2019年10月16日

姑が死んでも消えない思いとは?! 幸せをはばむ3つの「れる」 《浅川先生》



191016-20190921.jpg


浅川先生の自叙伝書写講話です。



自分と人を苦しめる“横綱級の心”があります。
番付表ではいつでも上位を保っています。
「怨(うら)み」です。

怨んで幸福になった人はいません。
怨みとは誰かを怨むわけですが、実は怨む心が自分を苦しめているのです。

怨みの恐ろしさは、
相手がこの世から消えることを望む思いに進化することです。


お姑(しゅうとめ)さんの命日になると
必ずお墓参りするお嫁さんがいたそうです。
それはそれは、熱心に供養しています。

住職さんは、いまどきのお嫁さんにしては見上げたものだと、感心していました。

ところが、ある命日のことです。
供養が終わってから、お嫁さんが住職に悩み相談にきたそうです。
その話を聞いて、住職さんは仰天しました。

「実は、私は姑の命日がくるたびに苦しんでいるのです。
供養の最中、姑が私に浴びせた暴言を思い出して、
怨みが湧いてきてしまうのです。
どうしたらいいのでしょうか、もう耐えられません」。

姑が亡くなっても嫁の怨みの心は無くならなかったのです。
怨みとは相手が死んでも残存する恐ろしい不治の病なのです。


人は病気になれば、必ず病院に行き、重症であれば入院して手術を受けます。
悪い菌を取り除いたり、腫瘍を切り取ったりします。

ところが、人は不思議なことに、心に付着した腫瘍は取り除けないのです。
悪なる心をしっかり身につけて離しません。
愛蔵品のように大事にしまっておく人もいます。

悪なる心は、あまりにも大切にされるので、
すっかり居心地が良くなって、心に居座っているのです。

日頃は、おとなしくしていますが、
いざとなると激しく活動して“残業”もいといません。
心の持ち主を不幸のどん底に落とすためなら何でもします。

人を傷つける暴言を送信し、
他人の叫びは受信せず、自動消去します。
たちの悪いスマートホンのようです。

このように、苦しみは自分自身の悪なる心が発動して生じているのです。


しかも、悪なる心は、持ち主を
三つの「れる」に拘束して、死に至る病にかからせます。

三つの「れる」とは、まず、
過去の怨みに、「とらわれる」です。

次に、今の苦しみに、「さいなまれる」です。

そして、未来を「恐れる」です。

過去の出来事のために、現在を失い、
まだ来てもいない未来も失うのです。

「あすも、きのうと同じようにひどい目に遭うに違いない」
と、恐れを抱き、希望を捨てるのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第二章 愛の刀で苦悩を断ち切る
自分と人を不幸にする心








にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 11:00 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月15日

こうやって奇跡的に興南から脱出した! 69年前の解放劇 《金元弼先生》



191015-Hungnam_korea.jpg


昨日は、以北出監69周年でした。

また、6000双祝福37周年、さらには、
10.14真の父母様天宙祝福10周年、
天地人真の父母定着完了10.14祝福9周年です。
祝福を受けられた皆様、おめでとうございます。

他にも霊界統一解放式19周年と、
10月14日は、家庭連合にとって、
歴史的な日ですね。

今回は、お父様が興南から解放された時のことを、
金元弼先生が、話されていますので、
紹介させていただきます。


この戦争(6.25動乱)が起こったのと前後して、
牢屋の中でお弟子になっていた人の中には、
北韓のキリスト教連合会の会長をしていた有名な一人の牧師がいました。

彼は先生に一生侍って働く決意をして、
自分の身に何事か起こると、常に先生に相談していました。

興南から四キロくらい離れた本宮に刑務所の分所がありました。
そこの仕事は非常にたやすいということで、年も取っているので、
先生に「私は、そこは非常に仕事がたやすいというので、
移ろうと思いますけれども、先生の意見はいかがですか」
とアドバイスを受けることしたのです。

先生は彼に、「ここにいる方がいいですよ」と勧めてあげました。
彼は、興南はなかなかつらいと思っていたのです。
それで先生から言われても、自分の思いのままに分所に移りました。


次に、牢屋で最初のお弟子になった金さんが、
先生のところへ来て、「私も大変なので、分所に移りたいのですけれども、
どうしたら良いでしょうか」と聞きました。

先生は、「お前が本当に行きたいのならば、行くがよかろう。
もし何事か変わったことがあった場合には、
そこから逃げ出すようにしなさい」と注意をしてあげました。


動乱がますます進むうちに、戦いの情勢は逆転して、
UN(国連)軍は海から興南に上陸することになりました。
牢屋では、囚人を別の所に移さなければなりませんでした。

しかし、戦いが急に不利になってきたため、
収容しているたくさんの人たちを連れていくことができないので、
仕方なく処刑しなければならなくなりました。

そこでついに手を出したのが、この分所でした。
その分所の人たちを全員トラックに乗せて、裏山に運んでいって残らず銃殺にしました。

その時、先生から行かない方がいいと言われていた牧師は、犠牲になったのです。

ところが、金さんは、トラックに乗せられて走っている間に、
どうにかして逃げなければいけないと思い逃げたのです。
そして無事に南まで帰ってきました。

牧師さんはみ言のとおりにせずして銃殺され、
全さんはみ言のとおりにして救われたのです。


その次に手を出したのが、先生の収容されている興南でした。

夜になると、一人一人、部屋の前で番号を呼ばれます。
そして、この人たちを別の所に移すといって安心させて、裏山に連れて行くのでした。
囚人たちにシャベルを持たせて穴を掘らせ、
次に機関銃で皆殺しにして、そこに埋めたのでした。

先生には全員が処刑されるということが分かりました。
運ばれていって、ある時間が経過すると、
銃殺する銃の音が大きく聞こえ、それによって銃殺されたということが分かったのです。

その時の先生の心はどれほど緊張したかということを、
私たちは推し量れると思います。

一つの部屋から次の部屋へと、先生の部屋までどんどん近寄ってきたのです。
十月十三日には先生の部屋から何人か呼ばれました。

ところが、それを最後に、国連軍が上陸してきたので、その時点で
共産主義者は、それ以上処刑する時間がなくて逃げ出すようになったのです。

それで先生は奇跡的に脱出することができたのです。
それが五〇年十月十四日のことです。

このようにして先生は歴史的な解放の日を迎えるようになったのです。


皆様もよく御存じのように、サタンは先生を
自分の思うままに自由にすることができたので、
この牢屋にまで入れたのでした。

けれどもサタンは先生を讒訴することができませんでした。
私たちがサタンの侵入できるある条件を提起しない限りは、
サタンは紙一枚であっても侵すことはできないのです。

先生の歩まれる道は、天が助けざるを得ない、
そして霊界が協助せざるを得ない道であると私は思います。

先生は苦労の中にあっても、それを自分の苦労とせず、
神の苦労の身代わりとして、天宙の身代わりとして、
世界のすべての、あるいは霊界すべての人々の苦労の代表として歩まれました。

そのように、神から見てもサタンから見ても感動せざるを得ない、
そういう心情の内容をもっていらっしゃいました。

ですから、先生が危ないところに立てば立つほど、
神が人を遣わしてそれを免れるようになさっても、サタンは讒訴できないのです。

サタンも先生を見る時、讒訴条件がなかった場合、
先生を後にして逃げなければならないということになるのです。

先生は神を感動させ、そしてサタンを感動させ、
そういう人間としての勝利の基準を立てたのですから、
その先生を慕う私たちも、
こういう路程を勝利の基準としながら歩かなければならないと思います。

伝統の源流
第六章 興南解放と釜山伝道
歴史的な解放の日より


最近、お母様がよく語られていますが、
興南の解放の奇跡は、お父様のためでもあり、
また、お母様のためでもあったといいます。
そういう意味では、
神様の摂理はなんとも奥妙であると感じます。

そして、この時、お父様とともに助かったのは、
自分の判断で物事を決めた人ではなく、
お父様の指示通りに動いた人でした。

そして、お父様ご自身も
貴い精誠を尽くしていかれ、
サタンが讒訴できない条件をたてられたので、
神様が救い出されたのでした。

勝利された真のお母様と
一つになることが、どれほど重要であるか、
そのことを改めて教えていただきました。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 09:04 | Comment(0) | お父様・お母様の路程 証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年10月14日

神様が得た最高のカウンセラーは。。。?! 《大知先生「氏族伝道の心理学」》



191014-20191007.jpg
名古屋4万名大会祝勝会10.7☆


大知(おおとも)先生の、心理学と原理に基づく新しい考察──
今日は、「天地人真の父母様とは」を紹介します。


復帰歴史の中の神様の姿を丁寧に追っていくと、
神様の苦悩、不安と怒りがよく見えてきます。
アダムとエバの堕落以来、
不安と怒りの中にあって苦しまれていた、そうした神様の姿です。

では、天地人真の父母様とは、どのようなお方であられるのでしょうか。
神様の不安と怒りを解かれた方、つまり、
傷ついて苦しまれていた神様の心を癒やされた、
いわば神様の主治医のような役割も果たされた方、とも言えるのではないでしょうか。


心を癒やすことは、簡単なことではありません。

私自身、心の病の治療を専門としている者ですが、
不安と怒りの中にあって気持ちが不安定な人の話を聞きながら、
その人の気持ちを整理して、落ち着かせていくことは、多くのエネルギーが必要です。

私が、それを専門家としてやっていけるのは、カウンセリングには枠組みがあり、
例えば、一週間に一回、一時間、というように時間が区切られているからです。

カウンセラーは、患者さんに個人的な連絡先を教えることは、基本的にはありません。

もし教えると、患者さんが不安になった時に、
いつでも連絡を入れてくるようになるからです。
そうなると、カウンセラーのほうが、もたなくなってしまいます。

ですから、心の病をもっている人の家族は、本当に大変です。
統合失調症にしろ、アルコール依存にしろ、その他の病気にしろ、
心の病をもっている人の家族は、二十四時間対応しなければなりません。
心が休まる時がありません。

ですから、結局は別居したり、入院させたり、施設に入れたりと、
家族は、患者から離れることを考えるようになります。


しかし、真の父母様は生涯を懸けて、神様をいたわり、
神様を慰め、神様に侍ってこられました。
それは、どれほど大変なことだったのでしょうか。

十六歳(数え)で召命を受けた時から、休まれることなく、
ひたすら神様に孝道を捧げてこられた方が、真のお父様です。


先にも述べましたが、不安や怒りは、身近な人に向けられます。
他人ならば気にならないことが、夫や妻のこと、
あるいは子供のことに対しては不安になるという経験は、
誰にでもあると思います。

他人には、「気にし過ぎ、大丈夫よ」と言えても、
自分の家族のことになると、そうは考えられなくなります。

怒りも同様です。怒りが湧いてくるのは、誰よりも家族に対してです。
他の人ならば気にならないことが、夫や妻のことになるとイライラしてくる。

よその子供ならば笑って許してあげられるけれども、
自分の子供に対しては腹が立ってしまうということは、
誰でも経験していることだと思います。

不安や怒りというのは、心情が近い人に対して起こってくるものです。

 
真の父母様は、歴史上、神様に最も近い方であられるわけですから、
神様の不安や怒りを一番受けてこられた方でもあるでしょう。

歴史的に積み重なった神様の不安と怒りを含めた
様々な思いのすべてを受け止め、
神様を慰め、癒やされた方が、真の父母様です。

神様の不安や怒りは、どれほど大きかったことでしょうか……。
想像もつきません。

私たちは、真の父母様の歩みを考えるとき、サタンとの闘いをイメージします。
サタンと命懸けの闘いをしながら、
勝利を勝ち取ってこられた真の父母様のイメージです。

でも、もしかしたら、神様の心の苦悩、不安と怒り、
人類に対する不信感などを解かれる歩みのほうが、もっと大変だったかもしれません。

真のお父様は、サタンとの闘いについては語られることがありますが、
神様の不安と怒りに対してどのようにしていかれたのかについては、
ほとんど語られていないように思います。

しかし、真の父母様のご苦労の心情を推し量っていく上で、
このことはとても重要なことのように感じられます。
神様の心情の解放とは、何よりも
神様を不安と怒りから解放・釈放されたことであると思うからです。

天地人真の父母様は、どれほどすごい方であられることでしょうか。
ハレルヤ! アージュ!

大知 勇治・著(光言社・刊
『成約時代の牧会カウンセリング 氏族伝道の心理学』より


真の父母様は本当に素晴らしいお方ですね。

神様はずっと忍耐し、我慢してこられました。
そんな神様を初めて慰労されたのは、
2000年前のイエス様でした。
自分が十字架の道にいかれても
むしろ神様にとりなしていかれました。
その道は、真の父母様も同じだと思います。

「不安や怒りというのは、心情が近い人に対して起こってくるもの」
これは、皆様も実感するところではないでしょうか。
ですから、神様とお父様の関係においてもそうである、ということです。

なんというか、神様はあまりにも人間的なんだ、と思います。
全知全能なお方でありながらも、
情の世界においては、人間と全く同じである、
その神様を慰めていかれたお父様は、
まさに、偉大であるとしか言いようがありません。

まさに神様に対しての最高のカウンセラー、
真の父母様に改めて感謝いたします。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 10:00 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする