2019年09月13日

「私の不幸の元凶は、この人と結婚したから」・・・ではなかった?! 《浅川先生》



190913-20190906.jpg
サントメ・プリンシペ 孝情真の家庭祝福式 2019.9.6☆


浅川先生の自叙伝書写講話。
本日は、「幸せをもたらす心、不幸をもたらす心」です。


私たちは誰でも幸福を求めて生きています。
幸福は愛することによって得られます。
それは当然のようですが、愛して本当に幸福になれましたか?

妻として献身的に夫に仕えたのに、
感謝されず黙殺されたことはありませんか。
そのとき、憎しみをもちませんでしたか。
夫のせいで不幸にさせられた、と思い込んでいませんか。

もし夫が不幸の原因であれば、あまり希望はありません。
なぜなら、夫がこの先、十年、二十年、
妻が願う性格に変わらなければ、幸福になれないからです。
しかも、夫の変化を期待しているうちに、お迎えが来るかもしれません。

しかし、ご安心ください。
不幸の原因は、夫のせいではありません。

原因はあなた自身の心にあるのです。
ちょっときつい言葉で言えば、あなたの幸福を求める心が意志薄弱なのです。
「愛の心で苦悩を断ち切る」ことができなかった結果なのです。


人間には二つの心があります。

一つは、自分と相手を幸福に導く心。

一つは、自分と相手を不幸に陥れる心。

自分と相手を不幸に陥れる心とは、
憎しみ、過度な怒り、怨み、嫉妬、不平不満、
自己卑下、落ち込み、そして、他のせいにする心です。

これらの心は悪性腫瘍(しゅよう)のようなものです。
私たちの苦悩は、悪性腫瘍のような心からくるのです。
人のせいではなく、自分自身の悪性の心から生じているのです。

夫が妻に暴言を吐いた場合、妻は夫のせいで傷ついた、と思い込みます。
そうではありません。
夫の言葉に対する妻の怒りの心が自分を苦しめているのです。
許せないと思う心が自分を苦しめているのです。

その証拠に、窓ガラスに向かって
「ばかやろう」と何度怒鳴っても傷つきません。
窓ガラスには怒りの心がないからです。
夫婦の口論で窓ガラスが割れたら大変なことになります。
毎日夫婦喧嘩する家は地震が来なくても倒壊します。

人は相手の言葉を自分の心で受け止めてから反応しているのです。
その心の反応が、憎しみや怒りになったとき、その心が自分を苦しめているのです。

プライドの高い人は、「ばか」と言われると怒ります。
自分は賢いと思い込んでいるからです。
しかし、自分は「ばか」だと思っている謙遜な人は、
腹がそれほど立ちません。
事実を言われただけだからです。


*自叙伝「平和を愛する世界人」より

私に取り柄があったとすれば、神を切に求める心、
神に向かう切ない愛がそれだったと言えます。

いつ、いかなる場所でも最も大切なものは愛です。
神は、愛の心を持って生き、苦難にぶつかっても
愛の刀で苦悩を断ち切れる人を求めて、
私を呼ばれたのです。

私は何も自慢できるものがない田舎の少年でした。
この年になっても、私はただひたすら
神の愛だけに命を捧げて生きる愚直な男です。

(自叙伝67ページ)


(まこと)の愛とは、
自分の命までも捨てることができるものです。
そこにはいかなる計算もありません。

母鳥が命を捨ててまで雛(ひな)を守ろうとする
その心は、真の愛そのものです。

父母はいくらつらくても愛の道を行きます。
愛の前に自分の命を投げ出していくのが
父母の心であり、真の愛です。

(自叙伝219ページ)

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第二章 愛の刀で苦悩を断ち切る
幸せをもたらす心、不幸をもたらす心



「原因は私自身の心にある」
なかなか厳しいみ言ですが、
これが事実であり、真実だと思います。

お父様の「栄光の王冠」の詩にもあるように、
お父様ご自身もそのように徹してこられました。

相手のせい、人のせいにしたらキリがありません。
全てが自分の責任である、そう受け止める人こそ、
また、神様の心情を本当に実感している人だと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:03 | Comment(3) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする