2019年11月15日

不和の種を作っていませんか?! 私には決定権はない 《李ヨハネ先生》



191115.jpg


李ヨハネ先生のみ言、
今日は夫婦のお話、
「私はだれに拠る私なのか」です。


夫婦同士でもそうではないですか?
「私はあなたのためにいます」
こう言っておいて、自分の我を張るので闘いが起こるのです。

夫婦同士不和になるのは、自分を主張するからであって、
自分の主張をしなければ不和が起こるはずがありません。

夫は妻のためにあり、妻は夫のためにいるのでしょう。
お互いのためにいるのではないでしょうか?
お互いのためにいるなら、不和が生じるはずがありません。
自分の主張をするので不和が生じるのです。

和睦するのは易しいことのようですが、
自分というものを折ることが大変なため難しいのです。

私たち各自が、私はだれに拠る私なのか?
私はみ旨に拠る私だ、
このように徹底した中心が立てられなければなりません。
ところがそうできない時が多いでしょう。

ですから和睦ということが易しいようで難しいのです。
自分の先入観を主張すれば和睦できません。
ですから相談しなければならないのです。

私には決定権がありません。
自分の生命を左右できる決定権がありますか?
ありません。
私には根本的に決定権がありません。
神に拠る生命だからです。

ですから私はだれかから決定を受けて生きるようになっています。
罪とは何かというと、自分勝手に考えて決定することです。
今日、このことをはっきりと分かって帰ってください。

家庭での夫婦関係、親子関係は、お互い相対基準を結んでいるので、
自分一人で考え、自分一人で決定することが
結果的には罪になりうる種となるのです。
罪だと断定することはできなくても、不和の種になりうるのです。

今日私たちが心に決め、考えるすべては、
喜びを生産するための種に
ならなければならないということではないでしょうか?

家庭を喜ばせ、自分の教会を喜ばせるというように、
自分の考えること、しようとすること全部は、
喜ぼうとしてすることではないですか?

職員修練会での説教 
『み旨による私』より
1977年5月23日 中央修練所



真の父母様は、完全に一つです。
神様に侍り、神様に一つとなっているがゆえに、
お互いを立てておられるのだと感じます。

お母様は、今日も最前線です。
お父様の願いに応えたい・・・
その一心があってなされているのだと思います。

お母様の勝利はお父様の勝利であり、
そして神様の勝利です。

どんなに誰が非難し、反対しようとも
出発が天とお父様にあるので、
その結果が実りつつある、というのです。
本当に素晴らしいことです。

夫婦一体。
ある意味、永遠のテーマかもしれませんが、
「私はあなたのためにいます」
「私には決定権がありません」
ヨハネ先生のみ言を携えて、
向かい合っていきたいと思うのです。





にほんブログ村

良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!
(なお、記事の冒頭の家庭連合のバナーもブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人において、書いているものであり、
教会本部とは一切関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、ブログの記事においては
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)

posted by ten1ko2 at 08:43 | Comment(1) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月14日

ズバリ「日本共産党」が、日本からなくなるべき理由とは?! 〈ちょこっと勝共〉  



191114.jpg


今日も題名に惹かれて紹介します。

「日本共産党は日本からなくなるべきである」

過激なタイトルですが、
そう言い切る理由を聞いてみましょう。

国際勝共連合で教育部長をしておられる
中村学氏の人気動画シリーズ
『ほぼ5分でわかる勝共理論』の中の一つです。


日本では表現の自由や政治活動の自由が保障されています。
政党がどんな政治目標を掲げても自由です。
 
ですから、ある政党だけを特別に批判する、
この政党は存在すべきではない、というのは、本当はおかしな話です。

でも私たちは、日本共産党だけを厳しく批判しています。
「日本共産党は日本からなくなるべきである」とまで考えています。


どうしてそう考えるかというと、
日本共産党は、日本という国を根本から否定する政党だからです。
この点が、他の政党と根本的に違います。

つまり他の政党は、日本という国が存在することを前提として、その上で、
日本をより良い国にするにはどうしたらよいかということを考えています。
もちろんその考え方はさまざまです。

例えば、税金をもっと上げた方がいいという人もいれば、
下げた方がいいという人もいます。

でもその違いは、日本という国が存在することを前提とした意見の違いです。

しかし共産党は、話し合いの大前提になっている、
日本国家の存在そのものを否定する政党なのです。

なぜかというと、彼らの最終目標は日本を共産主義化することだからです。


改めて言いますが、日本共産党というのは
日本を共産主義にすることを目指している政党です。

もしそうでないなら、日本共産党という政党名は変えないといけません。

「いやいやいや、実は私たちは共産主義を目指してなんかいません。
実はあれは名前だけなのです。
私たちは、本当は単に憲法を守りたいだけなのです。
単に平和を目指しているだけなのです」というのであれば、
今からでも日本共産党という党名を変えたらいいでしょう。

例えば、「日本平和党」とか、「憲法変えない党」、なんかはどうでしょうか。
もしそうやって党名を変えるのだったら、私たちは反対しません。
日本という国を前提としている以上、政治活動は自由だからです。

 
ここで、改めて共産主義とはどういう考えなのかを説明しておきましょう。

詳しくは勝共理論のシリーズ(例えば、光言社刊『よくわかる勝共理論』)
見てもらえれば分かるのですが、
共産主義というのは、資本主義を根本から否定する考えです。

どういうことかというと、共産主義の国では、
国民が経済活動を行うのではなくて、国家が経済活動を行います。

さらに言えば、政権を握った共産党の指導の下で経済活動が行われます。
中国や北朝鮮を思い起こせば、なんとなくイメージができるでしょう。

このことを共産主義では、「生産手段の社会化」といっています。

国家主導で経済活動が行われます。
経済活動の自由はなくなります。
それで貧富の差がなくなると考えているからです。


実際に日本共産党のウェブサイトを見ると、
このことが「綱領」に詳しく書かれています。
綱領には「生産手段の社会化」という言葉が5回も登場します。

この「生産手段の社会化」が完成すると、
日本は社会主義の国になるわけです。
これが共産党の第一の目標です。

もちろんこれは、憲法を改正しないとできません。
だから彼らが言う、「憲法守れ」はウソです。

そしてさらに、彼らはその次の段階として共産主義を目指します。

これは国家がなくなることを意味しています。
政府がなくなります。
警察もいません。
もちろん軍隊もありません。

それが理想だというのです。
それが共産主義です。

彼らはそれを「国民が主人公だ」なんて言ったりします。
彼らはそんな国を目指しているのです。

 
もちろん社会主義の国になれば、
結局は日本も中国や北朝鮮のようになってしまいます。

自由がなくなって民主主義が崩壊します。
そんなことを目指す政党は日本には要りません。

彼らは「憲法守れ」とか「民主主義を守れ」とかいったりしますが、
それは表面上の主張です。
本当の主張ではありません。

なぜそういえるかというと、日本共産党という党名を変えないからです。
これが私たちの結論です。

『ほぼ5分でわかる勝共理論〜ニュースが理解できる、社会が見えてくる』
日本共産党についてA
日本共産党は日本からなくなるべきである
ナビゲーター:中村学


あえてこの内容を取り上げたのは、
私たちもよく知るべきだと思うからです。

誰かの批判はすべきではないと思いますが、
私たちの身に危険があることに関しては、
声をあげなければなりません。

真の父母様が、勝共を立ち上げたのも、
まさしく人類を危機から守るためであったでしょう。


確かに中村部長の言われる通り、
「日本共産党」は発足以来、
政党名が変わっていません。

Wikipediaにもこう書かれています。
「日本政治において最も長く同じ党名を使い・・・」

日本共産党のホームページを見ると
「理想は共産主義社会」とありました。

「共産主義社会」とは、理想になり得るのでしょうか。


共産政権の国を見ても、「国民が主人公」どころか、
共産党の一党独裁により、
むしろ国民が苦しい立場にあるのが現状です。

表面上は、「平和憲法」「国民が主人公」と謳っていても、
化けの皮を剥がすと、恐ろしい思想を持っていることがわかります。

要するに、日本という国をターゲットにして、
国自体を乗っ取り、国民を奴隷以下にするためのものであり、
そのために、政党を隠れ蓑にしているにすぎないともいえるでしょう。

日本をなくすため、名ばかりの国にするのが
目的だというのです。

申し訳ありませんが、「共産主義」の社会は、
理想にはならないと断言します。

ですから、真の父母様が、
「共生共栄共義主義」を唱えられたのです。

「One Family under God」
神様を中心とした、一つの家族を目指して、
活動を展開していきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


2019年11月13日

エリコ城はなぜ陥落したか、南北朝鮮統一は可能か?! 「神の力」と「人間の力」 



191113-20191102.jpg


Blessed Lifeのコラム
「『人間の力』よりも『神の力』によって」
この記事に目が留まりました。
皆様にも紹介したいと思います。


「人間の力」よりも「神の力」によって平和はもたらされるといった場合、
それは、人間のつくり上げた現実的な力、
すなわち、経済力、政治力、軍事力などの、そのような力によって
真の平和がもたらされるものではないということであり、
「神の力」によってこそ、平和は可能になるということです。

その神の力を、神を認識する信仰的な人々の力が結集して発揮される
霊的な力と解釈するならば、
経済力でもなく、政治力でもなく、ましてや軍事力でもない
信仰的な力、あるいは神霊的な力であると考えることができます。


モーセの後継者ヨシュアが、エリコ城を陥落させる時、
イスラエルの民は1日1回エリコ城を回り、
それが6日間続いた後、7日目にはエリコ城の周りを7回周って
民が時の声を上げ、角笛を吹き鳴らすと、
城壁が崩れ落ちたという話が旧約聖書にあります。

このエリコ城を陥落させるヨシュアの戦いは、
神を信じる信仰的な力、神霊的な力を掲げてなされた戦いであり、
神の不可思議な力が働いた戦いでありました。

こうして見ると、「神の力」を引き出すのは
神を信じる人間たちを基盤にしていることが分かります。

神を絶対的に信じる人間集団が神には必要であり、
そのような人間集団がなければ、
「神の力」も現れることはないという結論に至ります。


神の存在を確信する「神の認識」は、どのようにして得られるのでしょうか。

神学者のジャン・ピエール・トレルは、
「神学の三要素は、信仰、啓示、理性である」とし、
これらの三つはそれぞれ重要であり、宗教的真理を知る上で
いずれも欠かせないものであるが、役割が違うと述べています。

宗教改革者のジャン・カルヴァンは、
「神の認識は理性ではなく信仰による」と言い、
また、他の神学者は、
「神学を証しすることができるのは、信仰を持った理性だけである」
と言っているように、究極的な神学的真理の認識は、
「信仰を持った理性」によって可能であるというのです。


そうすると、神学は信仰によって獲得した真理を
理性の力で確かめて体系化することであり、
理性によって信仰に行き着くように導くのが
神学であると考えることはできないということです。

あくまでも、「神の力」「神の認識」を見いだす方法は、
第一に、「信仰」、あるいは
理性を持ち出すときも「信仰を持った理性」というように、
信仰を先立てることが重要であると見なければなりません。


例えば、朝鮮半島の統一といったテーマを考える場合、
南北の経済力や政治力、軍事力などの分析から
統一の可能性をいくら議論しても、
それは「人間の力」を中心として統一を考えていることであり、
「神の力」によるものではないということです。

すると、「神の力」は何かと考えざるを得ませんが、
信仰の力の結集と見た場合、韓国のキリスト教、その他の宗教、
アメリカのキリスト教、日本の神道、仏教界、
こういった宗教勢力の総結集による
「祈りの力」「神霊の力」が効力を発し、
神の力が現れると考えるべきでしょう。

日韓米の教派を超えた宗教勢力の総結集が
南北統一を可能ならしめる
「不可思議な力」を顕現せしめるとしたら、
それは素晴らしいことであると言わざるを得ません。
コラム・週刊Blessed Life 92
「人間の力」よりも「神の力」によって
新海 一朗(コラムニスト)


「祈りの力」とありますが、
実際にアメリカの複数の大学での研究結果によれば、
病気になった人のために祈ったグループと祈らなかったグループ、
祈られた患者の方が回復が良かったといいます。

宗教の和合と統一、ということで、
家庭連合の大きな大会でも、
様々な宗教指導者たちが祈りを捧げたり、
水を入れる儀式を行ったりしていますね。

何か、一つのパフォーマンスのように捉えがちですが、
こういった内容も天から見れば、
どれだけ嬉しいことかわかりません。

教会長が先日お話しされていましたけれど、
お母様が「為政者は、朝祈らなければならない」
これは、心と体の統一のことをいっている。

やはり、すべての問題の解決は、
神様を中心に一つになることである。
本当にそうだと思います。

すべての人たちが真なる神様に
祈りを捧げる時が来れば、
様々な問題が解決されるだろうし、
南北の統一も、やはり、
「神の力」でなければならない、
ということなのだと思います。

(余談ですが、上記の写真、
ノエル・ジョーンズ司教をはじめ、
聖職者たちが役事をしているシーン。
なんとも微笑ましいですね。。。)







にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:06 | Comment(0) | 信仰生活・信仰講座・礼拝説教 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする