2019年12月16日

独り娘、 真の母による女性解放の日?! 《アジア太平洋大統領夫人サミットのみ言》



191216.jpg


オセアニア圏パラオ大会でのお母様のみ言の一部(代読)と、
現地報告を紹介します。
上は一連の行事を報道した、現地の新聞の紙面です。


指導者の皆様! 先に申し上げましたように、すべての
文明は大韓民国を中心に太平洋文明として結実されます。
それは天の天命です。

したがって私たちは、過去キリスト教基盤に
根を置いていながら奪って征服する文明として転落した
『大西洋文明』のような『利己的文明』ではなく、
与えてまた与える天の父母様の真の愛の心情を
基盤とする孝情文化が根となる『利他的文明』である
太平洋文明圏をつくって安着させなければなりません。

したがって太平洋文明は、人類歴史の遺産である
大陸文明と海洋文明、東洋文明と西洋文明、
精神文明と物質文明の大和合・大統一を成し、
さらに一歩進んで『天の父母様のもとの人類一家族』の
理想を実現した共生・共栄・共義に土台を置いた
平和理想世界のモデルをつくらなければなりません。



このような理由で私は2017年韓国、日本、アメリカ、
タイなどの国境を往来し、数十万名が参加した12回の
希望前進大会を通して「ために生きる真の愛の
心情文化革命」である「太平洋文明圏」を宣布しました。

そして2018年、天の父母様に侍る『神大陸』、
「神世界」を開くために、セネガルから始まった
「アフリカサミット」の仕上げを
「アジア太平洋サミット」として締めくくりをした
理由も、そして 2019年大韓半島を中心に中国、
アメリカ、北朝鮮、日本など、太平洋文明圏をともに
安着するようにしなければならない列強たちの葛藤と
混乱を終結させて、北東アジア平和のために
「アジア太平洋ユニオン」の創立を提案・宣布したことも、
全てこのような理由からでした。



指導者の皆様!
古来から『海洋』は『女性』を、『母親』を象徴します。

したがって 『太平洋』を『大きな平和の母(太平母)』
として象徴するという時、
『太平洋文明圏』は 最後の摂理のひととき、
人類の独り娘、真の母を中心に歴史の中に隠蔽された
神様の女性格である『天のお母様』の位相を取り戻し、
奪って征服する文明ではなく、与えてまた与える
真の愛の心情文明圏、孝情文明圏として成して、
人類の縦的真の父母であられる
天の父母様を父母として侍り、
人類一家族の理想を実体化する文明圏です。



特に今回のアジア太平洋大統領夫人サミットは、
このような太平洋文明圏の安着のために
あまりにも重要な意味を持っています。

環太平洋の門のような立場であるこのパラオで、
太平洋文明圏の中心である女性指導者たち、
その中でも大統領夫人たちを中心に開催される今回のサミットは、
天の父母様を中心とする
太平洋文明圏安着の礎石になると確信します。



どうか今回のサミットが、
目前に迫る2020年の歴史的な年を前に、
天の父母様を中心とする太平洋文明圏が安着することに
寄与する、貴い大会となるように祈ります。


(「2019 アジア太平洋大統領夫人サミット」
真のお母様の特別メッセージより)


パラオ大会は「天上」 (霊界)を代表して孝進様(姸娥様)、
興進様(薫淑様)家庭を特使として派遣され、
ちなみにその後に行われた、ドミニカ共和国大会には
「地上」(肉界)を代表して善進様家庭を特使として送ってくださったとのことです。

このサミットについて事務総長はこのように報告しています。

 まさに歴史的な勝利の一日でした。
 参加者の報告によると、この日は、人類の独り娘、実体聖霊であられる
 真のお母様が作ってくださった女性の解放の日であったというのです。
 通常の頂上大会と違い、きょうだけは男性が女性のために大会を準備し、
 サポートした、完璧な女性の日であったということです。



340個の美しい島々で成り立っているパラオは、
太初の創造本然の美しさを秘めた所であり、
人口約2万名のうち5000人余りは、フィリピン人(民族)だそうです。

真の父母様が2005年度に、天宙平和連合創設のために初めて来られ、
2006年度には真のお母様が真の子女様とともに来られて
全国民を対象にみ言を伝えられた摂理の地でもあるとのこと。

特に今回のサミットを「大統領夫人サミット」というコンセプトとして決め
ここで開催した理由は、パラオが母系社会で構成されており、
家庭や社会などすべての伝統において「お母さん」が
その中心になっている場所だからであり、
同時にパラオ大統領夫妻が、1992年以降、
積極的に私たちの運動を支持してきたからだといいます。

太平洋文明圏の安着は、女性たちが先頭に立って展開しなければならないことから、
神統一世界の出発、オセアニアの母系社会であるパラオで、
今回のサミットと祝福式が開催されたことは、意味深いと思われます。

過去に真のお父様は「環太平洋時代の到来」を宣布され、
アジア太平洋の摂理を何度も強調してこられました。

真のお父様のみ言です。


14人が一つになってオセアニアを一つの国につくる
のです。そこにオーストラリアとニュージーランドまで
一つの国につくるのです。

そのようにしなければ、いつ食われて しまうか分かりません。
そうしてもやっと4000万にしかならないでしょう。
いつでも食われてしまうのです。

そうしておいて私が大洋州(オセアニア)圏に対して
助けてあげようと思うのです。
(中略)

だからオセアニアが一つの国にさえなれば、オセアニアが
一つになれば、韓国の統一も問題ないというのです。
その次にはアジアの37個の国々も
一つにつくることができるようになるのです。
アジアを一つにつくって、地上と霊界を解放することも、
何らの問題がないのです。分かりますか。

……アジアがそうであれば、これからアジアだけ
(そう)すれば、アフリカは問題なく、
アフリカがうまくいけば、南北アメリカは問題ないのです。


(マルスム選集487−254〜255)


真のお母様は、真のお父様のこの「環太平洋時代」を地理的概念ではなく、
文明圏の概念としてさらに拡張され、2017年、
韓国、日本、アメリカ、アジアなど12回の希望前進大会を開催され、
「太平洋文明圏時代」を宣布されました。

そして、2018年のセネガルに始まる世界摂理と、
特に今年は、韓日一体化の摂理を通して、「アジア太平洋ユニオン」を提唱され
さらに推し進めてこられています。

パラオは食口の基盤がほとんどないということですが、
お母様ご不在の中で、代身としてその場におられる妍雅様、薫淑様、
そして現地の責任者、食口たちの精誠で、
勝利の式典が開催されたのだと思います。

もちろん、その場にはおられなくとも、
お母様が精誠を捧げてくださり、祈ってくださり、
霊的に共にあってくださったにちがいないと思うのです。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:00 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする