2020年01月13日

勝共の久保木あり! 救世主を喜ばせる能力をもった人 《久保木会長・後編》



200112-kuboki.jpg


久保木会長の証し。
後編です。


  世界平和にささげた生涯

「共産主義は間違っている」
面と向かって共産主義を批判する人がいない中、
このスローガンのもと全国各地で勝共運動を指導し、
岸信介元総理をはじめ各界有識者から「勝共の指導者」として高い評価を受けた。


  朴正熙大統領との会談

「あの久保木という男には注意しておけ、
あれは将来とんでもないやつになる」
そう言ったのは、朴正熙(パク・チョンヒ)大統領だ。

1970年9月2日に行われた
朴大統領との会談は一時間以上に及んだ。
目的は、同年に開催されるワクル(WACL、世界反共連盟)
世界大会に韓国から代表団を招待することだった。

会談後、同席していた書記官が追いかけてきて、
「大統領は観相を見る天才なのです。
大臣も観相を見て決めています。
その大統領がこんなことを言っていましたよ」
と告げたのが、この言葉だった。


  勝共の久保木あり

200112-19700920.jpgワクル(WACL 世界反共連盟)世界大会
1970.9.20 日本武道館


ワクル世界大会は、1970年9月20日に
日本武道館において2万数千人が集う中開催された。

海外からは53カ国250人が参加し、共産勢力に対して
守勢の日本にあって「勝共の久保木あり」と称賛された。

1971年5月からは、ワクル大会に参加した各国の要人を訪ね、
21カ国を歴訪。蒋介石中華民国総統やローマ教皇パウロ6世、
マルコス・フィリピン大統領らと会見を行った。


  天啓のような衝動に駆られ

「自分自身が訴えねばならぬ」
そんな天啓のような衝動に駆られて行われたのが、
「救国の予言」講演会である。

1972年から73年にかけて全国124カ所で開催され、
参加した延べ17万人に、唯物思想や共産主義の脅威を訴えた。

また1984年には7大都市勝共国民大会を展開。
救国運動を常に前線に立って指導し続け、
日本のみならず、アジアの共産化を防いだ。


  真のお父様を喜ばせる

真のお父様に「救国の予言」講演会を行うことを報告した際、
講演の内容をお聞かせした。

お父様は喜び興奮され、その姿を見た幹部が
「久保木さん、あなたは
救世主を喜ばせる能力を持っている」と言った。


神からの啓示

「重要なことがあったら、
 いつも3時と4時の間に祈れ。
 そうすれば、神が直接啓示を与える」

そうお父様に言われた久保木会長は、
いつも重要な時になると啓示を受けた。

またお父様は会長を見て、

「坂本龍馬だね。
 坂本龍馬とは、100年先を見ぬけた男である。
 久保木はそういう男である」


と言われた。


  地上の使命を終えて霊界へ

「地上での使命は終わった。
早く霊界に行ってやることがある。
霊界に行かなければ」
脳梗塞で半身不随となった会長はそう言い、その夜中に聖和された。

久保木修己会長の昇華式(現・聖和式)は、
日本統一教会の基準におけるものではなく
「世界統一教会の昇華式」とするよう、

また
「式順の全てを聖なるままに、
そしてみこころにかなうように」行うように、
という真のお父様の願いにより、

1998年12月15日、
東京・渋谷の教会本部礼拝堂において世界昇華式として行われた。
 
そして真の父母様から久保木会長に、
「母奉士(モボンサ:母の国に侍る勇士)」の称号が贈られた。

(参考:『愛天 愛国 愛人』、中和新聞、ファミリー)
Blessed Life


久保木会長が聖和されて、
もう20年以上が経っているんですね。。。
(今回、私の母と会長の命日が同じだと
知りました。年は違いますが。)

お父様にいつも侍っておられた久保木会長。
とても船に弱くて、いつも船酔いをされていました。

お父様から、
「そんなに酔うのなら、陸に上がりなさい」
と言われた時、
「お父様。
私はいついかなる時でも、
お父様についてまいります」

そのように、返答されて、お父様を喜ばせた、
というのは、有名なエピソードです。

今霊界で、お父様のために、
常に侍っておられる
久保木会長の姿が、目に浮かびます。

霊界でのご活躍を祈りつつ、私たちも、
受け継いでいきたいと思うのです。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


久保木修己 会長(くぼき・おさみ、1931〜1998):
 世界基督教統一神霊協会(現・世界平和統一家庭連合)の初代会長。
 1964年から27年間にわたり、教会の発展と日本の救いのために献身的に歩みました。
 また世界日報社会長、国際ハイウェイ建設を推進する会会長、国際文化財団理事長、
 日韓トンネル研究会顧問を歴任。
 1996年には世界平和連合会長に就任し、生涯を世界平和にささげました。
 真の父母様より、「母奉士(モボンサ:母の国に侍る勇士)」の称号を贈られています。


  200110-kuboki.png


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)



posted by ten1ko2 at 08:01 | Comment(0) | 私と御父母様 ・信仰の証し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月12日

『韓鶴子総裁』と呼ばないでください! KCLC韓国牧師160名に、独生女宣言



200112-20191229.jpg


年末のアメリカ大会には、
KCLC(韓国聖職者指導者会議)の一員として
韓国のキリスト教聖職者約160人が参加しました。

大会翌日(12/29)、イーストガーデンに集った彼らに対して
お母様は、「私が独り娘です」と宣言されました。
お母様のみ言、要約です。



今日、真の父母を通して、新たな時代が
開かれつつあるのに、過去にしがみつき、
どうこうしていては、前進することができません。

ロトの婦人のようになりますか?これから生き残り、
前進して、歴史に残る皆さんとなりますか?

無知には完成がありません。
学んでください。

これから韓国は変わるでしょう。
天が放っておきません。
ですからまず悟りなさいという話です。

皆さん、私のことを『韓鶴子総裁』と
呼ばないでください。
独り娘、真の母です。
皆さんのお母さんだということです。

母親と一つになった息子は豊かになります。
天が共にあるからです。




この時の映像はないのですが、
「パンマル」(ぞんざいな言葉)で話されたそうです。
しかも、この場には、お母様より年が上の人もいました。
しかし、お母様は、本当に母の立場で話されたのです。

お母様は、今、この瞬間が、
「奇跡」だ、とおっしゃいました。

韓国のクリスチャン、しかも牧師たちの前で、
キリスト教の根幹にかかわることまで、
お母様は堂々と話されました。

この場では拍手もあった、ということですから、
おそらく多くの牧師たちは受け入れていったと思います。

今まで、統一教会を迫害してきた牧師たち。
「汝の敵を愛する」というキリスト教の精神があるわけですが、
「文鮮明はサタンだからいいんだ」
そのように開き直っていた牧師たちです。

(私たちは、一番の敵、怨讐は
サタンであるから、サタンも
愛するべきと思いますが、)

徳野会長は、
「熱心党の牧師もこの場にいました。
彼は『これから統一教会を反対する者は、
私が許さない!』と叫んでいた」
と言われていました。

また、
「自分は60年間の牧師生活をしてきたが、
今日の1日が60年以上の価値がある」
そのように話した牧師もいたそうです。

家族から反対されたり、
除名処分を受けている牧師もいるそうです。

本当にこの場が、「奇跡」以外の
何物でもないと思います。

韓国に戻って来られている牧師たちが、
どのような立場で活動しているのか、
詳しいことはわかりません。

しかし、明らかに霊的に変化したことは
間違いない事実でしょう。

2020年、お母様は、
「希望の時を迎えた」
そのように語られました。

お母様が堂々と宣布されているのです。
私たちもそのようにすべき時が来ています。






にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 08:50 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月11日

日韓間に新風! 訪韓の日本の青年たちに、真の母が与えた命題  《JTGYのみ言》



200111-20200103.jpg


年末年始にJTGY(日本トップガン・ユース)に参加した
1200名の1地区の青年・学生たち。

真のお母様は彼らを招き、
「皆さんに会って10年若返った気がします」と言われながら、
激励のみ言を語ってくださいました。


今日あなたたちに会うために、
特別にこんな風に綺麗にしてみたけど、どうかしら?
(拍手) ありがとう。

私はあなたたちがいてくれて、あなたたちが決心して
私とひとつとなり、天一国の安着を、国を越えて、
世界の環境圏をつくろうと決心してくれた、
その意思がとてもありがたいです。

創造主、天の父母様の堕落した人類を探しだす歩みは、
六千年というとても長い歳月でした。
もう摂理の完成を出発してから七年、天一国です。

天の前には、とても不足ですが、それでも
人類歴史において、摂理歴史において、
初めての天一国なのです。

今日の堕落した世界は、とても多く繁殖しました。
77億人です。
このような、かわいそうな77億人類のことを思うと、
今の私たちの数ではとても不足しています。

ですから私は数日前にアメリカで
WCLCを創設してきました。
その牧師たちには、ソドムとゴモラの話を伝えました。
アブラハムと神様の話です。

神様は、ソドムとゴモラを滅ぼすと言われました。
その時アブラハムは、義人が50人いれば
滅ぼさずにいてくださいますか?と尋ねました。
天は、滅ぼさないでおこうといわれました。

義人50人、義人40人、義人30人、義人20人、
義人10人さえいれば認めてあげましょうと
天は約束してくださいました。
しかし、そこに義人10人がいませんでした。

ただ、唯一、ロトの家庭だけがいたのです。
ロトの家庭に対して天は
「振り返らずに行きなさい!」と言われました。
ですから、ロトはそのみ言の通りに行きましたが、
ロトの妻は未練があり振り返ってしまったので
塩の柱になってしまったという聖書の内容です。

今日の世界を見てみると、善なる人たちの願いは、
どうすれば戦争と葛藤のない平和な世界になるのか、
多くの精誠を捧げ、祈祷もして、
平和を求めて努力をしています。
しかし、希望が見えません。

この韓国に最も近い日本においても、韓日関係は
気まずい。そうでしょう?(はい)
だから、あなたたちが、この気まずさをなくすために、
今回ここに来て、多くの努力をしたことは、
この国の為政者たちに影響を与えましたね。
お疲れ様。(拍手)

あなたたちこそが、この時代に天一国の安着のための
「偉大な孝情郎となり、独生女、真のお母様の息子、
娘です!」 あなたたちは「この時代の義人だ!
この時代の天の愛する孝子、孝女、忠臣です!」

そのような意味において、
今日の皆さんの人数ではいけません。
10倍にしなさい!

日本の1地区がそのような力を発揮して、
2地区・3地区・4地区・5地区まで、
あなたたちに似ていけば、日本の国家復帰は
できますか?できませんか?(できます!)
そのようにしますね?(はい!)

あなたたちを信じます。
愛しています。

JTGYでの御母様の御言葉2020年1月3日 大聖殿


今回、1地区のみで開催したこともあり、
お母様はとても喜ばれたそうです。

年末のアメリカ大会でも話されましたが、
ロトの妻の話を青年たちにも話されたお母様。

キリスト教の信仰に対してだけでなく、二世たちに話した、
ということは、私たちも同じように、
過去を振り返ることなく、未来に向かって進んでいってほしい、
そのようなお母様の願いがあることを感じます。

『10倍』というのは、決して簡単な数ではありませんが、
それだけ期待が大きい、ということでもありますね。
私たち一世もさらに頑張らないといけませんね。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 12:02 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする