2019年10月28日

神様がイエス様を失った心情が、どれ位か知っていますか?! 《李ヨハネ先生》



191028-20191026.jpg
南東ヨーロッパ・ピース・サミット
☆アルバニア国会議事堂10.26☆


第60回真の子女の日、おめでとうございます。

今回は、李ヨハネ先生のみ言。
「苦労の中でも神の心配をされる先生」(前編)を紹介します。


神はひとり子イエス様がこの世を去られる時、
とても胸が痛かったとお話ししました。

ところで、第三のアダムとして来られる再臨主がこの地に来て、
再びあちこちで冷遇や虐待を受けるのを見る神は、
そうでなくても心が痛いのに、再び来られた方が、
またそのような目に遭うのを見られる心情が、
どれほどすさまじいだろうかということを考えてみてください。

心情のレベルの低い私たちが、
いくら考えてみて分かったといっても、
神のその心は分かりません。
私たちの心情では、分からないということです。


私たちのような信仰者は、果たして何をもって悩む私たちなのか、
何に対して驚く私なのか、比較してみましょう。

数千万ウォンのお金を扱う人は数万ウォン、
数十万ウォンを逃しても、別に驚きません。

しかし道端に座って商売しながら、
10万ウォン、20万ウォンを集めて、
やっとつくった数十万ウォンを、ある人に貸してあげたところ、
踏み倒されたという時は、どうなりますか?
卒倒することでしょう。


愛着をもっていた時間が長いか短いかによって、
胸の痛みが決まるのは神も私たちも同じです。

4千年をかけて、ひとり子のイエス様お一人を育てたのに、
そのひとり子のイエス様がこの世を去るようになったので、
天地が真っ暗になりました。

お金に精誠を尽くして失った時の驚きとは、比較になりません。
この人間世界では比較することのできない高次元の苦痛なのです。


ですから、問題は信じる私たちが神の驚かれた心を
知り尽くさなければならないのです。
それさえ分かれば、この世の驚くべき出来事を、
すべて勝ち抜くことができます。

殉教者はどういう人なのでしょうか?
神の心配事を知った人です。

一つの家庭でも、父母の苦労を知っている子供は、
自分の悩みや心配、自分のおなかが減ったことなどは問題になりません。

父母を非常に愛する子供なら、自分の苦労を
父母の前にあえて出すことができないのです。
父母がこの日まで苦労したことに比べれば、
自分の苦労は何でもないからです。

職員修練会での説教 
『み旨による私』より
1977年5月23日 中央修練所



自分の愛する人が傷ついていたら、
心配し、胸が痛くなることでしょう。

自分が受けた傷は、
自分が乗り越えたらいいのですが、
愛する人が傷を受けているとき、
自分はどうすることもできず、
苦しむしかないのです。

それが、神様とイエス様との関係であり、
お父様と神様の関係だと思います。

天の父母様を愛する孝情のチャンピオンは
他ならない、真の父母様です。
本当に深い絆で結ばれているがゆえに、
どんな迫害を受けても、神様を思い、
乗り越えていかれました。

今日は真の子女の日ですね。
神様の前に孝行息子、娘として立ち、
神様も誇らしく思われる真の父母様。
私たちも見習っていきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年10月27日

(カメラマンの証) 名古屋大会、お母様の表情が変わった瞬間! 



191027-20191006 (2).jpg


アルバニアの平和サミットを勝利的に終え、
今日の祝福式に備えておられる真のお母様。

いつも私たちは、中継やビデオ映像を通して
そんなお母様の生の姿を見ることができます。

今日は、名古屋大会一連の行事で、
ビデオ撮影を担当した方の証しを紹介します。

お母様の表情が2回変わった、ということですが──


10月5日から7日までの3日間、名古屋に真のお母様をお迎えして
多くの行事が行われました。

私は「U-ONEニュース」チームのビデオカメラマンとして
3日間、さまざまなかたちで映像撮影に携わりました。

そして、現場の様子を撮影していて、
お母様の表情が変わる瞬間に2回気が付きました。

1回目は、名古屋4万名大会の時です。
お母様は、カートに乗られて会場を1周し、
その後にみ言を語られましたが、真剣な雰囲気でした。

み言が終わって、三世の子供たちが花束を贈呈した時、
子供たちの拙さに、ようやく笑みがこぼれたように思います。


そしてその直後、お母様の表情が変わりました。

日韓・韓日家庭の子女たちが日韓和合のために
東京―名古屋間を自転車縦走したことを報告し、決意を述べている時でした。

お母様が、決意を聞かれながら大きくうなずかれたのです。


そして2回目は、翌日に行われた祝勝会です。
この日もお母様は、入場から真剣な表情でした。
み言を語られる時間も、参加者に決意を促すような雰囲気だったと思います。

この日、お母様の表情が変わったのは、
地方議員があいさつを述べている時でした。

この議員が、大会の祝福式に参加できたことへの感謝を述べ、
お母様から頂いた「祝福を分け与えなければなりません」というみ言を
実践する決意を語るとき、
お母様の表情が明るくなり、うなずき、拍手をされました。


思えばこの名古屋大会は、もともと
「家族のチカラ」をテーマに企画されたものでしたが、
お母様の願いを受けて「日韓和合」が大きなテーマに変更された大会です。

お母様は、日韓の懸け橋となる日韓家庭の子女たちの決意を聞かれて
日韓和合への道に希望を感じ、
祝勝会では、地方議員の「祝福を拡散していく」という決意を通して、
日本が国家として復帰されていく希望を感じられたのではないかと思います。

仕事柄、撮影を通して貴重な場面に立ち会うことがあります。
私も、祝福を分け与えていけるように、
いろいろなかたちで撮影の状況を今後もお伝えできればと思います。


191027-20191006.jpg

統一運動情報★取材記★
ファインダーからのぞく真のお母様
カメラマンN


ファインダー越しに常にお母様を見られているので、
表情が変わる瞬間もすぐにわかるのだろうと思います。

ちなみに、裏話を一つ紹介します。
日韓和合のために行われたピースロード。
二世がお母様の前で決意表明する場面がありました。

その時にお母様の表情が変わられた、ということですが、
実は、最初はお母様に向かって話すのではなく、
舞台全体に決意表明をすることになっていました。
急遽、前日に、「お母様に向かって話した方がいいのではないか」
そして、舞台を背に向けて、お母様に決意表明したのです。

さらに付け加えると、最初は日本語で話す予定でした。
ところがお母様に日本語で話すのは、どうか、
ということで、韓国語で話すようになったのです。

男の子は韓国在住だったので問題はなかったのですが、
女の子は日本在住で、相当練習したそうです。
見事に素晴らしいスピーチになりました。

もし、舞台に向かって、日本語で話していたら、
お母様はモニターで見るしかありません。
だとしたら、お母様の表情はどうだったろうかな、
そんな風に思わされます。

今後もお母様の生の表情を
捉え続けていってください。
よろしくお願いいたします。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:47 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月26日

釈迦の嘆き、人生で一番大切なことを説けなかった! 《浅川先生霊界シリーズ》



191026-shakamuni.jpg


浅川先生の霊界メッセージ。
今回は、お釈迦様のメッセージを紹介します。


では次に、日本でなじみ深い釈迦の霊界からのメッセージを紹介します。
日本では九千万人以上の人々が
仏教とかかわりをもっているとも言われています。

釈迦は王様の子供として生まれました。
しかし、釈迦は本心があまりにも高すぎたために、
王子としての生活に心が満たされることはありませんでした。

あるとき城の外で、あまりにもかわいそうな人々の姿を見てしまったのです。
病人、死人、老人などの人生の苦を見たとき、
釈迦は愕然(がくぜん)としました。

「生老病死」の四苦から、人間はいかにしたら解放されて
平安な境地に至るのかを悩み、そのために真理を求めて、
妻子を捨てて出家し、難行苦行の道に出発したのです。

そして、自分の肉欲を克服して平安な境地に至り、真理を悟ったのです。
修行によって、死後、極楽に至ることを信じたのです。

釈迦の教えに従って、精誠を込めた仏教徒ほど、出家、修行をし、
自分の肉欲をそぎ落として極楽浄土を求めたのです。


では、釈迦はどのような霊界に行ったのでしょうか。
釈迦が霊界で修行している姿を見た人の報告によると、
釈迦のいる霊界は楽園の一番下です。

いつも山の中にこもり、独りで瞑想(めいそう)しているというのです。

釈迦は霊界で、多くのことを説いたが、
一番大切で根本的なことを説くことができなかったと悔いています。
それは神様の実在ということです。


人間の幸せにとって絶対に必要な存在であり、
命の主人である神様がいらっしゃったのに、
そのことを説くことができなかった。

肉欲に打ち勝つことは教えたけれども、
すべての森羅万象と命の主人である神様のことを
解き明かすことができなかったと悔いています。

神様について説かなかったことが、天国に行けなかった
最も重要な原因であろうと嘆きながら、
多くの仏教徒に次のようなメッセージを語っています。


「人間がこの世に生まれていかに生きるべきかという問題も重要であるが、
死んでからどこに行くかという問題のほうがもっと重要である。

釈迦は霊界で大宇宙の根本主人としての神を発見した。
私は自分自身が自ら悟れば仏陀(ぶっだ)になれると考えていたが、そ
れは神の前に頭が上げられぬほど恥ずかしいものである。

いくら人のために奉仕しつつ生涯を生きたとしても、
人間を創造なさった神に仕えることができなければ
極楽世界に行くことはできない。
永世の福楽を得られない」

このように述べているのです。

釈迦は、誠実な仏教修行者たちに、
神様を知ってほしいと、切に叫んでいるのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『幸・不幸と霊界の仕組み』より)
第七章 霊界人からのメッセージ
四大宗教聖人からのメッセージ
B釈迦


お釈迦様のように悟りの境地を極めるために、
難行苦行の道、修行の道を行った方たちがいます。
心身統一の世界、悟りの世界に入っていくというのは、
本当にりっぱなことだと思います。

しかし、お釈迦様が嘆かれているように、
神様の存在、神様に到達しなければ、
真の愛の世界を悟ることはできません。
神様のおられる天国には、行くことができないのです。

神様の願いは、三大祝福です。
個性完成の道を極めていっても、
神様と一つにならなければ、
完成することはできませんし、
なおそれ以上に神が私たちに願っているものがあるのです。

お釈迦様は、魔の正体を発見できなかったといいます。
悪魔の存在は認めても、それが何なのか、
悟ることはできませんでした。

お釈迦様たちのように修行の道を歩まれた方たち以上に、
厳しい試練の道を歩んでいるか、
そう問われると恥ずかしい限りです。

しかし、勝利された真の父母様を信じるということ、
さらには、侍って、み旨に同参している、ということ。
これほど素晴らしいことはありません。

真の父母様がおられるこの時に、
み旨を歩めることを心から感謝して、
お母様が語られる「責任」を果たす者になっていきたいです。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:51 | Comment(0) | 霊界 霊人と共に歩む生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする