2019年12月02日

真の母が愛したニジェールの青年たち、大統領! 《真のお母様のみ言》



191202-20191228.jpg


真のお母様は、世界巡回を継続しておられます。
お母様のご健康とご安寧を祈りつつ、
今回は、ニジェールで行われたアフリカサミット、
そこで語られたお母様のみ言を
要約して、紹介させていただきます。


真の平和を愛する、各国から来られた首脳、
指導者の皆様。特にこの大会を主催してくださった
ニジェールの大統領、そして首相、閣僚の皆様。

昨日、儀仗隊の栄誉礼を受けながら、私は
どうしてこのように素敵でハンサムで凛々しい
ニジェールの青年達がいるのだろうかと感嘆しました。
私は独り娘、真の母なので、
この青年たちを息子にしたい気持ちになりました。

76億人にもなる人類を天の父母様の子女として
探し立てることは、実際には簡単な問題ではありません。
私も80を目前にする歳です。
人間の地上生活には限界があります。
しかし私は独り娘、宇宙の母なので、私(の訪問)
を願う所であればどこにでも尋ねていきます。

人類は、天の父母様を中心とした人類一家族の夢が
実現されることによってのみ、
真の人類の平和が訪れるのです。
天の父母様に侍る子女たちは、
これ以上の葛藤と戦争はありえません。

きょう、多くの族長様たちが参加していると思います。
族長(の皆様)もまた、遡っていけば父母は一人です。

堕落した人類として天の父母様に侍ることのできなかった
位置で生活していたので、国境線が生じ、
一つになれない多くの壁が生じました。

(しかし)これからは時が変わりました。
独り娘、真の母から始まった人類の前に、新しい出発の
新しい歴史が誕生してから7年を迎えるようになります。
天一国7年です。

世界全ての民族が天の父母様に侍る天一国の民になれば、
今私たちが心配している全ての問題は全部解決されます。

特に私はイスラームの預言者ムハンマドの苦労を
知っています。それで私はイスラームの
最高の指導者の息子をたくさん持っています。

この運動こそ真正な天の父母様に侍る、
天の父母様の夢、人類の願いがかなう人類一家族の
その夢を実現するにあたり、このアフリカ大陸では
このニジェールの大統領が賢明な大統領です。

真の平和を愛し、民を愛する、このような偉大な
指導者がこのアフリカ大陸に
たくさん誕生する可能性があることを私は知っています。

世の中でも子女たちは父親に対しては少し距離を置く
かも知れませんが、母親に対しては一体です。
そうですか?

独り娘、宇宙の母と皆様の国々、皆様が一つになる道は、
天の父母様の永遠な祝福を受ける道であることを
肝に銘じるように願います。

このニジェールとアフリカ大陸の
永遠な発展を祝願します。
ありがとうございました。


(文責:ten1ko2)


191202-Niger.jpg
アフリカ地図(南アフリカ、タンザニアは南の端(下部))

191202-Niger2.jpg
セネガル、サントメ・プリンシペも


ニジェールは、アフリカ内陸国であり、
ナイジェリアの上にあります。
イスラム教徒が人口の約90%なのだそうです。
そのために、お母様が、
「イスラーム」「ムハンマド」と語られているのだと思います。

イスラム教は、イエス様をメシヤ、
神の子だと信じてはいません。
ですから、真の父母様を再臨主と言われても
よく、わからないのではないでしょうか。

今回、大統領は、お母様のことを
「平和の母」と呼びました。
お母様を通して、真の愛に触れたので、
お母様を受け入れていかれたのではないか、
そのように思います。

下に、全文を載せていますので、
関心のある方はどうぞ。

イスラム教は、アラブ圏に広まっています。
アラブ人の祖先は、イシマエルです。
彼とお母さんのハガルは、アブラハムに追い出されました。
それで、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教は、
複雑な関係になっています。

これまで、神様の祝福を受けることができなかった
イスラム教の人々は、
「神様の祝福」を心から受けたい!
そう思っているのではないだろうか。。。
先輩からお話を伺いましたが、
まさにそうだろうと思います。

今日もアフリカにおられる、
真のお母様を思いながら、
公私ともに、様々とありますけれど
だからこそ、私自身の一挙手一投足も
お母様にささげていく心情をもって、
投入していきたいと思うのです。




にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


真の平和を愛する、各国から来られた首脳、指導者の皆様。特にこの大会を主催してくださったニジェールの大統領、そして首相、閣僚の皆様。昨日、儀仗隊の栄誉礼を受けながら、私はどうしてこのように素敵でハンサムで凛々しいニジェールの青年達がいるのだろうかと感嘆しました。私は独り娘、真の母なので、ニジェールのこの青年たちを息子にしたい気持ちになりました。

私たちはきょうも平和を念願しています。しかし今日の世界はますます一層、戦争と分裂、混沌に陥っています。それは人間を中心とした努力や思想、そのような規制の中からは平和が訪れることができないということです。真の平和(が訪れてくるために)は宇宙の主人であられる創造主、その方の本質を私たちは知らなければなりません。

創造主はご自身のかたちに似せて天地万物を創造されたと言いました。そして最後に人間始祖になる男性と女性を創造されました。彼らには成長期間という期間を通しての責任をくださいました。しかし今日の世界を見る時、創造主が望まれる、そのような期待に達することができなかった、堕落した人類になったということです。創造主は全知全能であられます。始まりと終わりが同じです。永遠不変であられます。問題は人間に責任をくださったために、その堕落した人間の中から責任を果たしたという人間始祖の男性と女性が出てこなければなりません。それで天は救援摂理歴史をせざるを得ませんでした。

堕落した人類の中で、それでも天を慕う民族を選ばれて、個人から家庭、氏族、民族、国家が形成されるまで蕩減復帰救援摂理歴史を導いて来られました。そしてイスラエル民族を通して4000年を経て独り子イエス・キリストを送ってくださいました。しかし人類はその独り子の本質が分かりませんでした。独り子を産んだマリヤも分からなかったのです。結局、4000年間苦労して探し求めてきた独り子の前に独り娘が誕生できなかったために、イエス・キリストは十字架上に逝かれる状況の中で、「また来る」と言われたのです。それが2000年間のキリスト教の摂理です。

キリスト教は「また来る」と言われたイエス様を待ちながら、聖徒たち、使徒たちによって聖霊の役事で始まりました。313年にローマに公認されイタリア半島を出発して、ヨーロッパ大陸を経て島国の英国まで行くようになります。その時英国は「太陽の沈まない国」と言われました。そして世界へ聖書を持って出ていきました。しかし彼らもまたイエス様の本質が分からなかったのです。イエス様は「自分を愛するようにあなたの隣り人を愛せよ」と言われました。しかし彼らは宣教国で利己主義、自国の利益を優先して結局は奪って来る文明として終わるようになります。

そして人類歴史は、もう一度独り娘が誕生され得る民族を天は選ばれました。イスラエル民族には蕩減が残っているために、これ以上の天の摂理はありません。天はアジアの大韓半島を通した摂理を広げられ、キリスト教基盤の中から1943年に独り娘を誕生させました。その独り娘が誕生したことにより、新しい摂理歴史が進行されます。

太初に創造主は人間に対して成長期間をくださったと言いました。独り娘が1943年に生まれ、1945年に韓国は解放されました。解放とともに南北が分かれました。民主と共産に分かれました。しかし南韓の民主主義はまだその体制が整わない状態で、1950年に6・25動乱が起きました。その当時、韓国は世界にまだ知られていない国でした。どうして国連の16ヶ国が参戦して聖戦を繰り広げたのでしょうか。天は最後の摂理の完成を念願され、独り娘が成長できる時間をくださらなければなりませんでした。しかしその当時、キリスト教基盤の人々は天の摂理が分からなかったのです。そして6000年を経てまた来ると言われたメシヤの前に独り娘が誕生しましたが、キリスト教の基盤は眠っていました。しかし天の事情を知っている私はこれ以上待つことができずに、1960年に真の父母の位置に進み出ました。

真の父母です。それまで人類は父母を失った孤児のような状態で歴史が進行されて来ました。そのため、そのように平和を念願しますが、平和な時代は一度もありませんでした。6000年の歴史は戦争と葛藤で血生臭い歴史として綴られてきました。天が永遠性を持って創造された、勝利した人間始祖が現れるまでは、天もどうしようもありません。しかし(当時のキリスト教は)環境となれなかった状態でしたが、真の父母としては、堕落した人類を天の父母様の前に導くことができる方法は、真の父母の重生復活の祝福を通して生まれ変わったという位置に進まずしては、創造主・天の父母様の前に子女になれないのです。それで来年になれば(祝福が始まって)60周年を迎えるようになります。3家庭から出発した祝福の歴史は60年間で全世界190ヶ国余りに多くの祝福家庭を誕生させました。

76億人にもなる人類を天の父母様の子女として探し立てることは、実際には簡単な問題ではありません。私も80を目前にする歳です。人間の地上生活には限界があります。しかし私は独り娘、宇宙の母なので、私(が訪問すること)を願う所であればどこにでも尋ねていきます。

摂理の完成を見るべきこの終わりの日には、宗教の葛藤、すべての思想の葛藤、人種の問題、このようなものが一つに(なって)解決し得る方法は、人類の前に父母が登場する道しかありません。世界200を超える国(と地域)が、父母の前に兄弟の国として父母の伝統を受け継ぐことができれば、これがまさしく創造主・天の父母様が望まれ、人類が願った地上天国になるのです。そのようになるためには、創造主が人間始祖の男性と女性を創造されたように、この堕落した世界で夫婦の因縁を結んだ男性と女性が、真の父母によって重生復活する位置に進み出なければなりません。それが、天の父母様の子女になる道です。

人類は、天の父母様を中心とした人類一家族の夢が実現されることによってのみ、真の人類の平和が訪れるのです。天の父母様に侍る子女たちは、これ以上の葛藤と戦争はありえません。ここにきょう、多くの族長様たちが参加していると思います。その族長(の皆様)もまた、遡っていけば父母は一人です。堕落した人類として天の父母様に侍ることのできなかった位置で生活していたので、国境線が生じ、一つになれない多くの壁が生じました。(しかし)これからは時が変わりました。独り娘、真の母から始まった人類の前に、新しい出発の新しい歴史が誕生してから7年を迎えるようになります。天一国7年です。世界すべての民族が天の父母様に侍る天一国の民になれば、今私たちが心配しているすべての問題は全部解決されます。特に私はイスラームの預言者ムハンマドの苦労を知っています。それで私はイスラームの最高の指導者の息子をたくさん持っています。

この運動こそ真正な天の父母様に侍る、天の父母様の夢、人類の願いがかなう人類一家族のその夢を実現するにあたり、このアフリカ大陸ではこのニジェールの大統領が賢明な大統領です。真の平和を愛し、民を愛する、このような偉大な指導者がこのアフリカ大陸にたくさん誕生する可能性があることを私は知っています。

世の中でも子女たちは父親に対しては少し距離を置くかも知れませんが、母親に対しては一体です。そうですか?独り娘、宇宙の母と皆様の国々、皆様が一つになる道は、天の父母様の永遠な祝福を受ける道であることを肝に銘じるように願います。
このニジェールとアフリカ大陸の永遠な発展を祝願します。ありがとうございました。




※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:21 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする