2019年10月21日

祈祷に集中できない人へ 自分のためには祈らない?! 《李ヨハネ先生ベスト・アンサー》



559884_616598878367223_1056673521_n.jpg


李ヨハネ先生のベスト・アンサー、
今回は珠玉のみ言、
栞をはさんで、何度も読み返したい内容です。

信仰がない人も、あると思う人も、
よく祈れない人も、祈れる人にもお勧めします。

『意識が集中できず、祈りに起伏があるのですが』
に対する回答です。


祈りやすい時は、何か公的に尽くした基準で、祈祷ができるのです。

生活に対してふまじめな時は、祈祷ができないのです。
与え、尽くすという心がない人は、祈れないのです。

祈れる人は、悲しい人、苦労する人を自分のように思える人なのです。


祈祷は自分のことではしないのです。
絶対に私のために祈るのではなく、人のために祈るのです。

その人の苦労を自分が痛感したその時には、
それは一人の苦労だけれども、兄弟の苦痛となる。


それを考えれば、神も大先生(真のお父様)も
イエス様もみな、気の毒な方であったのです。

一人の問題が自分の問題のごとく思ったその種が、
神様の苦しみにまで繁殖するから祈りができるのです。

だから、涙はどういう時に出るかというと、
目の前の人を愛したのちに、
大先生は私たちのような人間を担当して苦痛を受けたか、
神様はどれほど
信じられない人間に対して摂理され、どれほど苦痛だろう。

そこまで神を慰めたくなるのです。


だから私は、
「なんでもかんでも祈祷せよ」とは言わないのです。

何かにぶつかった時に、「ために」暮らしたいと思っても、
思うようにいかない時、祈祷せよというのです。
神様が憐れんでくださるからです。

人間関係と同じで、相対基準が立たないと、祈祷しづらいのです。
心を閉じていると話が通じないし、
神様の心のドアを開けられる実績をもたないといけません。


祈祷は報告なのです。

これからこう暮らしたいと願うのです。
自分で考えるよりも、神様がこう願うから、
このように生きたいと報告するのです。

いつも神に報告して委ねていくのです。
すると神様は、危ない時に主管してくれるのです。


聖書にもあるように、日曜日に礼拝に出るのが神のみ旨です。

その日に行くために、日曜日には火事や戦争が起こらないように、
祈祷しておけというのです。
前もって報告し、お願いしておくのです。

日曜日は聖日です。
その日はいつも頼んでおくのです。

私たちはみ旨を勝利しようとするのですから、常に頼んでおく。
するといつも守られるのです。

私は、一カ月に一度の地区長会議には、大先生にお会いしているのです。
その時に事故がないように、いつも祈っておく。
そういう時に、いつも参加できない人がいるのです。

あなた方も三年間の信仰を積んで、
一生に一度の祝福の日に出席できない人がいるのです。
悔しいことです。
事故が起こったり、反対する両親につかまったりしてです。


生活の中で、常に神に尋ねてみるのです。

そばに相談して教えられる人をおいていると、神は干渉しないのです。
一人ぼっちの所へ開拓に行った人は、いつも霊界が干渉します。

大先生と共にいる人は、全然霊界のことを知らないのです。
私たちの教会の食口より、他の教会の霊通者が、
大先生の価値を、天の秘密をもっと知っているのです。


兄弟を貴重に思って、苦痛を共に祈祷しなさい。
主体者と自分との関係をいつも分かって、祈祷するのです。

起きる時、顔を洗う時、服を着る時、自分がやると思ってはいけない。
観念的ではなく、神と共に暮らしているという生活に、
情的に生まれ変えさせなくてはいけません。


最初、私たちも訓練しました。
「何も知らない人々と、共に風呂に入ることを条件にしてください」

バスに乗る時も、席がない時、お父様の席を考えていると
パッと他の人が立って席があくとか、道を歩く時、
右側は大先生が歩いていると思うのです。

それが慣れたら神と共に暮らすという実感をもつのです。
家を出る時の三歩は必ず思い、御飯を食べる時の三回は必ず思い、
そのうちに基準が立てば、初めは私は神のものだと思い、
慣れれば自分が自分でないという実感をつかむのです。


先生が御自身のことを「先生」と言われるのは、
自分でないからです。

自己否定ということは、大事なことなのです。



今から50年くらい前の草創期の頃のみ言だと思われますが、
「祈祷は報告なのです」と語られています。

今私たちが、報告祈祷を捧げていますけれど、
ヨハネ先生は、すでに悟っておられたのだと思います。

そして、祈りを深めるためには、
心情から入っていく、ということ。

もちろん、神様や真の父母様の心情に通じていれば、
深く祈ることができると思うのですが、
心情が遠かったとしても、
心情が近い人のことを思っていくと、
天に通じる祈りができる、
ということなのだと思います。

そして、日常生活でも、
自分自身を神の宮として、貴く思うこと。
改めて、心がけていきたいです。

ヨハネ先生、貴重なアドバイス、ありがとうございました。







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 07:56 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする