2019年11月30日

真の母を台湾に迎えることのできた奇跡、その背景は?! 《徳野会長》



191130-20191123.jpg


徳野会長のビデオメッセージ。
今回は、台湾報告です。

何回か紹介しているので、
重複しているところもありますが、
すべてを網羅して報告しておられるので、
改めて紹介させていただきます。


今回は、台湾で開催された「世界平和華人連合2019世界大会」(11/22)と、
祝福式「孝情文化真の愛家庭祝福祝祭」(11/23)について
7つの観点でお伝えします。


[T]真のお母様を台湾にお迎えできた「奇跡」

台湾では、教会基盤が小さいにもかかわらず、
一見すると無謀≠ニも言える「1万4000人大会(7000組祝福式)」に挑戦しました。
方相逸・天一国特使を中心に、
食口たちが「13年ぶりに真のお母様をお迎えしたい!」
「大会勝利を台湾の復帰につなげたい!」との一途な情熱をもち、
精誠の限りを尽くして大会を準備した結果、お母様をお迎えすることができました。

お母様は最近、国賓あるいは準国賓として
大統領や首相がお迎えするという国家的基盤のない国には訪問なさいません。
しかし今回、そのような基盤がないにもかかわらず、
台湾訪問を決断されたのです。
それは正に、台湾メンバーの「精誠の賜」だと言えます。


[U]天が評価する華人連合世界大会の勝利

お母様は同世界大会の勝利をとてもお喜びになり、
その夜に方相逸特使と李昭輝・台湾家庭連合会長を呼ばれました。

そして、翌日の朝に祝福式がまだ控えているにもかかわらず、
「天一国台湾」という勝利の称号を下さったのです。
さらに祝勝会では、「天一国中国」ともおっしゃいました。

お母様がそのように評価される理由について、
私が悟った内容を3つ紹介します。

1つ目は、私たちの想像以上に、華人連合世界大会の
勝利の摂理的意味が大きいということです。

お母様は、人口約2400万人の台湾だけではなく、
中国大陸の13億9000万人、
マレーシアやシンガポールなどを含めて
17億人の中華圏全体を見詰めながら、
このたびのみ言を通して祝福してくださいました。

2つ目は、方相逸特使をはじめ、台湾の責任者がみな、
1万4000人の動員に何の心配もしていなかったことです。
お母様はその姿に安堵され、祝福式の勝利に対して、
大会の前日に既に確信を深められたに違いありません。

3つ目は、台湾の食口たちが責任者を中心に一体化していたことです。
方相逸特使は、尹煐鎬・世界本部事務総長や
私たち日本の責任者とも一つになり、
何よりもお母様と完全に一つになっていました。


[V]中華圏に対するお母様の高い関心

お母様は、「中華圏の人々が、天を中心とした
人類一家族と世界平和の実現のために先頭を切ってほしい」と願われました。

今回、台湾の五権(立法、司法、行政、孝試、監察)の1つを担う
張博雅・監察院院長が、世界大会の来賓挨拶で、
お母様の中華圏への愛情と期待に感謝の意を示したことからも、
その願いは確かに伝わったことと思います。


[W]7000組を既成祝福式に導く動員の大勝利

台湾メンバーは里長(「里」は「区」のもとの行政区分)をはじめ、
地方自治体の長(責任者)を積極的に渉外しました。

「祝福結婚」の恩恵を前面に打ち出し、
台湾の家庭倫理再建と平和実現を呼びかけた結果、
550人の前・現里長たちが夫人を伴い、祝福式に参加しました。

台湾の9歳の女の子が、街頭で女性社長を伝道した
証しを耳にしたことがあると思います。
今回、その兄(13歳)が妹に刺激を受けて、
27組を当日の大会に導いたそうです。


[X]二世たちによる圧巻のパフォーマンス

二世たちは祝勝会で、韓国語の歌を6、7曲、
台湾文化を感じさせる振り付けで歌いました。

約3か月間、彼らは土曜、日曜に台北の教会に集まって練習を重ねました。
遠い所では夜行バスで約7時間かけて通ったそうです。
お母様は、その精誠と公演のレベルの高さに深く感動し、
「胸がいっぱいです。本当に良かった」と感想を述べられました。


[Y]神日本家庭連合としての協助の取り組み

まず、田中富広副会長を現地に派遣。
田中副会長はこれまで、お母様をお迎えした
日本の大会で舞台の運営責任者を務め、
舞台設営のプロが舌を巻くほどの知識と経験があります。

また、台湾が任地の天一国青年宣教師をはじめ、
香港などの中華圏で活動した経験のある青年宣教師を派遣し、
第1地区の青年スタッフ50人も応援に駆けつけました。

そして、全国の教区長と婦人代表約150人が、
祝福式の聖水要員を務めました。


[Z]台湾の勝利から学ぶべき5つのポイント 

@チャレンジ精神。
小さい教会基盤でも臆することなく、
7000組の祝福式に果敢に挑戦し、奇跡的な勝利を天に捧げました。

A至誠感天。
「真の父母様を喜ばせてさしあげたい」との一念で
精誠の限りを尽くせば、天をも動かすことができると証明してくれました。

BVIP 渉外の重要性。
張博雅院長、呂秀蓮・元副総統という2人の女性リーダーが、
洗礼ヨハネ≠ニしてお母様を見事に証しました。
来年2月の「ワールドサミット」(韓国)に向け、
日本もVIP渉外を本格的に進めましょう。

C神氏族メシヤの推進。
本部でも台湾方式≠フ祝福結婚運動を推奨しています。
日本全国で祝福式をさらに開催し、
各地域で家庭の価値、祝福結婚の恩恵を積極的に伝えながら、
神氏族メシヤ活動を推進しましょう。

D二世教育の重要性。
二世、三世たちは、真の父母様に喜びをお返しし、
慰労してさしあげる無限な力を秘めています。
その力が発揮されるよう、二世、三世教育にさらに投入しましょう。

基元節7周年までの残された2か月、家庭連合をはじめ、
日本の全ての統一運動は、台湾の至誠感天の精神を相続し、
天の父母様(神様)と真の父母様を喜ばせてさしあげるために
完全投入してまいりましょう!



写真は、二世たちがお母様の前で、
パフォーマンスをしているところですが、
これだけでも雰囲気が伝わってきますね。。。

実は、台湾にお母様が来られるのが正式に決まったのは、
本当に直前のことだったそうです。

先日もお伝えしたように、
咳をされたり、口の中がただれるような状況でしたが、
お母様はお越しくださいました。

13年ぶりにお迎えできた喜び。
その歓喜はいかばかりだったでしょうか。

二世も含めて、方特使をはじめ、
台湾メンバーの精誠、孝情の心情が
実を結ばせたのだな、
改めて感じるレポートでした。

アフリカで精誠を尽くされる、
お母様に思いを馳せていきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)
posted by ten1ko2 at 08:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月29日

最高の国賓待遇で独生女を迎える! 各国首脳が参加、アフリカ・ニジェール



191129-20191128.jpg


真のお母様、世界巡回路程。
今、お母様はアフリカ、ニジェールにおられます。
昨日は、「アフリカ大陸サミット2019」、
そして、本日は、「真の家庭祝福祝祭」が開催されます。

昨日、お母様がニジェールに到着された様子を、
抜粋、編集してお伝えします。


今日、ニジェール大統領はもちろん、
ニジェール全国民が待ち望んでいた真のお母様が
ニジェールを祝福するためにいらっしゃいました。

特にアフリカが過去、奪い征服する文明に転落した
「大西洋文明圏」によって征服と抑圧の歴史であったとすれば、
摂理の最後の一時のために天が準備なさった、
ために生きる真の愛の心情文化に基づいた
「太平洋文明圏」にアフリカが賛同し、
祝福と幸福の歴史をつづることを願っておられる
真のお母様の願いを伝えました。

これに対して首相は、
「真のお母様のビジョンに積極的に参加する」と決意し、
「明日真のお母様を迎えるために、直接空港に行く」
という破格的な約束までしてくれました。

一般的に一国の大統領が他国を訪問する時は大きく
< 国賓訪問 > <公式訪問> <実務訪問> <私的訪問>
の四つの形態があります。
そして、<国賓訪問>の場合、一般的なプロトコル(協約)上、
当該国家の長官が儀典を担当するのが通常です。

しかし、大臣ではなく首相が直接空港に
歓迎のために出るということは、
訪問者に対する最高の礼を表すことを意味するので、
お仕えする立場から私は実に感謝しました。


真のお母様は2時30分にニジェールに到着されました。
飛行機から降りられるとすぐにニジェール政府は
最高の礼を真のお母様に見せました。

私が今まで国家単位の行事を進行しながら
経験したことのない最高の歓迎儀典(儀式)でした。

まず真のお母様は一般空港ではなく大統領専用空港に入国されました。
そして大統領ラウンジを使われました。

そして、ニジェール首相をはじめ、
外交部長官、企画財政部長官、経済部長官などが長官全員と、
アフリカのユニオンエージェンシー特任長官、大統領秘書室長、儀典室長など、
ニジェール最高政府官僚が出揃って、真のお母様を出迎えたのです。

特別に国賓に礼遇するレッドカーペットを
飛行機から大統領ラウンジまで100メートルを準備してくれて、
真のお母様は飛行機から降りるとすぐ首相の案内を受けて
レッドカーペットを踏みながらラウンジに向かわれました。

途中、約150人ほどのニジェール国軍の儀装団査閲と礼を受け、
他の片側にいたってはニジェール最高の
伝統舞踊手の公演を通じた歓迎を受けられました。
首相は一つ一つ丁寧にお母様に説明をしてくれました。


そして大統領ラウンジで首相と少しの歓談をなされ、
真のお母様はイスオプ ニジェール大統領が
直接出してくれた専用車(防弾車)に乗られてホテルに向かわれました。

ニアメ首都近郊には、今回の行事のために
5000人余りの軍警が警護と儀典を務めているそうです。
そのためかホテルに向かう途中、ただ一台の車も見ませんでした。
ただ軍警のエスコートを受けるお母様の車両だけ道路を走りました。

車両にはニジェールの外交部長官が大統領の特命を受けて
空港からホテルまで真のお母様に同行しました。


誰も行ってみたことが無く、誰も歩かなかった道を
真のお母様は直接つくり、歩いておられます。
偉大な挑戦、偉大な路程であられます。

指導者、食口の皆様 !
真のお母様の聖壽無彊(長寿を祝う言葉)と聖心の強念であられるように
指導者様と食口の皆様の多くの精誠をお願い致します。
(文責:ten1ko2)



レッドカーペットでエスコートをされた真のお母様。。。
お母様の心境はどうだったでしょうか。

ようやくここまで来たんだな・・・
私も感慨深い思いになりましたが、
その途端に、お母様は、どんなにか
実体のお父様と共に歩きたかっただろうな、
そんな思いにさせられました。

お母様と共に銅鑼を鳴らしているのは、
ニジェールの大統領です。

アフリカ中の現・元国家元首、
VIPたちを多数迎えたアフリカ・サミット。
その立役者は、何といってもこの大統領でしょう。

ニジェールには、
食口がどれくらいいるでしょうか。
ですから、今回の内容は、トップダウンだと思います。

先回のサントメ・プリンシペを含めて、
このような国が上がってくるということは、
お母様も考えておられたでしょうか。

お母様の精誠によって、
浮き上がってきた国、ニジェール。
アフリカ・サミットの成功を心から祝福いたします。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 10:26 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月28日

「ダーウィンが行っちゃった!」 進化論はもう古い?! 宇宙誕生の真実を明かす「新創造論」



191128.jpg


今年聖和された大谷明史(あきふみ)先生の著書の一つ、
『ダーウィニズムを超えて〜科学の統一をめざして』が
Blessed Lifeに紹介されていました。


   ダーウィンの『種の起源』発表から150年。
  「進化論」は生物学にとどまらず、
  社会問題、政治問題などさまざまな分野に大きな影響を与えてきました。
  現代の自然科学も、
  神の創造や目的論を排除することによって混迷を深めています。

  本書は進化論の問題点を整理し、統一思想による
  「新創造論」としての新たな見地を提言しています。
  さらには、科学時代の新しい神観を提示し、
  科学の統一をめざしています。
(光言社)



第一章 進化論を超えて
(一)生物に目的はあるか@


○進化論

生物界は適者生存、弱肉強食の世界である。

したがって、生存に適したもの、
繁殖力の強いもの、力の強いものが生き残ってきた。

したがって、生物は目的をもって存在しているわけではない。


○創造論

神はお一人で完全であり、自己充足的な方であって、
神には必ずしも人間と万物を創造する必要はなかった。
しかるに神は人間を創造されて愛を注がれた。

そして神は万物を創造して、
「海の魚と空の鳥と地に動くすべての生き物とを治めよ」と祝福された。
すなわち、人間は万物の主人として創造されたのである。

しかし万物は何のために存在しているのか、存在の目的は明らかではない。


○新創造論

神は愛して喜ぶために、人間を神の愛の対象として創造された。
万物は人間の愛の対象として、人間の喜びのために創造された。

さらに、すべての被造物は
個体目的と全体目的という創造目的をもって造られている。

個体目的は「自己の生存を維持する」ということであり、
全体目的は「ために生きる」ということである。

したがって、すべての被造物は生存に適しているのみならず、
低次のものはより高次のもののために存在し、
究極的には、すべての万物は人間のために存在しているのである。

大谷 明史・著(光言社刊
『ダーウィニズムを超えて〜科学の統一をめざして』*より)
*2009年に発刊されたが、
新たに「進化論を超えて─新たな展望」と
「宇宙の統一原理に向けて」の二つの論文を増補し
再発刊(2018年)


神の創造は、統一原理や統一思想にはっきり示され、
学んだ私たちには当然の真理ですが、
一般的にはまだ知られていません。

また、進化論は、すでに科学的にも崩壊しているのですが、
日本においては、まだまだ全然そういう認識はないようです。

「ダーウィンが〇〇!」という番組もありますし、
進化論がさも真理であるような見解です。

やはり、神様を信じる人が少ない日本人なので、
創造論は否定したがるのだと思います。

また従来の創造論も、完ぺきではありません。
キリスト教等の教理の枠を抜けられないため、
科学的な説明ができなく
宇宙的な真理を映すものにはなっていないようです。

大谷先生は長年、「新創造論」という立場で、
著述や講演会などをしてこられました。

古い観念を捨てて、
本当の真理を正しく知っていただけるように、
まずは、私たちからしっかりと学ばなければ、と思うのです。

今後も重要だと思われる内容は、
紹介させていただきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)



※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)