2020年01月21日

「為に生きる」 宇宙で一番実践しているのは「太陽と空気」?! 《浅川先生》



200121.jpg


浅川先生の自叙伝講話、
「為に生きるのが宇宙の原理」。

真のお父様の自叙伝のみ言と共に、
「君はどうして国立大を卒業できたか」という
質問に始まる、松下幸之助さんのエピソードが
紹介されています。

 
人は誰でも幸福を求めて生きています。
ではどのように生きたら幸福になれるのでしょうか?

文鮮明(ムン ソンミョン)先生は、
少年の頃から人の幸せを真剣に考え悩みました。


「私は人々の流れる涙をぬぐい、心の底に
 積もった悲しみを吹き払う人になりたかったのです。
 ……人々に幸福をもたらす者になろうという
 心だけは固まっていきました」
(自叙伝58ページ)


文鮮明先生が悟られたのが、人は「宇宙の原理」に
従って生きれば幸福になれる、ということでした。

では、宇宙の原理とは何でしょうか?
とても単純な原理です。
お互いを認め合い、助け合って生きることなのです。

まず与え、そして、受けることです。
まず、愛して、それから愛されることです。

神様が創造された宇宙はその原理によって動いています。


忠実に実践しているのが、太陽と空気です。

地球創成以来、一貫して人間に与え続けています。
人間の生存には絶対不可欠なものです。
この二つがなければ人間は生存できません。

ところが、多くの人が感謝していません。
太陽と空気に、毎日「ありがとう」と
挨拶している人がいますか?

子供が友達からプレゼントをもらえば、
「ありがとう」と言います。
困窮したときお金を支援されれば誰でも
「ありがとうございます」と言います。

無償であればなおさらです。
太陽や空気は感謝されなくても、与え続けているのです。


文鮮明先生は

「空気とは何か。
 愛である」
   (『成和学生の道』54ページ)

と語られています。

空気がなければ人は瞬間的に死んでしまいます。
生活に絶対不可欠な空気を私たちはただで、頂いているのです。

光熱費などのように、今月の「空気吸い込み料金請求書」は来ないのです。
節約主義のお母さんが子供に
「今月は空気を吸いすぎよ。ときどき、息を止めなさいよ」
などと怒らないのです。

太陽はどうでしょう。
地球が誕生して以来、光と熱を与え続けています。
人間が戦争やテロを行っても与え続けています。
光や熱を悪用されても忍耐強く注いでいます。

しかも、ただです。
水道、ガス、電気には公共料金がかかります。
しかし、有り難いことに、太陽からは、請求書が来ません。

節約主義のお母さんが子供に
「今月は太陽に当たりすぎよ。
日射料金がいつもより高いじゃない。
家に閉じこもっていなさいよ」などと怒ったことはないのです。


太陽や空気は宇宙の原理を率先躬行(きゅうこう)しています。

「宇宙の原理」は、まず与えて「お互いを認め合い、
助け合って生きている」ことなのです。
この原理にそって生きれば幸福になれるのです。
まず、「ために生きる」ことなのです。

そして、もう一つ悟らなければならないことがあります。
人のおかげで生かされていることです。
誰かが私のために生きてくれたからこそ生活できるのです。
誰かが私を認め、助けてくれたから生かされているのです。


このことを悟って経営を行い、成功した実業家がいます。
経営の神様と言われた松下幸之助さんです。
こんな逸話があります。

ある時期まで、松下さんは直接人事面接をしました。
国立大学卒業後、松下電器に入社して何年にもなる社員を呼んで
面接したそうです。

「君は、どうして、国立大学を卒業できたと思うかね……」
と質問しました。

彼は得意そうに答えました。
「はい、私が一生懸命勉強したからです」。

松下社長はさらに尋ねます。
「それだけかい……もうないのかい」。

彼は、かなり考えてから答えました。
「あ、そうだ。父母が授業料を送り続けてくれたからです」。

彼は親の苦労を思い出したのです。
普通なら、これで面接は終わりですが、さすがは経営の神様です。
さらに、尋ねました。
「それだけかい。まだないかい……」。

彼は困惑しました。かなり考えましたが、
ついに答えを思いつきませんでした。
無言で悩んでいる彼に向かって、松下さんは、こう言いました。

「大学があったからじゃないか。
大学がなかったら君は受験できなかったじゃないか」。

彼は、恥ずかしくなって下を向いてしまいました。
当たり前のことに気づけなかったからです。
さらに社長は言いました。

「君の卒業した大学は国立大学だろ。
ということは、国民の税金で成り立っているわけじゃないか。

誰もが君のように大学に入れるわけじゃない。
同年配の青年たちは、高校を卒業してから働いているだろ。
その給料から税金を納めているんだ。
そのおかげで、君は勉強できたんだよ。

だから、君は、その恩を返すために、
社会の発展のために有益な商品を開発しなければいけないんだよ」。
そして、最後にこう言ったそうです。

「その道理が分かったなら、君を工場長に人事する。
その精神を忘れずに頑張ってくれたまえ」。


ところで、幸福は家族円満にあります。
古来、「家和して万事成る」とも言われます。
では、どうしたら、夫婦円満、親子円満になれるのでしょうか。

夫婦円満も「宇宙の原理」にそって成されるのです。
伴侶のために生きるという愛の原理を悟って、
まず、与え、尽くすとき円満になれるのです。

 
文鮮明先生は結婚の意義についてこう言われています。

 
「結婚は、私のためではなく相手のためにするものです。
 結婚するとき、立派な人やきれいな人ばかりを
 追い求めるのは間違った考えです」
  (自叙伝228ページ)


「結婚は、ただ婚期が来た男女が出会って
 一緒に暮らすことではありません。
 結婚は犠牲の上に成り立ちます。

 男性は女性のために生き、
 女性は男性のために生きなければなりません。

 私の利己心がすべて消えるときまで、
 絶えず相手のために生きなければなりません」
(自叙伝230ページ)


もし、夫が「俺の世話するために妻がいるのだ」と思い込み、
妻に要求ばかりすれば、妻は反発して夫婦関係に亀裂が生じます。
「宇宙の原理」に反するからです。

もし、妻が「夫は自分のために働くのだ」と思い込み、
夫に要求ばかりすれば、夫は猛反発するでしょう。
妻から雇われてるわけではないからです。

夫婦関係は社長と労働者の関係ではありません。
自分を利用していることが分かれば、誰でも反発するのです。

浅川 勇男・著
(光言社・刊『文鮮明先生の自叙伝に学ぶ〜心のあり方』より)
第三章 お互いを認め合い助け合って生きる
為に生きるのが宇宙の原理


ために生きる道理を教えた、
松下幸之助さんのエピソード。
そのような印象的な面接を受けた人の心には、
私たちはすべて誰かのおかげで生きている、
と、しっかり残ったことでしょう。

当たり前のように日々享受している光や空気。
自然のありがたさ、貴さを感じなければならないと思います。

自然環境を当たり前のように思っていたら、
自己中心的に使ってしまうのではないでしょうか。
その究極が、地球温暖化であり、自然破壊です。

今、一年で最も寒い時期なのに、
それほど寒さを感じない日がありますね。
寒くないのもうれしい気持ちもしますが、
今後のことを考えると、
ある面、恐ろしささえ感じます。

お母様は、
「地球は熱病にかかっている」
そのように語られています。
自然環境が泣き叫び、訴えている、
肌身で感じておられる方の、
み言である、と感じざるを得ません。

「為に生きる」
宇宙の原理原則に沿った、
そのような歩みを成していきたいと思います。





にほんブログ村
良い記事だと思った方は、
応援のクリックをお願いします!

(なお、記事冒頭の家庭連合のバナーも
ブログ村のバナーとなっています
どちらからでも応援して頂けます)


※ このブログは、
あくまでも個人の意志に基づいて、書いているものであり、
教会本部の意向とは直接関係がありません。
過去においても、今後においても
全ての責任は私自身に帰属するものであります。

さらに、当ブログの記事に対して
曲解や悪用ととれる引用、
無断転載はお断りいたします。
(善なる目的で使用することに関しては
その限りではありません)


posted by ten1ko2 at 07:40 | Comment(0) | 自叙伝書写(浅川先生) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする