2019年11月24日

カンボジア首相も歓迎、共同開催のカンボジア・サミット 《真のお母様のみ言11.19》



191124-20191119.jpg


真のお母様は世界巡回路程を勝利的に歩まれておられます。
先日開催されたカンボジア大会も大勝利でした。
「アジア太平洋頂上会議」の前に急遽、
カンボジアのフン・セン首相が歓迎会談を提案しました。
そこにおいてのお母様のみ言です。


小さな国であれ大きな国であれ、一つになるためには、
失った父母を探さなければならないので、
この度のサミットは、失った創造主・神様が
私たちの父母であることを知らせるのが目的です。

多くの義人たちが各時代ごとに平和に対する論議を
してきましたが、宇宙の根本であられる父母を
知ることはできませんでした。

『善』を教える宗教も、やはり(第一)原因が
分からなかったために、分派ができました。
 
天は永遠であられ、始まりと終わりが同じです。
ご自身が立てられた創造原則において、
必ず勝利されます。

人類歴史6000年を経ながら、
今が摂理歴史の完成を見る時です。
私たち人間が『天』を
父母として侍ることのできる時が到来しました。

天を分からない無知な人間たちによって、
連続的に多くの被害を受けました。

今日の情勢を見ても、大きな国々が自国の利益を
優先にするため、一つになることができません。
天は待って下さいません。

私はカンボジアのフン・セン首相が賢明な決断を
下したことに、感謝しています。

アフリカなどの世界平和頂上連合の始まりとは
同じ環境であるとは言えませんが、この度の
UPFを通してアジア太平洋の頂上会議(の開催)は
天に侍る立場なので、未来は希望的です。
 
特に韓国は6.25動乱を通して
民主と共産に分かれました。
問題は天に侍ることのできない共産主義思想や
民主主義思想は、永遠ではあり得ません。

私たちは宇宙の主人であられる神様の創造物です。
どのようにして過って神様と共に生きられない環境と
なったのか、私は話しをしています。

天の摂理の真実、歴史の真実を話しているので、私と
一つになる道を行こうと首脳たちが立ち上がっています。
その道だけが人類の未来です。

同時に、私は愛らしい私たちの子女たちが住んでいる
地球が疲弊し、病んでいるので、本来神様が私たちの
ための環境をつくろうとしたそのみ意をなすために、
このことを私の使命として引き受けています。

このような希望的な聖業に同参する皆さんを歓迎します。



このみ言を受けて、カンボジアのフン・セン首相は、
次のような言葉を述べました。

「私はアジア太平洋ユニオンを支持しようと思います。
韓鶴子総裁がアジア太平洋ユニオンに対して語られ、私たちも同参したいです。
それで今回のサミットを通して支持しようと思います。
結果がとてもよいと思われる頂上会議を、いまから始めましょう」


このサミットには、54ヵ国のVIPが集まったそうです。
カンボジア政府の歴史上、民間機構と初めて共同主催する行事であるため、
多くの憂慮と内部からの反対があったようですが、
このフン・セン首相と真のお母様の歴史的な出会いによって、
すべての緊張と憂慮が一遍に解消された、と言います。

さらには、、、
フン・セン首相がこれほどまで外部のVIPに対する配慮と
格別な精誠を尽くしたことはなかったということでした。
まさに真のお母様の「真の母の愛」に包まれ、
それを素直に受け入れられた、ということなのではないでしょうか。

「天一国安着のための天宙的カナン40日路程」の勝利と、
真のお母様の聖壽無疆(ソンスムガン、ご健康と安全)を
心からお祈り申し上げます。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)




posted by ten1ko2 at 13:13 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする