなって泣きたくなり、
“UTSに直ぐにUターンせねばならない”という思いに駆られたのです。

その後の自分の行動は不思議そのものでした。
もはや自分ではないようでした。

彼等が会合をしている部屋まで歩いて来て、その扉の前に立って外から耳を澄ますと、
中から怒号の応酬が聞こえてきました。
私はその会合に招待されている身分でもないのに、扉を開けて中に入り、
静かに末席に座りました。

しばらく彼らの激しいやり取りを聴いていましたが、
そのやり取りにちょっとした間ができたとき、すかさず口を開きました。
「皆さん! ここで一体何をしているのですか?」 と。
そして失礼にも、先ず事業部長を強く叱咤しました。 

「事業部長よ、先輩の副総長が事業部のことをどんなに心配しているのか、
そしてUTSのことをどんなに心配しているのか、分かっているか!
それを分からないで副総長をただ軽蔑し、批判してるのではないか!
それでは絶対に進展がない!」 と。

それだけでも非常に無礼なのに、私は次に矛先を副総長に向けて叱りつけるという、
普通では考えられないようなことをしてしまいました。

「副総長よ、あなたの後輩である事業部長は能力を買われて、
何もかも捨ててこの事業に従事している犠牲的な兄弟であることが分からないのか!
それを先輩として心から分かってあげなければならない。
分かってあげれば、もう少し話に進展があるはずではないか!」 と。

いつの間にか、私の目には涙がいっぱいたまっていました。
それを目撃した彼らはショックで唖然として何も言えませんでした。
今ここで一体何が起きているのか分からないといった面持ちでした。

それで状況が一変しました。
私は言わねばならないことを言ったと感じたので、その後すぐにそこを立ち去り、
帰途に就きました。自動車を運転しながら、
けんかする彼らに対する神の愛を感じて、泣けてしかたがありませんでした。


翌日、総長から喜びの電話が私にありました。
「昨晩の会合の報告は聞いた」と。

どういう結果が出ようとも、総長としては
その2人のリーダーが仲良くやってくれればいいのだ、ということでした。
「そのきっかけを、よくもドクター・シンミョウが作ってくれたね」と褒められました。

「これからは、事業とか資金調達についての会合にはいつも参席してくれ」とも言われました。
「えー、神学しか分からないこの身がそんな分野にまで?」と私はいぶかりました。


結果的には、その年の12月のクリスマスシーズンは、一応以前の計画どおり、
モールに臨時店舗を出して商品を売ることになりました。
それでも、それは双方が内的に歩み寄った結果の決断だったのです。

私は自分でも驚きました。
足らない私が心配して祈っただけで、神様がその小さな条件を取って
役事してくださったに違いないと思いました。
誇れるものは神様の力だけです。

その後、私はもっともっと皆に仕えるために、
学生たちがファンドレイジングをするモールの店舗を巡回して手伝いました。

私たちの間でたとえ不協和音があったとしても、
神様の立場から心配するがあまり、
愛の涙でもって強く訴え叱咤さえする人が出現すれば、
生きた神様がそれを止めさせる驚くべき役事を起こすことができると私は思います。

もちろん、具体的、現実的、組織的な問題もあるでしょうが、
それを超えた内的、霊的次元で神様の愛に出会い
授受作用することによって解決されていくものと思います。

UTS時代の神体験:ドクター神明の信仰エッセー
神明忠昭(しんみょう・ただあき)


完全なアベル・カイン決裂の危機でしたね。

感情的に意見をぶつけただけでは、
たとえどちらかの意見が通ったとしても、
問題は残る気がします。

神明先生が、二人に言った意見も、
もしも批判する思いで言ったとしたら、
このような役事はなかったでしょうし、
もっとこじれたことでしょう。

UTSを思い、彼らを愛し心配する親心に通じたので、
神様がその場に導き、
代わりに言わせたのかと思います。

天の摂理は、心情を通して働く。。。
そのことを身をもって体験された
神明先生の見事な証しですね。

私たちも、神様が働かれるような
歩みをしていきたい、そのためにも
神様の心情と一つとなっていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:15 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月14日

サントメ・プリンシペを、地上天国のモデルとしましょう! 《サミット お母様のみ言》



190914-20190905 (2).jpg


サントメプリンシペでお母様が語られた、
「アフリカサミット2019」開会式のみ言を紹介します。


今日の世界には200余りの国と地域があります。
アフリカだけでも大小の多くの国があります。
今まで一つになれない環境圏にありました。

しかしこれからは真の父母を通して
祝福を受けた家庭によって、
一つのアフリカ大陸になることができます。

明日祝福式がありますが、皆さん全員が
真の父母の祝福式を通して、天の父母様が
直接抱いて愛することのできる、(天の父母様)
ご自身の真の子女として立つ日です。

6000年間待ちこがれた天の父母様が
「今ようやく私の息子であり、私の娘だ!」と言われ、
嬉しくて涙を流し、愛で抱けるその日が、
祝福を受ける日なのです。

神様は永遠性を持って人間を創造されたために、
祝福を受けた父と母だけでなく、その子女たちも
天の父母様の懐に抱かれる教育が必要です。

過去、人間始祖となるアダム・エバが成長期間で
準備を過り、堕落して落ちてしまいました。

明日祝福を受ける祝福家庭の子女たちは、
天が見られて「あなたたちもよく成長して
完成しましたね」と言われるまで
純潔を守らなければなりません。

そうなってこそ、天の父母様が抱くことのできる
息子娘になるのです。

それで私はこの国の大統領と政府に
祝福を与えようと思います。
将来この国を導いて行くことのできる人材、
特別にこの政府が選抜する3名には、韓国の鮮文大学に
進学することができるようにし、奨学金を与えます。

すべての人類が真の父母を通した祝福を
受けるようになれば、
天の父母様が直接共にある祝福の位置になるのです。

その日を繰り上げられるように祝福家庭が
責任を果たせば、皆さんが地上にいる間に、
その日は私たちの前に近づくでしょう。

皆さんが祝福家庭として地上天国をつくっていき、
すべての国々がここに一つになれば、
それが地上天国はもちろんのこと、
永遠なる天上天国にフリーパスで行くことのできる
道になるのです。

きょう集まった皆さん、サントメ・プリンシペが
天の父母様に侍る神サントメ・プリンシペになり、
この国の国民全員が、天の父母様が抱く
祝福家庭、祝福子女たちになることができれば、
この国はまさに地上天国となるのです。

重ねて話しますが、天の祝福の前には
人間の責任があります。
天の父母様はサントメ・プリンシペを
神サントメ・プリンシペとして祝福されました。

それならば、皆さんが天の父母様の夢を
地上に実現する責任を果たすことで、世界の前に
サントメ・プリンシペが地上天国のモデルになったと
公布することのできるその日が、天の前には
栄光であり、人類の前には
限りない喜びと祝福の日になることでしょう。
そうしますか?

特にこの日のために協助してくださった
大統領と全閣僚の皆様に感謝を申し上げます。
私たちは必ずやサントメ・プリンシペを
地上天国になしましょう。



190914-20190905.jpg


天一国7年 天暦8月7日(陽暦 2019.9.5)
サントメ・プリンシペ サントメ国会議事堂

(一部編集 文責:ten1ko2)


地上天国のモデル、サントメプリンシペ。

小国であり、とても貧しい国であるがゆえに、
どこかに頼らないといけないわけですが、
覇権主義をもくろんでいる中国も、
少し資本を投資しているらしいです。

しかし、サントメは、家庭連合に、
真のお母様に賭けました。
目の前にぶら下がった人参に目がくらむことなく、
本質を見つめ、神様に委ねました。

その選択に間違いはありません。
サントメは必ず発展していくでしょう。
また、そういうところに目を向ける国のトップも、
今後どんどんと出てくることでしょう。

お母様が、7か国をお父様に捧げるという
その決意が、
いよいよ実を結んできたと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


「必ずやサントメ・プリンシペを地上天国となしましょう」
アフリカサミット2019 開会式のみ言


尊敬する内外貴賓、大陸から参加された前・現職の貴賓、平和大使、そしてサントメ大統領と政府閣僚、および多くの貴賓の皆様!きょう皆様は、平和な世界をどのようにしたら私たちが成し遂げられるかを悩みながらこの場に集まりました。

  今は天の摂理の真実を知るべき時

これまでの人類歴史を見るとき、どの瞬間も平和な世界を追求してこなかった時はありませんでした。人類はそのように平和を願いましたが、私たちの生涯において自分自身から体と心が一つになることができない状態では、平和を願うことができません。人類文明史を通して多くの義なる宗教指導者と義人たちがいましたが、彼らが願った一日は来なかったのです。どうしてそうならざるを得なかったのでしょうか。今日、私たちは人間の考えと意志では平和世界の追求が限界に到逹したということを知っています。それゆえ宇宙の主人であられる創造主・神様の本質が分からなければなりません。

創造主はご自身のかたちに似せて天地万物を創造され、最後に人間始祖となる男性と女性を創造されました。そして人間には責任をくださいました。その責任とは、成長期間を通して天がご覧になり、完成したとする位置まで進むことです。しかし人間はそうなることができませんでした。そして今日、天とは関係のない堕落した人類になったのです。

創造主・神様は永遠性を持って創造されたために、被造物が間違ったといって替えることはできません。天は堕落した人間を見捨てておくことができずに、救援摂理歴史を始められました。天が選んだ民族を通して、個人から家庭・氏族・民族を経て、国家的な基盤が形成されるまで蕩減復帰の救援摂理をしてこられました。そして4000年という長い期間を通して、人類の前に天が直接対することのできる、「私の息子だ」と言うことのできる、独り子イエス・キリストを送ってくださいました。

しかし天が選んだイスラエル民族は、イエス・キリストを理解できませんでした。4000年ぶりに天が対することのできる独り子イエス・キリストを送ってくださいましたが、その方を誕生させたマリヤやユダヤ教、イスラエル民族は、イエス様がどのような方なのかが分からなかったのです。結局は十字架に追いやりました。イエス様は十字架で亡くなられる状況の中で「また来る」と言われました。十字架上には右側の強盗と左側の強盗がいましたが、左側の強盗はイエス様を皮肉りました。しかし右側の強盗は「お互は自分のやった事のむくいを受けているのだから、こうなったのは当然だ。しかし、このかたは何も悪いことをしたのではない」と言いました。その時イエス様は右側の強盗に「あなたはきょう、わたしと一緒にパラダイスにいるであろう」と語られました。楽園(パラダイス)です。

創造主・神様はご自身のかたちに似せて天地万物、アダムとエバを創造されたと言いました。イエス様が独り子・男性として誕生されたとすれば、イエス様の前に独り娘がいなければなりません。その環境圏をつくって差し上げることができなかったのです。完成した男女が夫婦として完成し、入って行く所が天上天国です。イエス様はまた来ると言われましたが、イエス様の十字架以後に誕生したキリスト教文化圏は、イエス様の本質を知らなかったのです。

313年にローマに公認されキリスト教は新たに出発しました。イタリア半島に始まりヨーロッパ大陸を経てイギリスの島国に渡るようになります。その時、イギリスを中心とする多くの国々が聖書を携え世界に出ていきました。それを大西洋文明圏時代だと私は言っています。しかし彼らはイエス様の本質が分からなかったために、利己主義に流れてしまいました。イエス様の本質は、ために生きる人生と真の愛を実践したことですが、そのような宣教ではありませんでした。大西洋文明圏時代に連結されたすべての国々はキリストの本質が分からなかったために、自国の利益を優先しました。そのような利己主義によって、特にこのアフリカ大陸が多くの被害を受けました。

今は天の摂理の真実を知らなければなりません。今まで聖書で言うところの6000年人類歴史は、戦争と葛藤、宗教の壁、文化の壁、人種の壁など、一つになれない多くの壁をつくり上げました。これは神様が分からないところから出てきたものです。今日、世界四大宗教がありますが、彼らも結論をどのように得るべきなのか分からずにいます。

天は「また来る」と言ったメシヤのために、彼が責任を果たすことのできる、人類の真の母になり得る独り娘を誕生させる民族を探し立てられました。責任を果たせなかったイスラエル民族を通しては、独り娘が誕生できません。彼らには蕩減が残っているからです。それゆえ天はアジア大陸、韓半島の韓国に、摂理の完成のための独り娘を誕生させました。独り娘が誕生しなければ、天の摂理はもちろんのこと、人類の歴史も完成を見ることができません。

創造主・神様はご自身のかたちに似せて男性と女性を創造されたと言いました。それならば、天の摂理の完成を見るためには、堕落した人類の中から勝利した人間始祖である真の父母が出てこなければなりません。その真の父母が出てくるためには堕落した人類と関係のない、2000年前のイエス・キリストの時と同じように、独り娘が誕生しなければなりません。そうしてこそ摂理の完成を見るのです。

そのために今日の人類歴史は四方を見回しても希望が感じられません。しかし独り娘が誕生したので人類の前には希望があります。天が6000年を経て探し立てられた真の父母によって、76億人類が生まれ変わる祝福の行事を通して、天の父母様、創造主・神様の子女になる位置に進むことができるからです。

  サントメ・プリンシペを地上天国のモデルとしよう

今日の世界には200余りの国と地域があります。アフリカだけでも大小の多くの国があります。今まで一つになれない環境圏にありました。しかしこれからは真の父母を通して祝福を受けた家庭によって、一つのアフリカ大陸になることができます。
明日祝福式がありますが、皆さん全員が真の父母の祝福式を通して、天の父母様が直接抱いて愛することのできる、(天の父母様)ご自身の真の子女として立つ日です。6000年間待ちこがれた天の父母様が「今ようやく私の息子であり、私の娘だ!」と言われ、嬉しくて涙を流し、愛で抱けるその日が、祝福を受ける日なのです。

神様は永遠性を持って人間を創造されたために、祝福を受けた父と母だけでなく、その子女たちも天の父母様の懐に抱かれることのできる教育が必要です。過去、人間始祖となるアダム・エバが成長期間で準備を過り、堕落して落ちてしまいました。明日祝福を受ける祝福家庭の子女たちは、天が見られて「あなたたちもよく成長して完成しましたね」と言われるまで純潔を守らなければなりません。そうなってこそ、天の父母様が抱くことのできる息子娘になるのです。それで私はこの国の大統領と政府に祝福を与えようと思います。将来この国を導いて行くことのできる人材、特別にこの政府が選抜する3名には、韓国の鮮文大学に進学することができるようにし、奨学金を与えます。

すべての人類が真の父母を通した祝福を受けるようになれば、天の父母様が直接共にある祝福の位置になるのです。その日を繰り上げられるように祝福家庭が責任を果たせば、皆さんが地上にいる間に、その日は私たちの前に近づくでしょう。皆さんが祝福家庭として地上天国をつくっていき、すべての国々がここに一つになれば、それが地上天国はもちろんのこと、永遠なる天上天国にフリーパスで行くことのできる道になるのです。

きょう集まった皆さん、サントメ・プリンシペが天の父母様に侍る神サントメ・プリンシペになり、この国の国民全員が、天の父母様が抱く祝福家庭、祝福子女たちになることができれば、この国はまさに地上天国となるのです。

重ねて話しますが、天の祝福の前には人間の責任があります、天の父母様はサントメ・プリンシペを神サントメ・プリンシペとして祝福されました。それならば、皆さんが天の父母様の夢を地上に実現する責任を果たすことで、世界の前にサントメ・プリンシペが地上天国のモデルになったと公布することのできるその日が、天の前には栄光であり、人類の前には限りない喜びと祝福の日になることでしょう。そうしますか? 特にこの日のために協助してくださったサントメ・プリンシペの大統領と全閣僚の皆様に感謝を申し上げます。私たちは必ずやサントメ・プリンシペを地上天国になしましょう。

天一国7年 天暦8月7日(陽暦 2019.9.5)
サントメ・プリンシペ サントメ国会議事堂



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:35 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月13日

「私の不幸の元凶は、この人と結婚したから」・・・ではなかった?! 《浅川先生》



190913-20190906.jpg
サントメ・プリンシペ 孝情真の家庭祝福式 2019.9.6☆


浅川先生の自叙伝書写講話。
本日は、「幸せをもたらす心、不幸をもたらす心」です。


私たちは誰でも幸福を求めて生きています。
幸福は愛することによって得られます。
それは当然のようですが、愛して本当に幸福になれましたか?

妻として献身的に夫に仕えたのに、
感謝されず黙殺されたことはありませんか。
そのとき、憎しみをもちませんでしたか。
夫のせいで不幸にさせられた、と思い込んでいませんか。

もし夫が不幸の原因であれば、あまり希望はありません。
なぜなら、夫がこの先、十年、二十年、
妻が願う性格に変わらなければ、幸福になれないからです。
しかも、夫の変化を期待しているうちに、お迎えが来るかもしれません。

しかし、ご安心ください。
不幸の原因は、夫のせいではありません。

原因はあなた自身の心にあるのです。
ちょっときつい言葉で言えば、あなたの幸福を求める心が意志薄弱なのです。
「愛の心で苦悩を断ち切る」ことができなかった結果なのです。


人間には二つの心があります。

一つは、自分と相手を幸福に導く心。

一つは、自分と相手を不幸に陥れる心。

自分と相手を不幸に陥れる心とは、
憎しみ、過度な怒り、怨み、嫉妬、不平不満、
自己卑下、落ち込み、そして、他のせいにする心です。

これらの心は悪性腫瘍(しゅよう)のようなものです。
私たちの苦悩は、悪性腫瘍のような心からくるのです。
人のせいではなく、自分自身の悪性の心から生じているのです。

夫が妻に暴言を吐いた場合、妻は夫のせいで傷ついた、と思い込みます。
そうではありません。
夫の言葉に対する妻の怒りの心が自分を苦しめているのです。
許せないと思う心が自分を苦しめているのです。

その証拠に、窓ガラスに向かって
「ばかやろう」と何度怒鳴っても傷つきません。
窓ガラスには怒りの心がないからです。
夫婦の口論で窓ガラスが割れたら大変なことになります。
毎日夫婦喧嘩する家は地震が来なくても倒壊します。

人は相手の言葉を自分の心で受け止めてから反応しているのです。
その心の反応が、憎しみや怒りになったとき、その心が自分を苦しめているのです。

プライドの高い人は、「ばか」と言われると怒ります。
自分は賢いと思い込んでいるからです。
しかし、自分は「ばか」だと思っている謙遜な人は、
腹がそれほど立ちません。
事実を言われただけだからです。


*自叙伝「平和を愛する世界人」より

私に取り柄があったとすれば、神を切に求める心、
神に向かう切ない愛がそれだったと言えます。

いつ、いかなる場所でも最も大切なものは愛です。
神は、愛の心を持って生き、苦難にぶつかっても
愛の刀で苦悩を断ち切れる人を求めて、
私を呼ばれたのです。

私は何も自慢できるものがない田舎の少年でした。
この年になっても、私はただひたすら
神の愛だけに命を捧げて生きる愚直な男です。

(自叙伝67ページ)


(まこと)の愛とは、
自分の命までも捨てることができるものです。
そこにはいかなる計算もありません。

母鳥が命を捨ててまで雛(ひな)を守ろうとする
その心は、真の愛そのものです。

父母はいくらつらくても愛の道を行きます。
愛の前に自分の命を投げ出していくのが
父母の心であり、真の愛です。

(自叙伝219ページ)

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第二章 愛の刀で苦悩を断ち切る
幸せをもたらす心、不幸をもたらす心



「原因は私自身の心にある」
なかなか厳しいみ言ですが、
これが事実であり、真実だと思います。

お父様の「栄光の王冠」の詩にもあるように、
お父様ご自身もそのように徹してこられました。

相手のせい、人のせいにしたらキリがありません。
全てが自分の責任である、そう受け止める人こそ、
また、神様の心情を本当に実感している人だと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:03 | Comment(3) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする